fc2ブログ

HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

靴磨き ダナッサとフローシャイムインペリアル

ゴールデンウィークは家族でどこにも行かなかった。
のんびり、4日間を家で過ごしている。
漫画を見たり、読書をしたり・・・・
しかし時間を持て余したので靴をじっくりと磨いたりした。

昨日、マスタングペーストをたっぷりぬりこんだデッキシューズ。
朝、確認したら、完全に脂分は染み込んでいた。
さっそく布で磨いて仕上げ。

磨き4 (609x640)

磨き9 (640x615) 磨き5 (640x480)

アッパーのカサカサもなくなり、復活した感じ。
この夏はまたお世話になります。
ちなみにこのデッキシューズ、ブランド名は「ダナッサ」。
ポルトガルメイドの比較的安価なデッキシューズだが、今も売ってるんだろうか?

昨日はこっちもしっかり磨いた。

IMG_1541 (544x640)

「Florsheim Imperial Kenmoor コードバン」(磨き作業終了後)
このところずっとブラッシングだけで済ませてきた。
今回はしっかりとケア。

固く絞った雑巾で表面を拭き、
かさつきがちな甲部分にのみ、バージンサプリメントワックスを塗り、
しばらく置いて甲を磨き、
最後は全体にコロニルディアマントを薄く塗って磨いた。

IMG_1542 (640x532) IMG_1555 (640x321)

ちなみにこの靴、製造年代としてはおそらく1977年11月だろうと思う。
             ※ ライニングの「KH」から判断。K=11月、H=7年
確かに古いが、年代以上にひどい状態であった。
それは、以前書き込んだように、ゴルフシューズとして酷使された過去を持つからだ。
オークションで手に入れてからさまざまな手を入れ(てもらい)、ここまで復活した。
だからなのか、非常に愛着がある。

愛着がありすぎると、手入れの頻度やクリームの量が増えがちになるが、我慢して抑えている。
このような年配の靴は、栄養を与えすぎるとかえってよくないと思うからだ。
適度に適度に、状態を見ながら優しく接していくのが大切だと思う。


スポンサーサイト



 靴の手入れ

14 Comments

なおけんた  

Re: No title

Shoesadict さん

リンクの許可ありがとうございます。

BONTAは大阪の工房ですが、リペア料金が一定の金額を超えたら送料がタダになります。片道タダとか往復タダとか。
その金額設定も比較的低いので、遠方からでも依頼しやすいですね。
腕も確かです。拘りも素晴らしいです。ただ、他の店よりも預かり期間が1,2週間長いところが玉にきずでしょうか。

ぜひお試しください。

2014/05/07 (Wed) 23:05 | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

電池さん

リンクの許可ありがとうございます。

電池さんは関西の方ですよね。
ぜひ、BONTAを試してみてください。
かなり忙しいようで、メールしてもなかなか返事が返ってきません。
時間も少しかかりますが、腕は確かで拘りもあり、出来上がりに妥協しません。
さらに良心価格。
私のインペリアルは、ダブルソール(+2000円)しかお願いしていないのに、ヒドゥンチャネル仕上げで11,500円しかしなかったんです。シングルだったら9500円ですよ。驚きです。お勧めです。

2014/05/07 (Wed) 22:59 | REPLY |   

Shoesadict  

No title

>なおけんたさん

返信が遅くなり申し訳ありません。
私もBONTAさんのブログを拝見しましたが、信頼出来そうな業者さんんですね。
普段はユニオンワークスさんですが、次回は試しに利用してみたいと思います。

>それから、ブログをリンクに貼ってしまったのですがよろしいでしょうか。

お断りする理由がありません。
今後も宜しくお願い致します。

2014/05/07 (Wed) 22:48 | REPLY |   

電池  

お返事ありがとうございます。

BONTAという靴修理は素晴らしいようですね、一度伺ってみようと思います。

確かに手入れは適量がいいですよね。私もブログでアップしているアランマカフィーはクラック(割れ)があります。クラックは悲しいですよね。

リンクは大丈夫ですよ。
お願いします。

今後も更新頑張ってください。
楽しみにしています。

2014/05/07 (Wed) 00:06 | EDIT | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

電池さん、こちらこそよろしくお願いします。

コツは特には…。
ただ、あまりやりすぎないことでしょうかね。
クリーム付けすぎない、手入れしすぎない、ほったらかしすぎない(これは説得力ないですが)、擦りすぎない・・・・というのを今は心がけています。もちろん、過去に多くの失敗をしているからですが…。
ちなみに、このコードバンのつま先の輝きは、プロ(BONTA)に一度お願いして(オールソールのついでにしてもらいました)綺麗にしてもらった状態を丁寧に維持しているだけです(笑)。ブローグ部分を輝かせるのはなかなか難しいですね。

電池さんのブログも拝見させてもらいました。
またコメントしたいと思います。
楽しみにしております。
それから、電池さんのブログをリンクに貼ってもよろしいですか?




> shoesadictさんのブログでお世話になりました電池です。
> よろしくお願いします。
>
> しかし、素晴らしい輝きのコードバンですね。よろしければ手入れのコツをご教示願いたいです
>
> 当方、少量ではありますがブログにて手持ちのアイテムをアップしています。お時間あればご覧になって頂けると幸いです。

2014/05/06 (Tue) 23:23 | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

Shoesadictさん

外鳩目いいですねえ。
いつかやってしまうかもしれません。
元が元ですから、なんでも思い切ってできそうです。

それから、ブログをリンクに貼ってしまったのですがよろしいでしょうか。
事後承諾になりますが。
ダメな場合は言ってください。


> 確かにFlorsheimらしからぬソール/ヒールに見えます。
> なおけんたさんの推測で間違いないかもしれません。
>
> それにしても、見れば見るほど良い靴ですね。
> コバを黒に染める前のルックスも素敵です。
> 外鳩目にして履いたら(靴好きの)目を引くかもしれませんね。
> いつか手持ちのNettletonでトライしてみます。

2014/05/06 (Tue) 23:09 | REPLY |   

電池  

shoesadictさんのブログでお世話になりました電池です。
よろしくお願いします。

しかし、素晴らしい輝きのコードバンですね。よろしければ手入れのコツをご教示願いたいです

当方、少量ではありますがブログにて手持ちのアイテムをアップしています。お時間あればご覧になって頂けると幸いです。

2014/05/06 (Tue) 22:51 | EDIT | REPLY |   

Shoesadict  

No title

確かにFlorsheimらしからぬソール/ヒールに見えます。
なおけんたさんの推測で間違いないかもしれません。

それにしても、見れば見るほど良い靴ですね。
コバを黒に染める前のルックスも素敵です。
外鳩目にして履いたら(靴好きの)目を引くかもしれませんね。
いつか手持ちのNettletonでトライしてみます。

2014/05/06 (Tue) 20:25 | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

Shoesadict さん

Shoesadict さんの説明やPro Stanceの画像を見て、自分の推測に確信を持ちました(笑)。
ところで、この靴については、オールソールをお願いしたリペア工房のブログに、リペアの様子が紹介されています。

http://bontajp.blog134.fc2.com/blog-entry-788.html

ゴルフソールがどのようなものであったか見ることができます。
スチールシャンクに革が当てられているのがわかります。
しっかり作りこまれているんだなあと我が靴ながら感心しました。

自分の靴の内部構造を見ることができるという珍しい機会でした。

2014/05/06 (Tue) 18:29 | REPLY |   

Shoesadict  

返信ありがとうございます。

Pro Stanceの文字は通常インソックのImperial Qualityロゴがあるべき部分に大きく書かれています。

http://ameblo.jp/shoesadict/entry-11729066083.html?

よくよく見返してみると、ラストがKenmoorと違うような気もしてきました。
別の個体も見てみたいものです。

ところで、コードバンのゴルフシューズの件に関しては正解かもしれませんね。
なおけんたさんの記事を拝読して以来、同様の仕様の出物を狙っていましたが、全く見かけませんでしたし。
それにしても、暴挙という表現には吹いてしまいました。
普通のシューメーカーなら考えませんもんね。

2014/05/06 (Tue) 17:38 | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

革好きさん

どうも「タッセル」そのものがダメみたいです。

このブログで先日紹介した「o.e.」(つま先パックリのやつです)は、完成した時、靴ひもの先っぽにタッセルがついていたのです。職人の江川さんのデザインだったと思うのですが、それさえも嫌で、私は普通の靴ひもに交換してしまいました。
メダリオンの靴にタッセルがついていたら、それがデッドストックの貴重な靴でもたぶん買わないでしょうね。
最近は結構タッセルスリッポンが人気のようですが、私の心は全く動いておりません(笑)。
まあ、個人的な好みの問題としか言いようがありませんね。

私、セミドレスに「フォルスタン」ならOKなんですよ。何なんですかね?この感覚。

2014/05/06 (Tue) 16:32 | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

Shoesadict さん

「Pro Stance」という文字がどこに書かれているのかわかりませんが、ライニングには見当たりません。
ライニングに見られるのは画像にある数字と「Florsheim Imperial」の小窓だけです。
この靴は相当酷使されていたのか、中敷きの「インペリアル・クオリティ」のロゴもほとんど消えています(痕跡は確認できます)ので、その他の文字は確認できません。

ただ、インソール側から見ると、インペリアル特有のソールに打ち込まれた5つの金属製の鋲(内側3本外側2本のやつです)の跡が見られます。
しかしアウトソールはラバーソールに金属ピンがねじ込まれていて、5本の鋲は見られません。
このことから推測ですが、この靴は、普通のFlorsheim Imperialをオールソールしてゴルフシューズに転用したものではないかと思うのです。
もしそうであれば、Shoesadictさんのゴルフシューズとの相違(Pro Stanceの表記なし、ストームウェルト)も説明はつきますし、コードバンをゴルフシューズに使用しているという暴挙も、メーカーではなく持ち主の仕業であると考えることができます。
私の推測が外れていなければ、この靴は、本来のあるべき姿に戻ったということになるでしょうか(笑)。

2014/05/06 (Tue) 16:19 | REPLY |   

革好き  

No title

磨きを終え、美しく仕上がりましたね♪

私も靴に触れているのが好きですので、とても共感できます(^^)

何だかまた靴が欲しくなってきちゃいましたよ(とは言ってもブーツ系ですが…)


なおけんた様がタッセルが苦手とか意外でしたね。
メダリオン系の靴とかお好きな様ですので、基本飾られた靴とかがお好きだと思っておりましたf^_^;

私は逆で、ホースハイド(ウエスコにはコードバンのブーツが存在しませんので…)のセミドレスに、どこかのお店で同じくホースハイドでキルティタンを作ってもらって、セミドレスに装着したいと考えているぐらいですよ(苦笑)


ワクワクしてきちゃいましたので、私もこれからウエスコ手入れしますね(笑)

2014/05/06 (Tue) 11:23 | EDIT | REPLY |   

Shoesadict  

Florsheimのコードバン、見事な靴ですね。
そして、あの、状態から蘇らせた愛情のある手入れには脱帽します。

ところで、そちらのImprialにはPro Stanceとの表記はありましたでしょうか?
私が所有していたFlorsheimのゴルフシューズはImperialと同格の作りでしたが、Pro Stanceという表記がなされていました。
(ゴルフシューズのライン名かと推測しています。)
また、完全なるアウトドア用にもかかわらず、フラットウェルト仕様なのも特徴的でした。

Florsheimは様々なバリエーションがあり興味が尽きませんね。

2014/05/06 (Tue) 10:57 | REPLY |   

Leave a comment