HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

Florsheim Royal Imperial (初期型) フルブローグ  手入れ終了

Florsheim Royal Imperial (初期型) フルブローグ の手入れが終わった。

手順としては、いつも通り、グリセリンによる保湿とクリームによる仕上げ。

箱から出した状態(ブラシで埃を払っただけ)と仕上げ後の状態の比較。
上がBEFORE、下がAFTER

参考黒RI到着直後① (406x550)
                
1-0黒RI手入れ後上 (415x550)

参考黒RI到着直後③ (550x400)
                
1-2黒RI手入れ後斜め (550x428)

参考黒RI到着直後② (550x410)
                
1-1黒RI手入れ後斜め (550x492)

アッパーの状態が非常によかったので、予想通り、劇的な変化は見られない。

だが、輝きが増したというか、輝きに締りが出てきたと思う。

また、つま先付近のウイングの縫い目に囲まれた部分が、手入れ前(保湿前)は平面的だったのが、わずかにふっくらと立体的に盛り上がっているのがわかるだろうか。
画像をよ~く見たらわかる程度だが。

この部分である。

参考黒RI保湿後つま先F

保湿によって、革に張りが出てきて、触った時のしっとり感が増している。

微妙な程度の変化ではあるが、手入れの達成感は大きい。
まったくの自己満足の世界だけれど。
スポンサーサイト

 靴について

0 Comments

Leave a comment