HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

BOYD'S 手入れ

先日届いた BOYD'S の手入れをした。

今回も、洗い(LEXOLE使用)→保湿(グリセリン)→仕上げ の手順。

 はい完成。Before ⇒ After

mae1 (488x640) ato1.jpg

mae2 (640x530) ato2.jpg

mae4 (640x275) ato4.jpg

mae3 (640x460) ato3.jpg

確かにきれいにはなったが、劇的には変わらない。
革は結構硬く、しなやかさはない。保湿後もそれほど変わらなかった。
分厚い革だが、60sのFlorsheim Imperial に比べると質的には劣る。
洗った徒に気付いたが、トゥ部分はかなりクリームが厚塗りされていたようで、まだ結構残っていた。
そこで、クリーナーを使って布で何度も擦ると、布に黒い色のクリームが付くわ付くわ…。
そして本来の革が出てきたが、傷や擦れが多かった。
クリームの厚塗りで隠されていたのだ。
古い個体のようだから仕方がない。

そういうことを考えれば、手入れの結果はまずまずといったところだ。


自分の足には非常によく合っているので、普段履きとして利用しようと思った。

IMG_3987 (605x640) IMG_3981 (640x480)

ライニングはオールレザーで高級感があるし、中敷きのロゴもかっこいい。

IMG_3974 (640x351)

ソールの厚さは存在感抜群。

履いてみると、意外にもソールは見た目ほど硬くない。
ラバー製のミッドソールのおかげか?

が!

驚くほど重い!
自分が今まで履いてきた靴の中で一番重い。
間違いなく最重量。
まるで戦車のようだ。
同じような英国製戦車のトリッカーズよりも重い。
長く履いていると足がもたない。

40s~50sに流行ったと言われる厚底だが、当時の人はいったいどういう目的でこれを作り、これを履いたのだろうか?
だが、現代でも厚底のスニーカーが流行ったし(あれも何を意図しているのか、どこがいいのかわからない)、単にファッションだったのかもしれない。
もちろん、BOYD'Sの見た目はまだ私の許容範囲である。
確実に言えることは、存在感のある靴で、体も鍛えることができるということだ(笑)。
おもしろいのでこれからも履いていこう。

IMG_3970 (640x334)
スポンサーサイト

 靴について

2 Comments

なおけんた  

Re: タイトルなし

電池さん

>
> 今回は最初からある程度綺麗だったので劇的変化はありませんでしたね。しかし、50sとは思えないコンディションです。>
> そしてこの靴、やはり重たいんですね笑
> 丈夫そうですし普段使いにぴったりですね。私も最近普段使い用のペアを探しています。やはりスペクテイターや古い靴は使いにくいですからね^ ^

年代的には、厚底からその辺かな~という程度なんですが、確証はつかめないままですね。
どこが作っていたのかも、確証がつかめないままです。
似た意匠の靴を見つけたんですが、それも怪しくて・・・。
そういうところはモヤモヤしてます。

グリセリン保湿をした時に、水分がなかなか染み込んでいきませんでした。
耐水性の強い革なのかも。すると、雨の日に履いても大丈夫かもしれません。
重いけど頑丈そうなのでガシガシ履いていきます。

2014/10/24 (Fri) 06:26 | REPLY |   

電池  

お久しぶりです。

今回は最初からある程度綺麗だったので劇的変化はありませんでしたね。しかし、50sとは思えないコンディションです。

そしてこの靴、やはり重たいんですね笑
丈夫そうですし普段使いにぴったりですね。私も最近普段使い用のペアを探しています。やはりスペクテイターや古い靴は使いにくいですからね^ ^

2014/10/24 (Fri) 00:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment