HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

NETTLETON ネトルトン CUSTOM GRADE

しばらく靴を買わない(それでも6月までだったんだが)と決めていたが、自分が意志の弱い人間だということが分かった。

今回手に入れたのは

真上3

(これでも)「NETTLETON」のデッドストック。
アメリカンなガンボートではなく、内羽根のパンチドキャップトゥ。

P1030820 (459x800)  P1030782 (800x714)

中敷きが職人のロゴマークなので、比較的新しい個体だと思う。
ソールを見ると・・・

P1030807 (800x298)

P1030809 (800x418)

P1030815 (682x800)

職人ロゴの個体は、ヒールの積み上げやトップリフトがすべてラバーであったり、革質がいまいちだったり、縫いが甘かったりと、個人的には質が落ちるものが多いと思っている(間違いかもしれないが)。

しかし、この個体のヒールは革を積み上げ、トップリフトはダブテイル。
珍しい。

そして、「CUSTOM GRADE」という刻印。
これも見たことがない。
当時の上級ラインなのか、文字通り受注生産なのかよくわからない。
ひょっとすると、フローシャイムにおけるインペリアルのように、品質の落ちてきたスタンダードに対して、昔のスタンダードレベルの靴を立派な名前で出すようになったのか?

いろいろと考えてしまうが、推測の域を出ない。
実際の靴を見て判断するしかない。

ソールの質は非常に良い。
土踏まず部分は繊細な曲線を持ち、丁寧に作られているのがわかる。
私のもう一つのネトルトンとなんら遜色のないものである。
IMG_1623 (800x588)


IMG_1609 (800x603)

革質も非常に良い。
色は濃いバーガンディ。今は一つも持っていない色である。
磨くだけで光る。
明らかに上質な革を使っている。

飾り穴は小さくとても繊細で、ステッチも細かい。
ガンボートとは対極の雰囲気なのである。
写真 3b (800x656)

中敷きを見なかったら、この靴がネトルトンであることはわからないだろう。
どちらかというと、現在復活している新生ネトルトンに近い気がする。
CUSTOM GRADE がどんなものかわからないが、上質な靴であることは明らかである。
もし、何か情報をもっている方がいたら教えてください。

P1030782 (800x714)





スポンサーサイト

 靴について

10 Comments

なおけんた  

Re: No title

musselwhiteさん

御心配おかけします(笑)。
かなり貴重な存在のようですので、たぶん、大丈夫だと思いますよ。



> 文面から 嬉しさ 楽しさ が伝わって来る様な気がします。
>
> 良い靴を手に入れましたね。
>
> 今度は手離さいでしょうね ?

2014/05/21 (Wed) 22:04 | REPLY |   

musselwhite  

No title

文面から 嬉しさ 楽しさ が伝わって来る様な気がします。

良い靴を手に入れましたね。

今度は手離さいでしょうね ?

2014/05/21 (Wed) 21:56 | EDIT | REPLY |   

Shoesadict  

No title

>なおけんたさん

楽しみにしていますね。
靴一足一足にストーリーがあり、連作短編集を読んでいるような心持ちになりました。
最後まで読まずにはいられません^^

>電池さん

私もなおけんたさんと同感です。
Traditionalsラインで羽根部分に十字のステッチの入っているものの革質はKenmoorやL.B.Sheppardの比ではないように思います。
(時折例外もありましたが)
特に磨き終えた直後の底光りは癖になります。

2014/05/20 (Tue) 22:42 | REPLY |   

電池  

返信ありがとうございます。

順番までありがとうございます。
やはり一般的にはネトルトンが上質で間違いないようですね。私もいつかは一足ほしいものです。

ハノーバーは古靴後期(70年以降)だけで各メーカーを比べると優れているかな、と思っています。

古靴の革質について比較もしてみたいですが、判断基準も難しく答えが出せませんね…

今後も更新楽しみにしています。
私一人では見ることすらできなかった希少な一足が解説されているのは非常に幸せです。

2014/05/20 (Tue) 22:41 | EDIT | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

電池さん

革質については、個人的な好みもあるかと思いますので…。

同じガンボート系(コードバンモデルは除く)で比べた場合、私が手にしてきたものの中では、ネトルトンが一番いいと思います。あくまで個人的な好みとしてですが、私の持っているネトルトンは弾力性があって、なんだか水分があるような(そんなわけないんですが)モチモチ感があり、重厚さがあります。
誤解を恐れずにおおざっぱに言えば、重厚さ、弾力性において、ネトルトン>フローシャイムインペリアル>LBシェパードという感じです。でもこれは私が経験した範囲の感想です。
実は、以前、USEDのネトルトンのプレーントゥをもっていましたが、これの革は、顔料で塗装してあるもので、履き皺のところを中心として、ところどころ色が「剥げて」いました。こういう革は、個人的にはいい革と思いません。色が剥げるなんて、表面塗装ですよ。
したがって、ネトルトンでも良くない革を使うことがあるし、ハノーバーでもすごい革を使う場合もあるでしょうから、一概にどれがいいとは言えないのかもしれませんね。

明確な答えにはなっていませんが、個人的な感想です。


> 良い靴ですね。
>
> 古靴を集めて行くと、外羽根に比べ内羽根が希少であり魅力を感じますね。非常に羨ましい一足です。
>
> 私はネトルトンは一足も所持しておりません。やはり革質は良いのですか?(フローシャイム、ハノーバー等と比べ)
>
> それにしてもかっこいい…

2014/05/20 (Tue) 22:33 | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

Shoesadict さん

二度も同時に投稿していただきありがとうございます。

ネトルトンを手に入れて嬉しかったものですから、Florsheim Imperial特集がなおざりになってしまいました。

残るはブラック・インペリアルですが、他のインペリアルに比べて割とドラマ性が希薄な気がしますので(笑)、画像中心で行きたいと思っています。




> ところで、Florsheim Imperial特集はお終いでしょうか。
> とても楽しみにしているので継続を希望します^^
> 皆さんも同様のお気持ちだと察します。

2014/05/20 (Tue) 22:19 | REPLY |   

電池  

良い靴ですね。

古靴を集めて行くと、外羽根に比べ内羽根が希少であり魅力を感じますね。非常に羨ましい一足です。

私はネトルトンは一足も所持しておりません。やはり革質は良いのですか?(フローシャイム、ハノーバー等と比べ)

それにしてもかっこいい…

2014/05/20 (Tue) 22:17 | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

Shoesadict さん

私にとっては「謎」が多い靴で、かつ美しいので(笑)楽しみな靴です。

ちなみにサイズは10Dです。
ガンボートが9.5Eですからサイズ感は同様というところです。
しかし、今のUS10Dの靴よりタイトです。
私の右足には甲が若干タイトですが鬱血するようなものではありません。
つま先は大きすぎず小さすぎず、ちょうどいいですね。

で、この「タイト」に挑戦しようとして、ちょっとやってみました。
それはまた次の機会に記事にしたいと思います。

> こんばんは。
> 美しい靴ですね。
> さらにNettletonでこのスタイル、アッパーの色、Custom Gradeの刻印、と珍しいことずくめでマニア心をくすぐる一足ですね。
> 私なら履き下ろせません(笑)
> ところで、ウィズはCあたりですか?

2014/05/20 (Tue) 22:13 | REPLY |   

Shoesadict  

No title

ところで、Florsheim Imperial特集はお終いでしょうか。
とても楽しみにしているので継続を希望します^^
皆さんも同様のお気持ちだと察します。

2014/05/20 (Tue) 22:07 | REPLY |   

Shoesadict  

No title

こんばんは。
美しい靴ですね。
さらにNettletonでこのスタイル、アッパーの色、Custom Gradeの刻印、と珍しいことずくめでマニア心をくすぐる一足ですね。
私なら履き下ろせません(笑)
ところで、ウィズはCあたりですか?

2014/05/20 (Tue) 21:48 | REPLY |   

Leave a comment