HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

ペニーローファー 中敷きの工作

セールで手に入れた「LLOYD FOOTWEAR」のペニーローファー

ロイドペニー9 (600x376) ロイドペニー7 (600x384)

右足の中敷きが醜い。
が,店は「リペアに出してくれれば対応する」とつれない答え。

ならば自分でやるしかない。

どこかで薄い革を調達して中敷きを作るか・・・

と考え,革のストックを探していたら,こんなものが出てきた。

リペア3 (418x600)



いつのものだろうか?記憶がない。
ちょっと使用感はあるが,赤マジックよりはマシ。

リペア4 (600x571)


作業開始。


中敷きをはがすと,中のクッション材が破れた。

リペア1 (600x572)

代わりにフェルトを使う。
フェルトを適切な大きさにカット。

リペア5 (600x545)

代わりの中敷きの裏に貼りつける。

リペア6 (600x543)


そしてインソールに貼りつけて完成。

リペア7 (365x600) リペア8 (581x600)

貼り付けには接着剤ではなく,すべて両面テープを使った。
両面テープは剥がしやすいので,次に作業が必要な時に便利だ。

ハイ、完成。

リペア9完成 (600x378)


履いてみると,クッションが厚くなった分フィット感が増した。
これなら左の方(甲が若干低くわずかに緩い)にも施術してみようか。
ということで左は元のクッション材+フェルトで厚みが2倍に。

はい,完成。

kansei2 (600x407)

左右の中敷きの大きさ、質感、使用感が違うが、まあ、いいだろう。

私は,右脚よりも左脚が若干短い。
パンツは必ず左右別に裾上げしている。
鏡に映すと,両膝の高さが若干違うからすぐわかる(そういう人は多いらしい)。
左右の脚の長さが違うと,腰骨が少し傾き,腰痛の原因となる。

だから,

靴の左足のクッションを増やす⇒中敷きの厚みが増す⇒フィット感が向上する
                      ↓
                 プチ上げ底になる→腰の傾きが軽減される→腰痛が減る

      ・・・・ということになる。

一石二鳥とはこういうことを言うのだ。

スポンサーサイト

 靴リペア

4 Comments

なおけんた  

Re: タイトルなし

tomoさん

> お客に媚びず、商品として正当な価格で正当な品質で、正々堂々と商売するお店であってほしいですね。お客はきちんと見てますからね、そういうところ。


そして,気持ちのいい思いができる店であってほしいですね。

2015/02/06 (Fri) 17:57 | REPLY |   

tomo  

お客に媚びず、商品として正当な価格で正当な品質で、正々堂々と商売するお店であってほしいですね。お客はきちんと見てますからね、そういうところ。
再度のコメント失礼しました。

2015/02/06 (Fri) 14:18 | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

tomoさん

> お店の悪口は言いたくないのですが、売る姿勢を疑いたくなりますね。自分のお店の顔たる商品にマジックで書く、かつ気に入らなかったらメンテナンスへどうぞという上からモニャモニャ以下規制します笑

ロイドでは当たり前の,「客に媚びない」姿勢のでしょうか?替えの中敷きはあるはずですから,交換したうえで売ればいいのに,と思うのは私だけでしょうか?


> 前回紹介の靴のハシモトさんのような靴屋さんが増えていったら良いですね!

橋本さんの対応は素晴らしいと思うし,ぜんぜん媚びていませんし・・・。

2015/02/06 (Fri) 08:56 | REPLY |   

tomo  

お店の悪口は言いたくないのですが、売る姿勢を疑いたくなりますね。自分のお店の顔たる商品にマジックで書く、かつ気に入らなかったらメンテナンスへどうぞという上からモニャモニャ以下規制します笑
前回紹介の靴のハシモトさんのような靴屋さんが増えていったら良いですね!

2015/02/05 (Thu) 23:21 | REPLY |   

Leave a comment