HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

Florsheim 50s プレーントゥ

セカイモンで手に入れた靴が届いた。
先日紹介した「60s Florsheim Royal Imperial Stratford」や「Nettleton Traditionals Dark Brown」よりもずっと先に落札したのに、届いたのはもっとも遅かった。

上から2 (640x559)

上から3 (640x389)
 
Florsheim だが、インペリアルではない。

小窓UP (640x479) 中敷き (519x640)

だが、以前、オークションの画像を紹介した際、多くの古靴好きの皆さんから「50sではないか」とお墨付きをもらった。
インソールを見ると、
UNION MADE マークが見える。

ユニオンメイド (640x550) ユニオンメイドUP (451x640)

「U」と「M」が大きいタイプ。
europeanblend さんの研究によると、58年以前の個体。

ところで、中敷きとの境目にある「42」の数字はなんだろう?
「H」と①の意味も分からない。

ソール (640x253)

トップリフト (640x517) P1040018 (640x480)

レザーソールで、ヒールもレザー、2列の釘。
土踏まず近くには5本の鋲が打ってある。
何だか、Kenmoorの原型のような靴である。

ライニングの記号番号を見ると、

サイズ表記 (640x421)

europeanblend さんは
【1956年頃を境に品番が一新されているように思います。56年以前は「S〇〇〇」「S〇〇〇〇」で表されますが、
57年以降は2××××、3×××× などの数字五桁表記になるようです。つまり、「S品番」は56年以前の可能性が高いと思われます。】
とおっしゃっている。
この靴は「4S」。これも「S品番」なのだろうか。
ならば56年以前の個体。

見ていて飽きない。
想像力をかきたてる。
詳細は次の機会に譲るが、細かいところを見るとさらに興味深いところがある。

ちなみに今回掲載した画像は、送ってきた箱から出してすぐに撮ったもので、手入れは全くしていない。
汚れやシミはあるが、革はかなり上質。

そして嬉しいことに、この靴は履けるのだ。
右足の甲が若干タイトだが大丈夫。
先日の 「Stratford」の二の舞にはならなかった。

めでたしめでたし。

上から (527x640)










スポンサーサイト

 靴について

6 Comments

なおけんた  

Re: No title

europeanblendさん

> きゃー(≧∇≦*) 素晴らしい!
> この色合い、白ステッチ、見るからに上質の革。
> 完璧ですね!
> そして履けて良かった。おめでとうございます。

ありがとうございます。
本当にうれしいです。


> このプレーントゥの表記ですが、これまた新しいイレギュラーパターンです。
> 正直こうなるともうワケワカメ((。_。).。o? 
> 分かるのはおそらく55年以前であること、このような厚底はlate40s〜early50sによく見られること、くらいでしょうか。
私はこの表記パターン、Intercoのファクトリーのものではないかと疑っています。これを前提にして大胆予想すれば、Intercoは1953年にFlorsheimを買収していますから、その直後あたり、ということになります。
> 仮定を前提にしてるワケですから、話半分、いや話1割くらいで聞いて下さい。 
> > それにしても惚れ惚れしますね(^_^)

イレギュラーパターンですか!
せっかく大きな柱・基準ができかかっているところにこんなものを提示してしまって申し訳ありません(笑)
フローシャイムは一筋縄ではいきませんね。
しかし,50s前半以前というのは確定ですね。

とにかく存在感がすごくて,誰が見ても,手が込んでいて革が素晴らしいのがわかります。
この時代のレギュラーラインのすごさがわかりました。
今後なかなか手に入らないでしょうね。
運がよかったです。

2014/06/26 (Thu) 14:45 | REPLY |   

europeanblend  

No title

きゃー(≧∇≦*) 素晴らしい!
この色合い、白ステッチ、見るからに上質の革。
完璧ですね!

そして履けて良かった。おめでとうございます。

これ厚底なので、The Vikingシリーズかな…

で、いつごろものか、ということですが、

普通は素直にS〇〇〇〇と2列目「左側」に品番が記載されているものなのですが、いくつかイレギュラーなパターンが存在しています。
(これも残る課題のひとつなのです。)
このプレーントゥの表記ですが、これまた新しいイレギュラーパターンです。
正直こうなるともうワケワカメ((。_。).。o? 
分かるのはおそらく55年以前であること、このような厚底はlate40s〜early50sによく見られること、くらいでしょうか。

あと、shoesadictさんのご指摘の通り、60s以降にも“3S-3396 ”などの似た表記のものが存在します。このパターンはWorthmoreにもよく見られるものです。

私はこの表記パターン、Intercoのファクトリーのものではないかと疑っています。これを前提にして大胆予想すれば、Intercoは1953年にFlorsheimを買収していますから、その直後あたり、ということになります。
仮定を前提にしてるワケですから、話半分、いや話1割くらいで聞いて下さい。 

それにしても惚れ惚れしますね(^_^)

2014/06/26 (Thu) 12:12 | EDIT | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

電池さん

> やっと到着ですね。自分のことのように待ち遠しく思っておりました。The 50'sと言ったところでしょうか。ヒールの仕様などもたまりませんね。革質はしなやかでしょうか?写真からはモチっとしたシワ感が伺えますが…?

ありがとうございます。靴を褒めていただくと自分が褒められているようで嬉しいです(笑)。
革質については,先日の「Stratford」とは別次元のいい革です。
ご覧のとおりスムースレザーです。
柔らかさ,しなやかさというよりは,張りがあって剛性があるという感じでしょうか。
だからといって硬いわけではないんです。
皺の入り方もきれいですね。
何よりも,磨けば光る。
すごいですね。びっくりしました。
これも報告します。

2014/06/26 (Thu) 09:56 | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

Shoesadictさん


> ところで、型番の件ですが、60年代もしくは70年代製のペアで3S-3396、3F-2397Xという品番のペアを目にしたことがあります。
> こちらも興味深い個体ですね。
>
> ツリー込みであの値段は反則すぎます(><)


型番についてはeuropeanblendさんのコメントを聞きたいところです。

セカイモンにはずいぶん待たされましたが,待った甲斐がありました。
関税は見事にヒットしましたし,セカイモンの送料なども含めて9000円ほど高くなりましたが,それでも満足です。
シューツリーもなかなか味があってかっこいいです。
シューツリーも今度載せたいと思います。

2014/06/26 (Thu) 09:18 | REPLY |   

電池  

お久しぶりです。

やっと到着ですね。自分のことのように待ち遠しく思っておりました。The 50'sと言ったところでしょうか。ヒールの仕様などもたまりませんね。革質はしなやかでしょうか?写真からはモチっとしたシワ感が伺えますが…?


このサイズで探せることが本当に羨ましいです。続報期待しています。

2014/06/25 (Wed) 23:45 | EDIT | REPLY |   

Shoesadict  

No title

素晴らしいペアですね。
写真だけでも質の良さが伝わってきます。
そして、きちんと履けるということをお聞きして一安心しました^^

ところで、型番の件ですが、60年代もしくは70年代製のペアで3S-3396、3F-2397Xという品番のペアを目にしたことがあります。
こちらも興味深い個体ですね。

ツリー込みであの値段は反則すぎます(><)

2014/06/25 (Wed) 23:30 | REPLY |   

Leave a comment