fc2ブログ

HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

フローシャイム・インペリアル 状態は良かったが・・・

さて、次のフローシャイム・インペリアルは・・・・
普通の Kenmoor 

P1030549 (646x800)

ブログ用2 (800x619)

色は割と明るめの茶。
70年代後半の個体と思われるが、状態が非常に良い。
アッパーに大きな傷が見当たらない。

P1030571 (800x533) P1030570 (800x612)

中敷きの金ロゴもきれいに残っているし、ソールのヘリも少ない。
オークションで手に入れたときは、いい買い物をしたと思った。
が・・・・・・・

履いてみたら、「きつい」。
履けないことはないが、我慢を要するし、長い時間履けない。
サイズは9.5D。
以前、SUPER8SHOESでコードバンのKenmoorを試し履きした時、9.5Dがちょうどよかった。
だから自分のジャストサイズは9.5Dと思っていたのだ。
それなのにきつかった。
コードバンは足へのあたりが違うのか?

P1030556 (800x533)

また、革質があまり良くなかった。
好みの問題かもしれないが、なんとなく潤いがない。
弾力性にも欠ける。
磨いてもあまり変わらない。
甲のしわも美しくない。
柔らかさやしなやかさが足りない。

要するに、履いても気分がよくないし、見ていても良さが伝わってこないし、磨いても楽しくない。
綺麗だけど、味がないのだ。
味は育ててつけていくものだが、これからもいい味は出ない気がした。
初代kenmoorとは大違い。

だから手放した。
これは、手放しても悔いは残っていない。
自分なりに適切に判断したと思う。
そして一番の収穫は、自分のジャストサイズが「9.5E」だと分かったことである。

以後、私のKenmoor選びはサイズ9.5Eを基準とすることになった。





スポンサーサイト



 靴について

2 Comments

なおけんた  

Re: タイトルなし

コードバンの表面を擦る道具では、手のひらサイズの先がとんがった道具があるようですが、確か5000円以上したと思います。私は空き瓶で代用していますが…。コードバンのいいところは銀面がないので、滑らかな瓶で擦れば傷はつかないというところですね。カーフなどは銀面が痛むような気がして擦れません。

私のKenmoor、艶がなさすぎです。そういう革なんでしょうが、いい革ならシボ革でも輝きますよね。一番気になるのはしなやかさがないところですね。十分に分厚い革ですが、しなやかさがないために硬い感じがします。
Kenmoorは時代の違いと、工場の違い(複数の工場で作っていたようです)にも因るのかなと思います。

次はこれの対極にあるKenmoorを紹介する予定です。

2014/05/15 (Thu) 06:46 | REPLY |   

電池  

お久しぶりです。

先日、私のブログにてコードバンの手入れについて頂いたコメントを参考に実践したところ、以前より艶がでた様に感じます。ありがとうございました。しかし、コードバンの手入れは楽しすぎてこんな時間に…

今回はベーシックなkemoorですね。
確かに仰る通り、シワが少々気になりますね。表面だけにシワがあるような感じですね。同じkemoorでも時代によって大きく質が変わりますね。ちなみに私の茶のkemoorも弾力にかけ、サイドの革も薄く満足していません。

ちなみに、こちらの靴の艶感はどうですか?私のものは艶だけやたらあり人工的な不自然な感じです。

2014/05/15 (Thu) 01:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment