fc2ブログ

HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

CITTAからのメール

今回は、MY フローシャイム・インペリアル 特集は一休み。

「靴工房CITTA」から、昨日メールが届いた。

注文していた靴のデザインを送ってきたのだ。

デザインといっても絵ではない。

image (1)

1回目の注文で作った私の木型に、仮のアッパーを固定した画像である。
アッパーとしては使えない、トラが激しく入った革を無駄なく使っている。
こういう画像で、出来上がる靴のイメージを立体的に確認できるのはいい。

私の注文の内容は
① 外羽根のキャップトゥで穴飾りはキャップの切り返しの部分のみ。
② 古靴、しかもミリタリーのイメージ。
 ○ トゥキャップは小さく。
 ○ 6アイレット。
 ○ 外鳩目。

image (3)

image (2)

実際には先芯等が入るので、つま先はこれよりもひとまわり長くボリュームが出るとのこと。
バランスについては、かなり古い年代の野暮ったい雰囲気を狙うのであればこのまま。
少しだけ洗練された印象にするのであれば、羽根の前部分を5mmほど短くするのがいい、という提案をされた。
先芯によって、トゥにボリュームが出るのであれば、キャップを小さく見せる工夫が必要だろう。
羽根を短くすれば、甲の部分が長く、広くなる。
甲が長く広くなれば、キャップはより小さく見えるのではないか?
ということで、羽根を5mmだけ短くすることにした。

実際のアッパーの色は非常に濃い茶。暗いところであれば黒と間違うかもしれない。

完成は6月半ば過ぎ。
どんなものが出来上がるか楽しみである。
スポンサーサイト



 靴について

4 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/05/17 (Sat) 22:17 | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

電池さん

この工房は、底付けをステッチダウンで行うので、比較的価格が抑えられます。ただし、そこら辺のステッチダウンとは違い、手縫いです。アウトソールはかなり厚みのある革(約4mm)なので、これに穴をあけて縫っていくのはかなり大変だと思います。私はステッチを二重にしてもらうのでさらに手間がかかりますが…。

自分の要望を形にできるというのは、古靴とはまた違った楽しみがあります。
もちろんイメージとは違うものが出来上がるというリスクもありますけど。

2014/05/17 (Sat) 20:18 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/05/17 (Sat) 01:24 | REPLY |   

電池  

お久しぶりです。

オーダーはデザインも自由度がたかく、楽しそうです。私は一度も経験したことがありませんので、羨ましいです。

来月に完成ですね。私も楽しみにしています。

2014/05/17 (Sat) 01:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment