HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

HANOVER L.B. SHEPPARD


古着屋を営む友人が、オークションでデッドストックの靴を手に入れた。

hano2 (578x640)
hano3 (640x478)

「HANOVER」の上級ライン「L.B. SHEPPARD」 のウイングチップ。

アメリカの古靴の中では、フローシャイム・インペリアルやネトルトン、ボストニアン・クラウンウインザーなどと並び称される。
しかし、HANOVERのブランド自体が1970年代に消滅しているので、個体数が圧倒的に少ない。
どんなに新しい個体でも、少なくとも40年ほどは経過しているわけで、それがデッドストックとして残っているというのも驚き。

友人は以前から「気になる、気に入っている」という話をしていた。
私も気になっていたが、この個体はマイサイズではない。
しかし気になるからまめにチェックしていたら、いつの間にかなくなっているではないか。
ん?まさか落札したのか?

確かめるために店に行くと、
「買いましたよ」「やっぱり」とお互いほぼ同時にコメント。
足元を見れば、しっかり履いているではないか。

hano6 (640x484) hano9 (640x328)

40年(少なくとも)も前の靴とは思えないくらい状態がよい。
外羽根のロングウイングチップで6アイレットは珍しい。
アッパーの革質の良さ、作りの確かさ、質実剛健な佇まいなど、存在感がすばらしい。
レザーソールは目が詰まっていて見るからに丈夫で、簡単には擦り減りそうにない。
質が非常に高く、今の靴ではお目にかかれないものだ。

同じウイングチップでも、フローシャイム・インペリアルやネトルトンとも全然雰囲気が違う。
「どこが違うの?」と言う者もいるが(私のすぐ近くにいる)、断固として違うのだ。

P1040174 (493x640) nettle.jpg
              hano5 (633x640)


最近の多忙と多忘で、靴にじっくりと付き合うことができなかったが、いいものを見させてもらった。

この友人、サイズが不安で、革質の違う同じサイズの L.B. SHEPPARD の中古を手に入れてサイズ確認をしている。
なかなか用意周到である。
中古を別に購入しても大丈夫なくらい、このデッドストックは格安だった。
正直、相場よりも信じられないくらい安い。
まさに掘り出し物。
この靴とこの靴を買った彼のせいで、こちらの購買意欲も沸々と高まってきたが、今はじっと我慢である。

しかし彼が言うには、自分がこの靴を買ったのは、私のせいなのだそうだ。
もともとニューバランス好き、レザーブーツ好きの彼。
休みのたびに店にやってきては、靴の話ばかりする(しかも買い物はあまりしない)中年男の影響を受けたのだそうだ。
ALDENを立て続けに買ったのも私のせい?

一方、最近、私が古着にはまってきているのは彼のせいである。
お互い様というところか。

ただ、DEEPな古靴の世界、革靴の世界に仲間ができたのは嬉しいところではある。

               hano10 (480x640)
スポンサーサイト

 靴について

2 Comments

なおけんた  

No title

店主さんハノーバーについては、また新たな情報を入手しました。お互い、家族の目を気にしなければならないところが辛いですよね。

2014/04/13 (Sun) 03:55 | EDIT | REPLY |   

店主  

No title

ヴィンテージシューズ病は完全になおけんたさんのせいです(笑)!
しかしながら、フローシャイム、ネトルトン、ハノーバーのウイングチップが三足並ぶと圧巻ですね!
次はネトルトンいきたいですねー!
嫁さんのご機嫌を伺いながら(笑)!

2014/04/13 (Sun) 00:10 | REPLY |   

Leave a comment