HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

HANOVER " IMPERIAL " Cap toe

東京ネタばかりだったので、久しぶりに古靴ネタ。

東京に行く前日に届いた「HANOVER IMPERIAL」デッドストック。

★箱1 (600x355) ★箱2 (600x309)

箱から出して手入れをした。

★HI斜めスライド2 (600x306)

★HI斜め2 (600x456) ★HI斜め開き2 (600x514)

ソール ・・・・ レザーソールにGOODYEARのラバーヒール  

★HIソール1足1 (230x600)

★HIヒールアップ (541x600)

内部 ・・・・ 前半分はファブリックライニング、レザーインソール

★HIロゴ (429x600)  ★HI内部 (600x588)

後のL.B.SheppardやHANOVERメイドの靴(SEARSやBOSTONIANなど)に見られるアーチクッションはない。

★HIステッチ (588x600) 。★HI側面アップ1 (600x416)

ステッチ ・・・・ キャップのエッジには2×2、羽根周りは4本、レースステイは3本。
なかなか手が込んでいる。
シンプルなキャップトゥのデザインの中で、ここが一番特徴的。

HI出し縫い (600x450)

白い出し縫いのステッチも、細かくてなかなかよい。

地味なデザインではあるが、つくりの良さが全体に漂っていて、存在感は十分にある。

そして、サイズだが・・・
靴である以上、履けなければいけない。
表記サイズは「9.5 E」。
フローシャイム・インペリアルなら私のジャストサイズ。

だが、出品者が説明に
「表記サイズは9.5Eだが、私には9.5Dの大きさに感じる」と書いていたことが不安だった。
即決した後にこの説明に気付くあたり、つくづくダメだなあと思う。


はたして履いてみると・・・

JUST !

よかった。ぴったりだった。
めでたしめでたし。結果オーライ。

★HI上4 (419x600) ★HI重ね開き2 (600x582)


スポンサーサイト

 靴について

6 Comments

なおけんた  

Re: タイトルなし

なおきさん

> つくづく良い靴を手に入れられましたねー。
> 仕様は50sに近いですが形はやや後年のいい意味での野暮ったさがあり、カジュアル合わせには万能ではないでしょうか。平紐もいいですねー。

そうなんです。内羽根キャップトゥなのに、ドレス感が弱いんです。だからカジュアルでOKなんですよ。なかなか珍しいですね。>


北海道はとても短靴が履ける状況ではないので、早く春が来て欲しいです…。

ここにきて、かなり寒さが増しているようですね。南国育ちの私からすれば雪は羨ましいのですが、そういうレベルではないでしょうね。そちらではブーツは必需品なんですね。春を待つ心は靴を待つ心でもあるわけですね。

2015/02/01 (Sun) 20:22 | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

みきおさん

> 東京遠征、お疲れ様です。
> 私も土曜日日帰りでいって来ました。
> その際、靴磨きでカルチャーショックな事があり勝手ながらご報告いたします。
> 羽田空港のコロンブスにて靴を磨いてもらいました。他人に磨いてもらったことがなかったので経験と思い、やってもらうと、あまりのテキトーな磨き方なのに、自分の手入れよりもピッカピカにしてくれました。
> まさに度肝を抜かれました。
> クリームはコロンブス、クリスタルビンという古めかしいものでした。
> あまりの出来に、松山で早速探してみましたがどこにもありませんでした。ネットだと送料の方が高くついて躊躇してます。
> あれはプロの技術なのか、クリームの違いなのか、とにかく驚きました。磨いたあと、半日は足下から有機溶剤系の匂いがしていたのが気にはなりますが、、、

海外の靴クリームがもてはやされています(私ももってますが)が、日本のコロンブスの技術はすごいらしいらしいですね。この道の老舗ですから。靴磨きの達人がいろいろ紹介されていますが、コロンブスにもすごい人がいるようです。研修と実践で磨きの腕を磨いているようですね。企業の社員だから目立たないだけです。たぶん。
先日の「靴のハシモト」で、橋本さんが「千葉スペシャル」のことを熱く語っておられました。私も一度靴を磨いてもらいたいと思っています。でも、東京に行くときは歩き回るものですから、スニーカーを履く場合が多いんですよねえ。これでは磨いてもらえません。

2015/02/01 (Sun) 20:17 | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

tomoさん

> 手の込んだステッチ、惚れぼれしますね。いや本当に羨ましいです。

ハノーバーと言えば、LBシェパードがもてはやされますが、それより前の時代のインペリアルも素晴らしいものだと思いますね。まだ比較的安いかもしれないのでつば付けて・・・・いかんいかん悪い癖がもう出はじめました(笑)。

>
> 後から気づく、私も良くやります笑
> オークションで画像でしっかり映っているのに、もういかにして買おうかという方に意識が行き過ぎて、後からしまった!と気づく始末。もうそんな時は、他の上いく入札者が出てきてくれないか、ただただ祈るばかりです笑

そういう祈りを私も結構やらかしたことがあります。
セラーにお願いして入札を取り消してもらおうかと本気で思ったこともありました。大失敗入札でした。そう思っている矢先、私の入札が更新されてホッとしました。
オークションに負けてうれしいというのも変ですが。

2015/02/01 (Sun) 20:08 | REPLY |   

なおき  

つくづく良い靴を手に入れられましたねー。
仕様は50sに近いですが形はやや後年のいい意味での野暮ったさがあり、カジュアル合わせには万能ではないでしょうか。平紐もいいですねー。
北海道はとても短靴が履ける状況ではないので、早く春が来て欲しいです…。

2015/02/01 (Sun) 20:07 | REPLY |   

みきお  

東京遠征、お疲れ様です。
私も土曜日日帰りでいって来ました。
その際、靴磨きでカルチャーショックな事があり勝手ながらご報告いたします。
羽田空港のコロンブスにて靴を磨いてもらいました。他人に磨いてもらったことがなかったので経験と思い、やってもらうと、あまりのテキトーな磨き方なのに、自分の手入れよりもピッカピカにしてくれました。
まさに度肝を抜かれました。
クリームはコロンブス、クリスタルビンという古めかしいものでした。
あまりの出来に、松山で早速探してみましたがどこにもありませんでした。ネットだと送料の方が高くついて躊躇してます。
あれはプロの技術なのか、クリームの違いなのか、とにかく驚きました。磨いたあと、半日は足下から有機溶剤系の匂いがしていたのが気にはなりますが、、、

2015/02/01 (Sun) 19:56 | REPLY |   

tomo  

手の込んだステッチ、惚れぼれしますね。いや本当に羨ましいです。

後から気づく、私も良くやります笑
オークションで画像でしっかり映っているのに、もういかにして買おうかという方に意識が行き過ぎて、後からしまった!と気づく始末。もうそんな時は、他の上いく入札者が出てきてくれないか、ただただ祈るばかりです笑

2015/02/01 (Sun) 19:07 | REPLY |   

Leave a comment