HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

2つのフローシャイム・インペリアル


現在、自分の手元にあるフローシャイム・インペリアルは2つ

P1030901 (640x449)

グレインカーフとコードバン(例の元ゴルフシューズ)。

P1030905 (456x640) P1030907 (640x394)
P1030910 (640x582)

この2つを比べてみるといくつか違いがあることに気付いた。
もちろん、アッパーの革が違うし、コードバンの方はオールソール、グレインカーフの方はトップリフトの交換をしているので違うのは当然なのだが、基本は同じのはず。
ところが他にも異なる点がある。

この画像
                                     
P1030909 (640x448) P1030908 (640x364) 
P1030914 (358x640)

左はコードバン  右はグレインカーフ
どちらも年代を表すアルファベットが「H」=7
同じ年代の製造か?

だが異なる点は、

① 記号番号・・・・・・ コードバン:型押し  カーフ:白のペインティング
② ライニングの革・・・・・・・ 明らかにコードバンモデルのほうが上質で肉厚。
                  カーフモデルのライニングはペラペラ。
③ モデル番号・・・・・・・・  コードバン:93605   カーフ:93602
④ 中敷きのロゴ・・・・・・・ コードバン:ほとんど見えないが、型押し   カーフ:ペインティング。

③については、下一桁5はコードバンモデルである(たぶん)から特に問題ではない。
①・②・④については、大きな違いである。
これは、
  コードバンモデルとカーフモデルの違いによるものなのか?
  実は年代の違い(10年違うのか?)によるものなのか?
  それとも工場の違いによるものなのか?

よくわからない。
どちらも本来のトップリフトがついていなかったので年代の判定が難しい。
羽根のラインは何となく曲線っぽいし…

この違いについてどなたか解答を教えてくれませんか?
個体が2つしかないのでなかなか事実がつかめないもんで・・・。











スポンサーサイト

 靴について

14 Comments

なおけんた  

Re: No title

Miさん

貴重な情報ありがとうございました。
疑問が晴れました。
おまけに汚かった元ゴルフシューズが60年代製であることもわかりました。
これから、年代判別の材料になります。


> インペリアルKenmoorのライニングの印字についてですが、
> 白ペイントは70年代製に一般的に見られるものだと思います。
> これに対して、刻印のものは60年代製に一般的に見られます。
>
> 手持ちのものでどの辺りが境目になるのか改めて確認してみましたが、
>
> 黒ロングウィング HA おそらく70年製 刻印
> コードバンプレーン HC おそらく72年製 印刷
>
> でした。
>
> ライニングの色分けについてと、80年代製インペリアルについては
> 余り検証していないのでなんとも言えませんが、
> この2足は67年製と77年製と考えて良いような気がします。

2014/06/08 (Sun) 21:18 | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

Shoesadict さん


> それにしてもたくさん持っていらっしゃる…
>
> 936が茶で926が黒かと思います。
> 過去のADや変わった個体を見つける度に記録していました。
> さすがにリストアップしている全てを持っているわけではありません^^
> 欲しいのですが我慢です(笑)


そういう資料が、いろいろな推測や検証の際に大いに役に立つんですねえ。

2014/06/08 (Sun) 21:17 | REPLY |   

Mi  

No title

こんばんは。

インペリアルKenmoorのライニングの印字についてですが、
白ペイントは70年代製に一般的に見られるものだと思います。
これに対して、刻印のものは60年代製に一般的に見られます。

手持ちのものでどの辺りが境目になるのか改めて確認してみましたが、

黒ロングウィング HA おそらく70年製 刻印
コードバンプレーン HC おそらく72年製 印刷

でした。

ライニングの色分けについてと、80年代製インペリアルについては
余り検証していないのでなんとも言えませんが、
この2足は67年製と77年製と考えて良いような気がします。

2014/06/08 (Sun) 20:19 | EDIT | REPLY |   

Shoesadict  

No title

なおけんたさん


>936シリーズがケンムールということになるんですかね。

それにしてもたくさん持っていらっしゃる…

936が茶で926が黒かと思います。
過去のADや変わった個体を見つける度に記録していました。
さすがにリストアップしている全てを持っているわけではありません^^
欲しいのですが我慢です(笑)

2014/06/08 (Sun) 19:53 | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

tatsuさん


> 仮に仕様変更ではなく同時期に別の工場ではこんなにも差のあるものが作られていたかも知れないとはアメリカ恐るべし・・・。


 ライニングだけでなく、アッパーの革質も工場によって違う可能性もあるのではないでしょうか。同時期のもので全然質に差がある個体を見ましたので。

日本人は、工場生産のものは均質が当たり前と思いがちですが、世界の目から見たらそれは少数派の考えかもしれませんね。

2014/06/08 (Sun) 17:38 | REPLY |   

なおけんた  

No title

なおきさん

なるほど、この画像のコードバンプレーントゥ、ライニングの色は違いますが質感は同じですね。

私、記号番号の型押しはコードバンモデルのみ(60年代以前の靴には当てはまりませんが)と思っていたところでしたが、このコードバンは白印字ですね。

やはり工場の違いかもしれませんね。

2014/06/08 (Sun) 17:31 | EDIT | REPLY |   

なおけんた  

No title

Shoesadictさん

やっぱり93602はカーフのロングウィング
93605はコードバンのロングウィングなんですね。
過去に持っていたカーフのプレーントゥの写真を見ると、93603でした。
936シリーズがケンムールということになるんですかね。

それにしてもたくさん持っていらっしゃる…

2014/06/08 (Sun) 17:26 | EDIT | REPLY |   

なおけんた  

No title

電池さん

私のカーフモデル、アッパーに対するライニングの貧相さのギャップがすごいなと思います。

どうも白印字は年代ではないような気がしてなりません。

2014/06/08 (Sun) 17:22 | EDIT | REPLY |   

なおけんた  

No title

tatsuさん

左の方のインソール、私のと同じですね。アッパーの革の質感も同じ感じです。
ライニングの違いは工場の違いなのかなあ…

ちなみに私の好みは左の方ですかねえ。

2014/06/08 (Sun) 17:18 | EDIT | REPLY |   

tatsu  

No title

改めてみると羽根はいずれも直線的・・・かも。
片方は新しいから最初はそう見えただけみたいですね。

そういえば確かにさおきさんの貼られたページのように金文字で黒革のライニングもよく目にはしますね。計3色ということでしょうか。

仮に仕様変更ではなく同時期に別の工場ではこんなにも差のあるものが作られていたかも知れないとはアメリカ恐るべし・・・。
自分の持っているものが仮に1才違い(片方はなおけんたさんのものと同年生産?)で、その間に仕様変更があったとか考えても自分的にはぐっと来るものがありますが・・・。

また、どこかでチラッと見た赤みがかった茶のほうが外れにくいって言うのは確かかもしれないとも思いました。これは個体差もしくは工場による差かもしれませんね。
自分のも少し色が抜けていい感じになればと思っています。

2014/06/08 (Sun) 14:19 | REPLY |   

なおき  

No title

こんにちは。
ライニングの質感の差、確かに興味深いところです。
自分が所有しているインペリアルはどれも肌色というか、色の薄めの革で、ライニングの質感に不満を抱いたことはありません。
色の濃いライニングは、お二方の靴を見た感じ、色の薄いライニングより質感が劣るように見えますね。
これに近い感じもします。
http://t-8intl.com/dress/dress1157.html
これの解説のように、今回のこのライニングの質感の差もファクトリーの違いなのかな?とか思ったりしましたが、よく分かりませんね。
tatsuさんの二足はヒールの釘の感じからしてどちらも同年代、一年違いくらいのものに見えますが。

2014/06/08 (Sun) 10:30 | EDIT | REPLY |   

Shoesadict  

No title

>なおけんたさん

今回の記事を拝見して手控えでKenmoorの型番号をまとめたものがあったのを思い出しました。
今回あらためて検証はしていないので、正しいかどうかはわかりませんが、参考までに転機しておきますね。

≪レギュラー(Varsity?)≫
20686 Black Windsor calf, Long wing blucher
30736 Bookbinder Windsor calf (Brown), Long wing blucher

≪Imperial Quality≫
92611 Black Cashmere Calf
92604 Black Cashmere Calf, Long wing blucher

93602 Brown Hand-Stained Cashmere calf, Long wing blucher
93603 Brown Hand-Stained Cashmere calf, Plain toe
93605 Brown Cordovan, Long wing blucher
93606 Brown Cordovan, Plain toe
93630 Brown Windsor calf, Long wing blucher
93631 Golden Harvest Cashmere calf,Long wing blucher
93633 濃茶(緑茶?) Cashmere calf , Long wing blucher

今度、この一覧表をもとに写真付きの一覧を作成してみようと思います。

2014/06/07 (Sat) 23:02 | REPLY |   

電池  

お久しぶりです。

この手の記事は非常に興味深いです。私の所持している茶kenmoorも なおけんたさん の茶kenmoorと同じライニング、白印字でした。確かにライニングはペラペラですよね。アッパーはすごく艶があるように感じます。個人的にはインペリアル後期と考えています。

コードバンのモデルはゴルフシューズのソールになる前のアウトソールが分かれば年代判別できそうですが…

古靴の歴史は難しいですよね。

2014/06/07 (Sat) 22:59 | EDIT | REPLY |   

tatsu(恥ずかしくなったのでaから改めます)  

No title

なおけんたさん


やっぱり気になりますよね!
拙いですが画像を添付させていただきます。自分が左側が新しく手に入れたものです。

http://gazo.shitao.info/r/i/20140607220538_000.jpg
http://gazo.shitao.info/r/i/20140607220732_000.jpg
http://gazo.shitao.info/r/i/20140607220801_000.jpg

アッパーの色も、インソールもこんなに違うのにモデルは同じ
http://gazo.shitao.info/r/i/20140607220840_000.jpg
http://gazo.shitao.info/r/i/20140607220911_000.jpg

やはり年代の差ですかね?
アッパーの色はもしかしたら個体差かも知れませんが、うーん・・・

きれいな状態のものを手に入れたのにいまひとつ気に入らないのが悲しいです。

2014/06/07 (Sat) 22:16 | REPLY |   

Leave a comment