HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

三交製靴・丸善 ラギッドシューズ シボ革プレーントゥ

浅草の三交製靴から靴が届いた。

A③sk-rg斜め4 (600x502)

A①sk-rg上1 (446x600) A④sk-rg中敷き3 (360x600)

丸善時代の在庫。

革はものすごく柔らかいとか、ものすごくしなやかだとか、ものすごく弾力性があるとか、そういう素晴らしい革ではない。
が、シボ革であること以外は変な加工はされていないし、破たんのないきれいな普通の革である。
丈夫さ、剛性は非常に強いと思う。
この靴はそれを求めているからこれでいいのだ。

A⑦sk-rgソール1 (238x600)

A⑦sk-rgソール斜め (600x251) A⑧sk-rgサイド1 (600x237)

雪道対応ソール。寒冷地、豪雪地帯でこそ威力を発揮するソールなのだろうが、
南国の人間にはわからない。
中央の黄色いゴムの部分は結構柔らかい。
アスファルトの上を歩けばかなり擦れが早いだろう。

A⑥sk-rgかかと3 (450x600) A⑤sk-rg内部2 (600x569)

つくりは非常に手間がかかっている。
踵の成形はすばらしい。
木型にしっかりと手で釣り込んでいるからこそ、これだけの立体的な踵にになると思うが・・・。
インソールを見ると、ハンドソーンですくい縫いされた跡が見える。

A⑩sk-rgアップ後2 (600x459) A⑩sk-rgアップ前斜め (600x382)

ウエルトはL字型のストームウエルトだっけ?
そしてウエルトは靴の周囲をぐるりと一周している。

A②sk-rg開く (600x466)

シボ革、360°ストームウエルト、これだけの条件が揃えば、かなり押し出しの強いゴツい靴になるものだが、この靴はそれほど自己主張が強くない。控えめな感じがする。
全体的に、木型に忠実に釣り込み、きちんとまとめてあるからかもしれない。
甲からつま先にかけての曲線がとてもきれいだと思う。

まじめで誠実な靴。そんな印象だ。

まだ足を入れただけで歩いてはいないが、足入れが非常によく、ストレスを感じない。
つくりの丁寧さによるものだと思う。

これが15,000円とは、誰も思うまい。
価格と品質のバランスが悪すぎ・・・といったら、普通は悪口なのだが、この靴の場合は褒め言葉。
明らかに品質が価格を超えている。
本来の価格(ソールはコマンドタイプだが)でもこれに+5000円程度で、やはり品質の方がはるかに高い。

最後に・・・

靴と一緒にこんなものが入っていた。


手紙


三交製靴の皆さんも、まじめで誠実で温かい人たちなのだと思う。


スポンサーサイト

 靴について

4 Comments

なおけんた  

Re: タイトルなし

tomoさん

> まじめで誠実、正にその通りですね。ずっとこんな靴を作っていってもらいたいものですね。根強いファンがいるというのも分かる気がします。

まじめで誠実で、商売下手ですね。
昨今の業界では、靴に付加価値をつけようといろいろな殺し文句、謳い文句が氾濫しています。ハンドソーンウエルテッドとか九分仕立てとか、その中でも横綱級のフレーズです。かくいう私もそういうのに弱いタチですが(笑)・・・。
ところが、ここは日常的にハンドソーンウエルテッドの靴を黙々と作るだけで、ほとんど宣伝せず、価格も良心的(ボランティアに近い)です。以前、工房にお邪魔した時、「もっと金とってもいいじゃないですか」的なことを言ってしまったのを覚えています。
商売下手だからこそ、応援したい工房なんです。

2015/02/18 (Wed) 18:51 | REPLY |   

tomo  

まじめで誠実、正にその通りですね。ずっとこんな靴を作っていってもらいたいものですね。根強いファンがいるというのも分かる気がします。

2015/02/18 (Wed) 12:36 | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

なおきさん

> これ、とても良さそうな靴ですよねー。踵の造形が素晴らしい。
> ソールもまさに今の北海道にピッタリな感じで、本来なら俺あたりが買うべきものなのでしょうが…
> いかんせん少し自分の好みと外れているので購入には至っていませんが、感度の高いデザイナーとかが関わればもっと売れそうな感じはしますねぇ。

実力はあるけど・・・・という工房は多いんでしょうね。
どこかのショップやデザイナーがコラボするともっと「売れる」靴がつくられるんでしょうね。
でもそうなると,価格は上がるし,大量生産で品質は落ちるし,ダメになってしまう可能性も出てくるでしょうね。大好きな工房だからもっと評価されてほしいと願う反面,人気が出てこの工房の良さが失われそうだし・・・私にとっては痛し痒しというところです。
私は,この靴の野暮ったさが好きなので,シルエットについてはこのままで,デザインにキャップトゥとかフルブローグを加えてもらえればいいかな,という気持ちの方が強いですね。

2015/02/18 (Wed) 10:13 | REPLY |   

なおき  

これ、とても良さそうな靴ですよねー。踵の造形が素晴らしい。
ソールもまさに今の北海道にピッタリな感じで、本来なら俺あたりが買うべきものなのでしょうが…
いかんせん少し自分の好みと外れているので購入には至っていませんが、感度の高いデザイナーとかが関わればもっと売れそうな感じはしますねぇ。

2015/02/17 (Tue) 23:42 | REPLY |   

Leave a comment