HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

Florsheim 50s プレーントゥ ソールの手入れのはずが・・・

先日手に入れた Florsheim 50s 。
年代物だけにソールがあまりにも汚い。
踵にはなんか変なのが付着しているし…・
アッパーの状態がいいのでなおさらギャップが激しい。

ソール (640x253)

そこで、ソールをきれいにすることにした。

【手順1】

メラミンスポンジ

いわゆる「メラミンスポンジ」でソールを擦る。
スポンジとはいっても研磨材なので、やりすぎるといけない。
湿らせて硬く絞り、軽くソールを擦った。
出し縫い糸が擦れるのは怖いので、ソールのエッジは擦らない。
まるで垢すり作業みたいになった。

ソール磨き直後 (470x640)

下が擦った方。釘が異常にきれいになった。
まだ湿っているので、一晩乾かす。

【手順2】サフィール・レノマットリムーバーでソール全体を拭き、汚れや古いクリームを落とす。

1日たってリムーバー (640x248)

エッジ部分などの汚れも落ちて、かなりきれいになった。
レノマットリムーバーは溶剤の臭いがすごいので外で作業。玄関先でゴシゴシ擦っている様は奇妙である。

【手順3】保革&防水処理。

コロニルのソールトニックも持っているが、今回はこれを使うことにした。
ナノクリーム (640x479) ナノクリーム塗布 (496x640)

コロニルの「ナノ・クリーム」
アウトドアシューズ用の保革・防水クリーム。
保革20%・防水80%なのでソールが柔らかくなる心配も少ない。

ナノクリーム塗布後1 (481x640) - コピー

塗布後。かなりきれいになりました。
最初の状態と比べれば天と地ほども差がある、というのは言いすぎか?

ついでに、かさついて毛羽立っていたコバも磨いた。

コバ磨き前 (420x640) コバ磨き中 (599x640)

綺麗になりすぎてもヴィンテージの雰囲気がなくなるので、紙やすりはかけずに茶の靴クリームを塗って磨くのみ。
毛羽立っているところは、爪を立てて押し付けるように磨いた。

コバ磨き後 (409x640) いい感じになった。

ついでにアッパー全体を磨きなおした。

再手入れ後 (640x577)

ソールだけのつもりが、結局、大掃除になってしまった。
しかし、靴はン十年分の垢が取れてさっぱりしたことだろう。











スポンサーサイト

 靴について

2 Comments

なおけんた  

Re: No title

tomojin329さん

> とても楽しそうです
> 良い靴を手に入れると、時間を忘れてケアしちゃいますよね(^-^;
> 私だったら頬ずりしたくなっちゃいそうです(笑)

手入れをしてきれいになると、結果が目の前にあるので大きな達成感がありますよね。
それでどんどんやっちゃうんですよね。
自分も気持ちよくなります。

2014/06/29 (Sun) 06:57 | REPLY |   

tomojin329  

No title

とても楽しそうです🎶
良い靴を手に入れると、時間を忘れてケアしちゃいますよね(^-^;
私だったら頬ずりしたくなっちゃいそうです(笑)

2014/06/28 (Sat) 22:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment