HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

トップリフト

BARRATTSを履いていて感じたこと

初履き3

〇 レザーソールがつるつるで超すべりやすい。
〇 ゴム製トップリフトのグリップ力がすごい。
この2つの相反する性質のギャップが面白い。

バラッツ

この「BENCHMARK」というトップリフトは非常に滑りにくい。
これが古靴にありがちなレザーソール釘打ちだと、気を抜くと転びそうになる。
トップリフトにもいろいろあるが、自分の靴にどんなトップリフトがあるか、いくつか挙げてみた。

【 レザー製 】

ランカスター ネトルトンtrd

左: ≪ Lancaster ≫   右:  ≪ Nettleton Traditionals ≫

トップリフト (556x640) ネトルトンCG

左:  ≪Florsheim 50s≫   右:  ≪Nettleton Custom Grade≫

フローシャイム str

≪Florsheim Stratford≫

最初の3つは負けず劣らず滑りやすい代表。
新しい分、LancasterがNo.1
その他のものは、一部ラバーがついているので、この部分で着地すれば滑らない。
しかし、Stratfordはゴムが硬化しており、結構滑りやすく、クッション性がなく硬い。

【 ラバー製 】

CITTA1.jpg CW.jpg

左: ≪ CITTA 1 ≫     右:≪ CROWN WINDSOR ≫

CITTA2 FSP.jpg

左: ≪ CITTA 2 ≫     右:≪ Foot-So-Port ≫

フローシャイム ナンブッシュ

左: ≪ Florsheim ≫   右: ≪ NUNN BUSH ≫

ラギッド 山幸

左: ≪ 三交ラギッドシューズ ≫   右: ≪ 山幸登山靴 ≫

ラバーソールはバリエーションがいろいろあって面白い。
素材メーカーや靴のブランド名が入るものもある。
「何がそんなにおかしいのか?」と言ってしまいそうなものもある。
この中で最もグリップ力があるのは、やはりラギッドシューズのトップリフト。
しかし、BARRATTSのBENCHMARKもこれと双璧である。

はっきり言って、耐久性もグリップ力もクッション性もラバーの方がレザーよりも優れている。
大量生産だから部品のコストも安い。
私は、その優れた性能を高く評価している。

でも、レザー製のトップリフトはなくならない(さすがに釘打ちは流行らないが)。
それは革の持つ独特の雰囲気に魅せられている人が多いからだ。
私もその一人。
レザーのトップリフトには、磨き、釘打ちという仕上げの工程が入ってくるので、作る側としては面倒臭いかもしれないが、だからこそ腕の見せ所でもある。
私は、手間のかかっている靴に魅力を感じるのである。
また、歩いた時のレザーの音が好きだ。

機能性をとるか、雰囲気をとるか、個人の自由である。
私は、二者択一を迫られたら、後者を選ぶ傾向が強いのかもしれない。
そのわりにはラバーヒールが多いけれども・・・・・・。







スポンサーサイト

 靴について

7 Comments

marumono  

No title

朝にほぼ同じ時間に書き込みしていましたね^^
気づかずすみませんでした。

いえ、今回は斜めに削れた部分にそのまま補修材を流し込んでオリジナル部分と補修材の境目をきれいに仕上げることで「なんちゃって」ができないかな~と考えております。

2014/08/21 (Thu) 01:15 | EDIT | REPLY |   

marumono  

No title

おはようございます。

そうです。市販のバナナ型です。不恰好ですが質実剛健に ^^
コロンブス製のやつよりもダイソーの100円のやつの方がやわらかくてお気に入りです。

「なんちゃって」実験に着手したらアップしようと思います。

2014/08/20 (Wed) 08:16 | EDIT | REPLY |   

なおけんた  

No title

marumono さん

以前、どこかのリペア店のブログで、レザー釘打ちトップリフトの擦れた部分だけを三日月状に切り取って、そこにゴムを埋め込んだのを見たことがありますが、ひょっとするとそれですか?

2014/08/20 (Wed) 08:14 | EDIT | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

marumono さん


> さながらトップリフトの展覧会ですね。
> オールレザーリフトは本当に滑りますね。でもなるべく交換したくない、しかしすぐ擦れていく・・・
> 僕もいつもどうしようかと思っています。
> Lancasterに似ている英国靴は減るのが本当に早いのであわててゴムを自分で打ちました。

  打ち付けたのは市販のバナナ型のやつですか?


> 今度実験してみようと思っていることを・・・
> 先日、かなりくたびれたFlorsheimのVersityを入手しました。オリジナルの釘打ちレザーヒールで結構減っていますので、愛用のシューズドクターNでなんちゃって三日月コンビリフトにしてみようと思っております。

 「なんちゃって」というのに興味がわきました。
 後日、詳細をご自身のブログに載せてください。お願いします。

2014/08/20 (Wed) 05:53 | REPLY |   

marumono  

No title

こんばんは

さながらトップリフトの展覧会ですね。

オールレザーリフトは本当に滑りますね。でもなるべく交換したくない、しかしすぐ擦れていく・・・
僕もいつもどうしようかと思っています。
Lancasterに似ている英国靴は減るのが本当に早いのであわててゴムを自分で打ちました。

今度実験してみようと思っていることを・・・
先日、かなりくたびれたFlorsheimのVersityを入手しました。オリジナルの釘打ちレザーヒールで結構減っていますので、愛用のシューズドクターNでなんちゃって三日月コンビリフトにしてみようと思っております。

2014/08/20 (Wed) 00:43 | EDIT | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

電池さん

> 私も同様にレザーヒールが好きですね。もっと言えば紹介されているフローシャイム50sやネトルトントラディショナルなどのオールレザーヒールです。雰囲気は本当にいいですね。しかし、これらは希少で交換が効かないため実際気兼ねなく履けるのはラバーだったりしますよね。機能面も含めて安心ですしね。

そうですね、好きなレザーヒールが擦れて交換の時期がやってきたら、私はいったいどうするのだろうか、と考えたことがあります。
結論は、ゴム付きレザーヒールにしますね。
個人的には、これがラバーヒールとレザーヒールの妥協点かなと思います。

2014/08/19 (Tue) 22:28 | REPLY |   

電池  

お久しぶりです。

私も同様にレザーヒールが好きですね。もっと言えば紹介されているフローシャイム50sやネトルトントラディショナルなどのオールレザーヒールです。雰囲気は本当にいいですね。しかし、これらは希少で交換が効かないため実際気兼ねなく履けるのはラバーだったりしますよね。機能面も含めて安心ですしね。

2014/08/19 (Tue) 22:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment