HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

BOYD'Sのインソール

何度も登場、BOYD'S

IMG_3970 (640x334)

分厚い革&分厚いソールによる抜群の存在感と、見た目に反する意外なソールの反りの良さでなかなか面白い靴である。
Bostonian製ではないかという意見があるが、決定的証拠はない。
手がかりを見つけようと舐めるように見ていたところ、こんな特徴を発見。

IMG_4021 (578x640)   インソール(中底)のエッジ(縁)に注目。

IMG_4029 (560x640) IMG_4024 (623x640)

通常、グッドイヤーウエルト製法の靴の場合、インソールのエッジは切りっぱなしで角ばっている。
しかし、この靴は丸みを帯びていて、裏側に折り込まれているような感じ。
確かめるべく、中敷きをめくってみた。

IMG_4030 (640x640) IMG_4034 (640x640)

IMG_4033 (640x640)

中敷きをめくると、レザーが途中で切れていて、コルク層が見える。
インソールはオールレザーではなかった。
革がインソールを巻き込むように覆っているのである。
インソール本体の素材がコルクだけなのか、インソール本体にコルクが貼ってあるのかはわからない。
これが履き心地重視のための仕様なのか、コスト削減のための仕様なのかもわからない。
一般的には、コルクはリブとアウトソールの間の隙間を埋めるためにアウトソール側に仕込むものだが・・・。
切りっぱなしのインソールよりは手間がかかっているようにも思える。

特徴的なインソールではないだろうか。
このあたりから、製造メーカーがわからないだろうか?

ちなみに、私はつい最近、地元の古着屋で、「Wright」のスリッポンで同じ仕様のインソールを見た。
だからと言って「Wright」とは言えない。
Wrightのインソールには、リブを糸で止めるためのステッチが見られるものが多いからだ。
また、このBOYD'SはWrightが作る靴とはあまりにもイメージがかけ離れている。

でもこんな靴も見つけた。
http://www.t-8intl.com/dress/dress1385.html
靴の両サイドの切り返しが私の靴と同じ。
だからと言って「Wright」とは言えないけれど・・・。

いまだに正体がはっきりしない靴だ。
スポンサーサイト

 靴について

10 Comments

なおけんた  

Re: タイトルなし

べじたんさん

> ウレタンあたりを挟んでいたのでしょうが、硬化して焼き麩みたいになると、粉々になりますからね。致し方ないかと。

インソールにたくさんの皺がよっていたんですが、クッションがなくなったことによるのかもしれませんね。
この靴のサイズはUS9.5Dで私にはちょうどいいです。私、このサイズでジャストというのは今までなかったのですが、クッションがなくなった分、中がルーミーになったのかもしれません。

2014/10/26 (Sun) 09:43 | REPLY |   

べじたん  

http://tradingpost.jp/aoyama/19404/

ウレタンあたりを挟んでいたのでしょうが、硬化して焼き麩みたいになると、粉々になりますからね。致し方ないかと。

2014/10/26 (Sun) 09:30 | REPLY |   

なおけんた  

No title

べじたんさん、はじめまして。

べじたんさんのブログは何度も拝見しておりますので、私はあまり初めましてという感覚がありません。べじたんさんの広く深い見識にはいつも感銘を受けております。

クッションインソールはメーカー特定の材料にならないんですねえ。古靴で初めて出会ったものですから「これは!」と思ったんですけどね。しかし、長年の使用のせいか、クッションは全くなく、ペッタンコです。普通のインソールと変わりありません(笑)。
Vintage Shoes Addictさんがボストニアンと断定されているところを見ると、やはりボストニアン製なのでしょうね。でもこの人、初期のフローシャイムロイヤルインペリアルを50sと間違っているのをみると、結構大雑把な部分もあるのかなとも思います(笑)。

40s~50sにかけて、様々なメーカーが厚底を出しているんですね。貴重な資料を教えていただき、ありがとうございます。
europeanblendさんからもこの時代に流行ったという情報をいただいていたのですが、それが具体的に確認できました。
ということは、この靴もこの時代のものと考えてよろしいでしょうね。


2014/10/26 (Sun) 07:05 | EDIT | REPLY |   

べじたん  

No title

つづき

1948 Jarman
http://news.google.com/newspapers?nid=266&dat=19481119&id=oOorAAAAIBAJ&sjid=XmcFAAAAIBAJ&pg=4334,4046705

1952 Tanners
http://livedoor.blogimg.jp/veg_tan/imgs/e/1/e1d51e8f.jpg

1956 John White
http://news.google.com/newspapers?nid=1946&dat=19560215&id=PTErAAAAIBAJ&sjid=RJkFAAAAIBAJ&pg=2705,2835313

2014/10/26 (Sun) 01:47 | REPLY |   

べじたん  

No title

他社のトリプルソール。

1947 Dexter
http://news.google.com/newspapers?nid=1946&dat=19470909&id=oS0rAAAAIBAJ&sjid=1ZgFAAAAIBAJ&pg=6351,1590559

1948 Roblee
http://books.google.co.jp/books?id=LEEEAAAAMBAJ&pg=PA134#v=onepage&q&f=false

1948 Florsheim
http://news.google.com/newspapers?nid=1144&dat=19481107&id=MHgbAAAAIBAJ&sjid=ME0EAAAAIBAJ&pg=5766,2934821

2014/10/26 (Sun) 01:46 | REPLY |   

べじたん  

No title

べじたん  

No title

はじめまして。クッションインソールは、Weyenbergなど色んな所が作っていましたので、製法から特定するのは難しいと思います。


Bostonianで、6穴ですが、似ているものがありました。

・1948,1949 Triple-Threat
http://web.mit.edu/voodoo/www/archive/pdfs/1949-April.pdfhttp://livedoor.blogimg.jp/veg_tan/imgs/2/d/2d461efb.png

http://www.vintage-adventures.com/vintage-clothing-shoe-accessory-ads/4186-1948-bostonians-shoes-ad-triple-threat.htmlhttp://www.vintage-adventures.com/5746-large/1948-bostonians-shoes-ad-triple-threat.jpg

2014/10/26 (Sun) 01:44 | REPLY |   

電池  

返信ありがとうございます。

インソールのエッジは切りっぱなし、角ばっております。そのため巻き込みタイプではないと思います。

またサイドウォール印字は

8 Z6T14257 4
D/B 2042

と共通点の少ないタイプでした。なおけんたさんのペアは別注ですから特殊な品番の可能性もありますが、ボストニアンではないのでしょうかね…

このペアの詳細も気になりますね…

2014/10/25 (Sat) 23:53 | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

電池さん

>
> 私の所持している50sボストニアン (以前ブログで紹介しています)は厚みのあるソールです。こちらのペアと同じ厚みかどうか分かりませんが、フローシャイムkenmoorより少し厚いくらいです。このペアが「ミッドソール マンメイドマテリアル」の記載があります。そのため革ではなく人工物だと思います。このような作りのボストニアンがあることから今回紹介のペアもボストニアンの可能性が高いのではないかと思います。確証のないことですが、参考になればと思い連絡しました。

50sボストニアン、見させてもらいました。
これ、インソールのエッジが裏まで巻き込まれていませんか?
それとも中敷きだけが巻き込まれているんですかね?
やはりボストニアンでしょうかね。

2014/10/25 (Sat) 23:43 | REPLY |   

電池  

お久しぶりです。

私の所持している50sボストニアン (以前ブログで紹介しています)は厚みのあるソールです。こちらのペアと同じ厚みかどうか分かりませんが、フローシャイムkenmoorより少し厚いくらいです。このペアが「ミッドソール マンメイドマテリアル」の記載があります。そのため革ではなく人工物だと思います。このような作りのボストニアンがあることから今回紹介のペアもボストニアンの可能性が高いのではないかと思います。確証のないことですが、参考になればと思い連絡しました。

2014/10/25 (Sat) 23:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment