HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

ゴールデンウィーク

土曜日から続いた4連休。
どこにも行かなかったので暇暇。
靴をしっかりと手入れする時間は十分にあったが、それでも時間を持て余す。

しかたがないから、TSUTAYAでコミックを借りた。

ひとつは

jin.jpg  「JIN」

もうひとつは

terumae.jpg 「テルマエ・ロマエ」

かたやシリアスな歴史ドラマ(?)、かたやコメディ。
対極にあるものだが、この2つには共通点がある。
それは、タイムスリップと歴史への挑戦である。
しかし、片方は自分の時代になかなか戻れず、もう片方は頻繁に時代を行き来する。



しかし、「JIN」を今ごろ見るなんてずいぶんずれてる。
実は私、テレビのドラマも漫画も見たことなかった。
話題になっているのは知っていたけど全く見ていない。
流行に乗らない(乗れない?)性分なのか?

今ごろ読むことになった理由は・・・・
   暇だから。龍馬がでるから。幕末史が好きだから・・・そんなところだ。

こんな軽い気持ちで読んでみたが、面白い!
歴史は変えられるのか?
仁は、咲は、二人の愛はどうなるのか。
龍馬はこの後どうなるのか?
全20巻、2日で読破してしまった。
不覚にも涙を流す場面がいくつかあった。
久しぶりに満足感のある、読み応えのある漫画だった。
しっかりとした歴史小説を読んだ充実感が残った。
「いくぜよ!」「四海兄弟ぜよ!」「来たぜよ!」などなど、頭の中が「ぜよぜよ」言ってた。
ついには口に出たほど。

余韻に浸っていたら、なんと高校生の長男が読んでいた。
こいつも2日で読破。
「勉強せんといかんぜよ!」とは言わなかった。
なんとなく嬉しかったからだ。


「テルマエ・ロマエ」は最近映画が公開された(でも2作目なんだね)から読む気になった。
面白い!
久しぶりにゲラゲラ笑った。
笑いながらも日本の文化について考え、再認識させられた部分もある。
古代ローマ人から見た現代日本の風呂文化という視点が絶妙である。
新しいものに挑みながらも、歴史や伝統を大切にするという姿勢は個人的にも大好きだ。
ただ、ゲラゲラ笑えるのは半ば過ぎぐらいまでか。
女の子が出てきてラブストーリーになってくると面白さが激減してしまったが。

気が付いたら、また長男が読んでいた。
私と同じようにゲラゲラ笑っていた。

親子は似るのだなと思った。
間違いなく我々は同じDNAをもっているぜよ!
スポンサーサイト

 家族

3 Comments

革好き  

No title

あの時代…
幕府側と維新側が、それぞれの想いを胸に戦った。

殺し合いなど、尋常ではありませんが…
なんだかロマンがあります。

それがあの風情ある京都で行われていたなんて、本当に信じられない感じです…


残念ながら、薩摩藩の話自体あまり聞いた事がありません(汗)

西郷さん、板垣さん、自由民権ぐらいですかね…f^_^;

2014/05/08 (Thu) 21:29 | EDIT | REPLY |   

なおけんた  

No title

幕末を舞台にすると、読者の贔屓がいろいろと分かれるので、それだけ読者層も広がるんでしょうが、薩摩贔屓は当時も今も少ないようですね。

2014/05/08 (Thu) 21:16 | EDIT | REPLY |   

革好き  

No title

こんにちは。

2作とも名作じゃないですか。
仁はTVドラマの方を観ておりましたよ。

ムフフ♪(^m^)
でも私は新撰組派なのですよね~(笑)

ですが、長州の高杉晋作は好きでしたね(^^)

2014/05/08 (Thu) 10:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment