HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

Wright Arch Preserver 到着

予定通り、本日、Wright Arch Preserver が届いた。

wap1.jpg wap3.jpg

wap2.jpg

届いたばかりで、まだ何も手入れをしていない。

wap moji   サイズは9 1/2 E

wap insole1 wap insole2

インソールには、「Arch Preserver」と「UNION MADE」、そしてモデル名(?)のような刻印。
UNION MADEの刻印があっても、Florsheimほどは古くない。
奥には土手というか、もっこりとしたでっぱりが見える。
このもっこりが足の裏(親指と小指のボール部を結んだ線上)を押し上げる。
サイズはピッタリ。
古靴でここまでサイズがぴったりくるのはなかなかない。
個人的には、フローシャイムインペリアルと同じサイズ感である。
したがって、もっこりもちょうどいいところに当たってくる。
強い当たりではなく、優しく押し上げている感じ。

wap ソール wap ソール2

wap heel wap heel 2

ソールを見ても、そんなに履かれた様子はない。
ヒールは、革をしっかりと積み上げ、ラバーを貼っている。実用性と履き心地を重視。

wap yogore1 wap yogore2

状態は非常に良く、革のダメージもないが、気になるのはこのスポット状の汚れ。
ステインリムーバーで落ちるのだろうか。

wap kawa3 wap kawa1

少しわかりにくいが、革は光沢のあるスムースレザー。
いわゆるガラスレザーである。
とは言っても、リーガルのようなコーティングした「コレクテッドグレインレザー」ではなく、おそらく革をガラスに貼り付けて乾燥させて作った革だろう。
手入れをしなくても艶があるので、手入れをしても面白くない素材ではある。

革の素材としては、ネトルトンやフローシャイムなどには及ばない。
しかし、履き心地は全然負けていない。
素材よりも履き心地に重点を置いた靴作りをしているからではないだろうか。
まだ本格的に履いていないから何とも言えないが、
少なくとも試し履きした感触は非常に良い。
しかも16ドルだから、お買い得感は大きい。

この履き心地で、もっと古い時代のものや、上級ラインのものを手に入れてみたくなった。
なかなか期待できるメーカーだ。

wap b2 wap b1

まずは、じっくりと手入れをして、履く準備を整えていきたい。
スポンサーサイト

 靴について

14 Comments

なおけんた  

Re: No title

tomojin329さん

> 矯正靴系のメーカー(WRIGHT、FSP、Copeg)は未だに手にしていないので未知の世界です。
> 履き心地などを重視しているメーカーだけに、この3社は出来ればジャストか限りなく近いサイズで手に入れたいところです。となるとハードルが上がって中々手にできませんが(^^;)

私もWrightは未体験ゾーンでした。
今、静かなマイブームです。
ジャストサイズというのが古靴の最大の弱点の一つでしょうね。でも苦労や困難が多いほど、愛情や探究心は増していきます。

2014/12/07 (Sun) 21:51 | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

> なおけんたさん
>
せいじさん

> これも、良い感じですね。画面では、少し赤っぽい茶に見えます。
> しかも、リーズナブルな価格で入手で言うことないですね。
> Wright の名前、私もインプットしておきます。

FLASHのせいで赤っぽく見えますね。まだ、注目度がそれ程高くないから相場も高くないんでしょうね。
こんなこと書くと、すぐに相場が上がっていくんですよ。向こうの人、ブログを見て研究しているのかもしれません。

2014/12/07 (Sun) 21:44 | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

Miさん
>
> 今回のなおけんたさんの靴は70年代後半から80年くらいではないかと思いますが、
> 表革を除いた靴の構造的な部分(インソール、ウェルトと縫い、アウトソールなど)は、
> 50-60年代製とほとんど変わりないのではないかと推測します。
> つまり履き心地や快適さにはこの年代でも妥協していないのではないかと。
>
> フローシャイムがちょっと演出過剰かな、と思われることもあるのに対して、
> ライトの靴は機能的によく考えて造られている印象があります。

履き心地について、非常に真面目に取り組んでいたメーカーなんですね。
これで革質が非常によければすごいことになりますね。
いよいよ60s以前が欲しくなりました。

2014/12/07 (Sun) 21:37 | REPLY |   

tomojin329  

No title

矯正靴系のメーカー(WRIGHT、FSP、Copeg)は未だに手にしていないので未知の世界です。

履き心地などを重視しているメーカーだけに、この3社は出来ればジャストか限りなく近いサイズで手に入れたいところです。となるとハードルが上がって中々手にできませんが(^^;)

2014/12/06 (Sat) 22:45 | REPLY |   

せいじ  

なおけんたさん

こんばんは。

これも、良い感じですね。画面では、少し赤っぽい茶に見えます。

しかも、リーズナブルな価格で入手で言うことないですね。

Wright の名前、私もインプットしておきます。

2014/12/06 (Sat) 22:33 | EDIT | REPLY |   

Mi  

No title

こんにちは。
ライトの革質ですが、70年代製と思われるカスタムグレードはまあまあ良いセンでは
ないかと思います。カスタムグレード自体は50年代白タグ時代からあるようです。
カスタムグレードではなくても、コードウェイナーとかで古そうな(60年代から70年代前半?)
個体の革質は、相当いいものも見たことがありますよ。
ライトの箱の裏書きなんかを読むと(笑)、アッパーの革質にもこだわりはあったようですから、
時代時代では良い方の革を使っていたのではと思われます。

今回のなおけんたさんの靴は70年代後半から80年くらいではないかと思いますが、
表革を除いた靴の構造的な部分(インソール、ウェルトと縫い、アウトソールなど)は、
50-60年代製とほとんど変わりないのではないかと推測します。
つまり履き心地や快適さにはこの年代でも妥協していないのではないかと。

フローシャイムがちょっと演出過剰かな、と思われることもあるのに対して、
ライトの靴は機能的によく考えて造られている印象があります。

2014/12/06 (Sat) 11:12 | EDIT | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

電池さん
>
> こうやって実用的な履き心地の良い靴を格安で入手するのいいですよね。私はついつい珍しいもの、古い物に目を奪われてしまいます。60s70s辺りのペアを探そうかな…
> 今回の靴の履き心地、並びにケア後の画像待っています。所持していないメーカーの靴ですので楽しみです^ ^

まさに実用的な靴ですね。
それでも、60s辺りだと革質もかなり良いのではないかと思っているんですが・・・。
やはり状態のいい白タグをゲットしたいですね。
お馴染み、お手入れビフォーアフターを報告するつもりですが、現在京都出張中ですので、もう少しお待ちください。

2014/12/06 (Sat) 03:14 | REPLY |   

電池  

お久しぶりです。

こうやって実用的な履き心地の良い靴を格安で入手するのいいですよね。私はついつい珍しいもの、古い物に目を奪われてしまいます。60s70s辺りのペアを探そうかな…

今回の靴の履き心地、並びにケア後の画像待っています。所持していないメーカーの靴ですので楽しみです^ ^

2014/12/05 (Fri) 22:47 | EDIT | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

python さん

> wrightいいですよね。私も白い布タグのものを一足所有していますが、革質も履き心地も良いです。残念なことにクラックが発生してしまったので、状態の良いものをもう一足ほしいのですが、古くて状態のよいものはなかなか出てこないですね。

状態のいい白タグはなかなかないんでしょうね。
自分にとっての大きな宿題になるでしょう。

2014/12/05 (Fri) 16:19 | REPLY |   

python  

No title

wrightいいですよね。私も白い布タグのものを一足所有していますが、革質も履き心地も良いです。残念なことにクラックが発生してしまったので、状態の良いものをもう一足ほしいのですが、古くて状態のよいものはなかなか出てこないですね。

2014/12/05 (Fri) 12:09 | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

europeanblend さん

> 届きましたか。ファーストインプレッションありがとうございます。確かにガラスレザーは味気ないですけど、ヴァンプは合いさえすれば最高だと思います。私が言うのも何ですが、やっぱりサイズは大事ですよね(^^;
> Wright のCustom Gradeはおっしゃる通りなかなかの出来です。これを見るに、おそらく布タグも同等以上の革質なのでは、と思います。
> 古いモノ、レア物を掘り当てるのもアメリカ旧靴趣味の楽しみですけど、新し目のモノでも面白くて実用性の高い靴があるので、こういうものに目を向けるのもまた一興かと思います(^_^)

ヴァンプという独特の(あるいは特殊な)構造は、サイズがあってこそのものでしょうね。
幸い、Wrightのマイサイズが判明したので、このサイズのCustom Grade か布タグに狙いを定めていこうと思います。

2014/12/05 (Fri) 04:16 | REPLY |   

europeanblend  

No title

届きましたか。ファーストインプレッションありがとうございます。確かにガラスレザーは味気ないですけど、ヴァンプは合いさえすれば最高だと思います。私が言うのも何ですが、やっぱりサイズは大事ですよね(^^;

Wright のCustom Gradeはおっしゃる通りなかなかの出来です。これを見るに、おそらく布タグも同等以上の革質なのでは、と思います。

古いモノ、レア物を掘り当てるのもアメリカ旧靴趣味の楽しみですけど、新し目のモノでも面白くて実用性の高い靴があるので、こういうものに目を向けるのもまた一興かと思います(^_^)

2014/12/04 (Thu) 23:23 | EDIT | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

tomoさん

> 待ってました!このレポ!
> 私もWrightを一足所有しておりますが、正直なところALDENよりも履き心地が良いです。過去にかっこよさに惹かれて、あっていない靴を無理して履いたツケが足にまわってきていて、普通の革靴ですと柔らかい中敷が無いと痛くて1時間も履き続けられない状態なのです。
> それがWrightはどんなに履き続けてもストレスにならずに足に痛みも出ません。
> こんなことを言うと古靴愛好家の皆さんに怒られそうですが、最近は革質よりも履き心地が良い靴に惹かれます。歳を取ったのかなと思うこの頃です。

私も、オークションの古靴に関しては、自分に合いそうなサイズ、大きいけどまあいいか的なサイズなど、出たとこ勝負の靴を購入することがよくあります。そういう靴を無理して履いたり(後に手放します)、ストレッチをかけたり、中敷きを入れたりしていますが、しょうがないかなとあきらめている部分もありますよね。
だから、今回のこの靴のように、サイズがあっていてしかも履き心地がいいとなると、感動的です。
履き心地はとても重要だと思います。歳の関係だけではないと思いますよ(笑)。
Wrightは今後も注目していきたいです。まだ相場が安いですからね。
布タグのやつとか、カスタムグレードとか、この辺は革質いいのではないかなと期待しています。

2014/12/04 (Thu) 05:31 | REPLY |   

tomo  

なおけんたさん、今晩は。

待ってました!このレポ!

私もWrightを一足所有しておりますが、正直なところALDENよりも履き心地が良いです。過去にかっこよさに惹かれて、あっていない靴を無理して履いたツケが足にまわってきていて、普通の革靴ですと柔らかい中敷が無いと痛くて1時間も履き続けられない状態なのです。
それがWrightはどんなに履き続けてもストレスにならずに足に痛みも出ません。
こんなことを言うと古靴愛好家の皆さんに怒られそうですが、最近は革質よりも履き心地が良い靴に惹かれます。歳を取ったのかなと思うこの頃です。

2014/12/03 (Wed) 23:55 | REPLY |   

Leave a comment