HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

英国靴に危険な賭け

アメリカの古靴にハマる以前は、舶来靴ではどちらかというと英国靴に偏っていた。

グレンソン、クロケット&ジョーンズ、トリッカーズ、ロイドフットウェア・・・・・

特に、内羽根のセミブローグが好きで好きでたまらなかった。

国産靴でも英国的なセミブローグを買っていたし、オーダーでもセミブローグを注文していた。

でも、なぜかE.GREENとCHURCH'Sには手を出さなかった。

買いたい気持ちはあったが、マイサイズが常に店になかった(旅で都会に行った時にしか出会えないのだ)し、価格が以前に比べて異常に高騰して嫌気がさしたからだ。

GREENなんて、庶民からしたら手が届かないものになってしまった。
これなら国産靴でオーダーした方がよっぽどましだ、と思った。
もちろん、GREENにしかないものがあるのだろうが・・・。

CHURCH'Sは大塚製靴が代理店をしていたころは手の届く靴だった。
プラダに買収されてからなのか、代理店が変わってから一気に価格が上がった感がある。
しかし、いつかは履きたいと思っていた。

そして、この度、ebayで見つけたCHURCH'Sを落札した。

$85で出ていたが、だれも入札しない。
セラーの評価が12と低く(ただし100%Positive)、しかもすべてバイヤーとしてのもので、おそらく初めて出品していたからだろうか。
画像も雑で、たった1枚。
日本へは配送してくれない。
(今は、配送してくれるようになった。画像も4枚くらいにはなった。勉強したのかな?)
正直、得体が知れないのでみんな手を出さないのだろう。

私が目を付けたのはこれ。

ebay CHURCHS (480x640)

たった1枚しかない画像。
やる気の感じられない雑な画像。
が、アデレード式のセミブローグというところに惹かれた。
その他の画像が全くなく、説明はこれだけ。

Limited Anniversary Collection, Alfred, Burgundy French calfskin, size 9F, 744/3000, originally $900. Original soles and heels.

どうもCHURCH'S創業125周年記念モデルのようで、モデル名はALFRED。
3000足製造のうちの744番のようだ。
こういうシリアルナンバーを見せられるとウキウキしてしまうのが浅はか。
画像のどこにもその証拠はないのに。

不安はあったが、清水の舞台から飛び降りるつもりで、入札。

結局、他に誰も入札せずに落札。

転送業者を通して配送してもらうことにした。
ページで示された米国内の配送料を加えた金額をPayPalで支払った。
ところが、このセラー、送料が足りないと言ってくる(実際、私も送料が安すぎることには気づいていた)。
大した金額ではなかったが、面倒くさいので、

「オークションページに示された金額を払っただけですが、何か問題でも?」

とやや挑戦的な返答をした(翻訳ソフトを頼りにしながら)。
するとセラー、責任はebayにあるやら何やら言い訳めいたことを並べたて(内容はよくわからん)、
「ebayの▽▲※●(よくわからない)によって送料を安くできるので、あなたが追加する送料分はたった$1.8です。あなたは幸せですね。」などと言ってきた。

これもムッときたが、送料が足りていないことはわかっていたし、これ以上英語でやり取りするのは苦痛でもあったから、PayPalで$1.8支払った。
実はこの時点でセラーはすでに靴を発送していたので、ごねて追加分を支払わない手もあったのかもしれないが、それをやりきる精神力も語学力も時間も持ち合わせていない。

さらにUSPSの追跡状況が、途中で消えるというハプニングもあった。

非常に不安だらけのオークションではあったが、無事、転送業者には届いている。

そしてこのセラーからもう一つ落札してしまっているので、それが転送業者に届いてから、まとめてこちらに発送してもらうことになる。
うまくいけば、年内に到着かもしれない。

一番の問題はこの靴の品質である。
セラーとしての実績が全くない相手から2つも落札するという、かなり無謀な取引をしている。
ただ、時にはこういう賭けに出てもいいかなと、50男がはりきってみただけである。
金額はそれほど高くないから失敗しても損害は小さいし、授業料と思えばよい。
成功したら、喜びは大きい。
本物の125周年モデルなら、かなりいい仕事の靴らしい。
(ただし、セラーは間違っている。セミブローグはALFREDではなく、THOMASではないのか?)

今後どのような結末が待っているのか?少し落ち着かない。
だが、この記事の続きを読んだ人が、私を反面教師として、靴の個人輸入について何かしらの学習をしてくれれば幸いである。

なおけんた、人柱になります。
スポンサーサイト

 靴について

9 Comments

なおけんた  

Re: No title

初心者さん

> 他のブログによるとセミブローグはトーマスと言うモデル名のようですね期待の逸品ではないでしょうか、到着が待ち遠しいですね。


私もいろいろ調べてみたら,セラーが言うモデル名「Alfred」はキャップトゥですね。私が落札したのはおっしゃる通り,「Thomas」です。
こういう間違いをしているところから,このセラーに対して不安が大きくなっています(笑)。
このセラー,他にもチャーチをいくつか出している(ほとんど上級モデルです)ので,混乱して間違ったのかもしれません。
不安と期待の両方で待ちます。

2014/12/18 (Thu) 10:27 | REPLY |   

初心者  

No title

他のブログによるとセミブローグはトーマスと言うモデル名のようですね期待の逸品ではないでしょうか、到着が待ち遠しいですね。

2014/12/18 (Thu) 08:03 | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

かやさん

> この125周年モデル、以前ヤフオクに出てた時にはけっこういいお値段まで上がっていました。確かソールが半カラス仕上げ風になっていたような。いずれにしてもかなり良い靴のはずです。到着するのを楽しみにしてます笑

本物なら非常に特殊な塗りになっているはずです。
土踏まずの内側部分だけ塗られた1/4カラス仕上げみたいな感じのようです。
70s以前のボストニアンのFOOTSAVERがこんな感じですね。
不安と期待がごちゃ混ぜです。

2014/12/18 (Thu) 07:31 | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

電池さん

> これは!!
> 本物ならすごいですね。カールフロイデンベルグでしたよね。うらやましいです。ソールの画像でもあれば判断できるんでしょうけど…。
> 結果、期待していますよ!!


プ,プレッシャーが・・・・・

いろいろなブログを見ると,カールフロイデンベルグを使ったチャーチ渾身の1足のように書いてありますね。しかし,セラーはフレンチカーフとかいているんですが・・・・。茶は違うのかな?
ただ,このセラー,モデル名も間違っているくらいですから説明は信用できませんね。

ほんと,ソールの画像さえあれば…。特殊な1/4カラス仕上げみたいな塗りのようですからわかるんですが。
たった1枚の画像しか頼れませんが,125周年モデルは確かにすべてアデレードなので,そこは期待しています。

2014/12/18 (Thu) 07:19 | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

tomoさん

> うーん。是非とも是非とも外れではありませんように!自分も勉強とは割り切っても、やはりモヤモヤ残ってしまうので。関係ない自分も力が入ってしまいます笑


心配してくださってありがとうございます(笑)。

今日の朝に2足目も転送業者に到着した模様です。
とりあえずは,2足とも「送ってきた」ということでちょっぴり安心です。
覚悟は決めていても,「外れではありませんように」と思う気持ちは強いですよね。
「授業料」というのは,ダメだったときに自分を納得させるための言い訳というか,保険というか,そんなものですね。

2014/12/18 (Thu) 07:10 | REPLY |   

かや  

No title

この125周年モデル、以前ヤフオクに出てた時にはけっこういいお値段まで上がっていました。確かソールが半カラス仕上げ風になっていたような。いずれにしてもかなり良い靴のはずです。到着するのを楽しみにしてます笑

2014/12/18 (Thu) 00:13 | REPLY |   

電池  

これは!!

本物ならすごいですね。カールフロイデンベルグでしたよね。うらやましいです。ソールの画像でもあれば判断できるんでしょうけど…。

結果、期待していますよ!!

2014/12/17 (Wed) 23:39 | EDIT | REPLY |   

tomo  

うーん。是非とも是非とも外れではありませんように!自分も勉強とは割り切っても、やはりモヤモヤ残ってしまうので。関係ない自分も力が入ってしまいます笑

2014/12/17 (Wed) 23:01 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/12/17 (Wed) 22:25 | REPLY |   

Leave a comment