HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

初めてのフローシャイム・インペリアル

自分が初めて手に入れた「フローシャイム・インペリアル」。

P1020463 (598x800) P1020476 (800x779)

購入したのは、今や古靴界の第一人者「SUPER8SHOES」。
基本、ネット販売だが、東京の事務所に訪問して購入。

あいにくの雨の中、地図を頼りに無駄な道を歩きながら辿り着いた記憶がある。
このころの私はまだ古靴についての知識がなく、事務所に大量にストックしている靴を見て唖然としたものである。
代表の堀口さんは、そんな古靴初心者の私に非常に丁寧に接客してくれた。
古靴の多い他の店まで紹介してくれたほどである。
帰りは、道のわかる大通りまで雨の中送ってくれた。いい人だ。

いろいろ比べてみて、この靴にしたのだが、あの時、デッドストックの「FOOT-SO-PORT」のVチップを薦められたのを覚えている。
今思えば、なぜ購入しておかなかったのか悔やまれる。
知識が浅く、「FOOT-SO-PORT」を知らなかったからである。

ソールを見ると

P1020417 (800x329) P1020418 (800x592)

ヒールのVクリート(三角形の金具)が外側(コバ)にはめ込まれている。
これは古い個体だったのかもしれない。
 ※ 年代が新しくなると、このVクリートは少し内側にはめ込まれるそうだ
ただし、打ち込まれた釘が一列というのはあまり見たことがない。

ところが、知識の薄い当時の私は暴挙に出た。

P1020474 (776x800)

次の日には、都内のリペア店でゴムヒールに替えてしまったのだ。
理由は「滑るから」。
確かにまっとうな意見だし、歩行の際の心配もないのだが、今だったらこんなことはしないだろう。

つま先アップ1 (731x800)

革は厚みがあって弾力性があり、一見していい革であることが分かった。
堀口さんが言うには、一般的なフローシャイム・インペリアルではこの色はないそうである。
実際、私もこれ以降、ここまで深い色のインペリアルには出会ったことはない。

サイズは10C。
自分の足には少し長く、親指の付け根が若干あたっていた。
当時の私は靴のフィッティングにかなりシビアで、靴に対して高いフィッティングを求めていた。
その結果、履き心地が気になり、オークションで手放してしまった。

今は古靴のフィッティングについてはおおらかになっており(おおらかでないとマイサイズはなかなか見つからない)、シビアなのは新靴に対してだけである。

今思えば、いろいろとバカなことをしたなと思う。
やはり経験が浅いせいである。
しかし、この靴が、古靴のディープな世界にのめり込むきっかけとなった。
この靴をスタートとして、いろいろな失敗を繰り返し、古靴についての知識と経験を積み重ねることができた。


記念すべき1足である。



スポンサーサイト

 靴について

8 Comments

なおけんた  

Re: C10

musselwhiteさん

比較的タマ数が多いサイズですねえ。うらやましい。
私は9.5Dはきついので9.5Eなんです。
でも10Dは緩いんですよ。なんなんですかね、これ。


> こんにちは。
>
> C10なら履けそうです…D9.5で履けますから…
> 次回は是非お願いします(笑)

2014/05/12 (Mon) 20:26 | REPLY |   

musselwhite  

C10

こんにちは。

C10なら履けそうです…D9.5で履けますから…
次回は是非お願いします(笑)

2014/05/12 (Mon) 15:32 | EDIT | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

> 電池さん

20年とはいっても、本格靴砂漠地帯と言われても仕方がない地域に住んでおりますので、経験値が多いのかどうか…。砂漠の民が水を欲するように、靴に対する欲望だけが増幅されているだけのように感じます。都会に行ったときに靴を買いあさったり、ネットで買ったりといったところです。
だから靴好きの皆さんからの情報は私にとってはとても重要なんです。

> 古靴歴は3年ですか。
> 3年で古靴の市場での数の減少など感じましたか?

それはもう、FOOT-SO-PORTなんていいものはほとんどありませんね。3年前はまだ結構あったんですが。フローシャイムインペリアルなどもデッドストックの高騰には閉口します。次はハノーバー・LBシェパードあたりが枯渇・高騰してきているように感じますね。古靴ブームは良しとしながらも、いいものが手に入りにくくなってきているので、痛し痒しといったところでしょうか。

私なんぞは、まだ教えてもらう立場なんですが、これからもよろしくお願いします。

2014/05/11 (Sun) 22:58 | REPLY |   

電池  

お返事ありがとうございます。

私も失敗を繰り返し、家族、友人などに譲りました。古靴のサイズは現行物より気楽(半分諦めてます)に考えています。

質問に回答して頂きありがとうございます。

私からすると革靴界の大先輩です。
ブログから伝わる知識の数々は20年間で培われたものですね。

古靴歴は3年ですか。
3年で古靴の市場での数の減少など感じましたか?

ちなみに私は古靴歴半年ほどの新米です。今後もご教示お願いします。

2014/05/11 (Sun) 22:43 | EDIT | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

失敗を繰り返しているのが自分だけではないとわかってほっとしています(笑)。

質問への回答です。

>革靴を趣味にして何年ですか?

子供のころから革製品が好きでした。大学入学の際に初めてリーガルを履き、しばらくはリーガル一辺倒でしたが、本格的に革靴にのめり込んでいったのは、29歳ごろだったと思います。当時、福岡にロイドフットウェアがあり、そこでUチップを購入したのが本格靴への扉でした。もうすぐ50になりますので20年ぐらいですかね。

>古靴に興味を持ってどのくらいですか?

SUPER8SHOESでこのインペリアルを購入したのが2011年11月です(よく覚えているでしょう?)。その数か月前から興味を持ちだしたので、まだ3年弱というところですかね。
まだまだ若輩者です(歳はいってますが)。

2014/05/11 (Sun) 22:12 | REPLY |   

電池  

お久しぶりです。

珍しい色味だなと思っていました。
私のインペリアルより肉厚で良質な革質ということが写真からも伝わります。

ヒール交換、サイズなど難しいですよね。私はクラックにも悩まされました。また、革靴を集め始めた頃は大きめのサイズばかり買い高い授業料になりました。

質問です。
革靴を趣味にして何年ですか?
また、古靴に興味を持ってどのくらいですか?

2014/05/11 (Sun) 21:50 | EDIT | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

Shoesadictさん

確かに授業料ではあるんですが、今さらながら、あの時…という悔いも残ります。で、今同じものを手に入れようとすると、価格が高騰していたり、無かったりして困ります。ヴィンテージシューズブームも困りもんです。

2014/05/11 (Sun) 16:52 | REPLY |   

Shoesadict  

No title

こんにちは。
確かにあまり見ない色のKenmoorですね。
(L.B.Sheppardですとチラホラ見かけますが)
個人的には落ち着いた色味が好きなので、一般的な米国のロングウィングチップよりもこちらが好みです。
失敗と言えば、私も古靴にはまりはじめた頃は緩めのサイズばかり選んでしまっていて、ほとんど手放してしまいました。
時にはそうした授業料も必要ですよね。

2014/05/11 (Sun) 13:37 | REPLY |   

Leave a comment