HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

「DACK'S」 Water Bison プレーントゥ


MADE IN CANADA 「DACK'S」の靴が届いた。

dacks 3 (2) (640x401)

dacks 2 (640x543)


アッパーの素材は”Water Bison”

dacks 7 (514x640)  dacks 9 (640x480)

ライニングには布タグ。

出品者は「60s」と説明していたが、間違いないようだ。


dacks 10 (640x401)

サイズ表記は「595」

最初の「5」はウィズを表す。1=A、2=B ・・・・・ 5=Eである。
 ※トリッカーズも同様の表記だ。
後ろの2桁が長さを表す。
よってこの靴のサイズは「9.5 E」。
DACK'Sも若い個体になるとウィズ表記はアルファベットになる。


dacks 4 (258x640)  dacks 5 (625x640)

dacks 4 (2) (270x640)  dacks 11 (622x640)

レザーソール。
このブランドのこの手の靴には、フローシャイムインペリアルのように釘が打たれているものが多いが、こちらはなし。
オリジナルの刻印とオリジナルのゴムヒール。


dacks 6 (640x466)


”Water Bison” のアッパーは深い皺が入り、いかにも丈夫。
皺がゴツゴツしている(笑)。
革自体は硬くない。
剛性が強く、押し出しのある濃い顔つきで存在感抜群。


dacks 6 (2) (640x428)

だが、ウェルトのステッチは繊細。
表面にステッチが見えないように埋め込んである。
ウェルト上に細いラインが見えるが、ここにステッチが埋め込まれている。
マスターロイドでも見られるディテール。
ただ、この靴は、土踏まずあたりからステッチが表面に出てくる。

この手の押し出しの強い靴はダブルソールが多いが、この靴はシングルソールである。



私が生まれたころにつくられた靴(!)の割には劣化も少なく、状態は非常に良い。
履くために直さなければならない個所はない。

こりゃ、すぐに履けるね。手がかからない。


・・・・・・・ と思ったが、一つだけ気に入らない部分がある。

アッパーの表面がベタベタする(笑)。

靴クリームがものすごく厚塗りされている。

出品者が発送にあたってしっかりと手入れしてくれたようだが、

はっきり言って余計なお世話レベルだ(笑)。

こんな厚化粧では革はたまったものではない。
パンツの裾も茶色に染まるだろう(笑)。

過ぎたるは及ばざるが如し!

よって、異常にメイクアップされた肌のスキンケアを敢行しなければならない。

見た目に反して、結構手がかかる作業になるようだ。

dacks 1 (507x640)



スポンサーサイト

 靴について

6 Comments

なおけんた  

Re: To なおけんたさん

まるすけさん

> >過ぎたるは及ばざる如しだと思うんですけどね。
> まさにおっしゃる通りだと思います。
>
> 今日、厚塗りされていたDack'sを履いたら履き口が裂けてしまいました。。。
> 厚化粧の副作用だと思っています笑

私も何度避けたことか!
履き口って弱いですよね。
というか、一番力がかかるところで、一番ダメージを負いやすいところなんでしょうね。
履くときに靴ベラで押される。歩くときにかかとに押される。
古靴では最もデリケートなところだと思っています。
古靴は、それまでのオーナーの手入れの影響がもろ出るんでしょう。厚化粧や、化粧なし、経年劣化、乾燥などで、伸縮性が衰えているので、引っ張りに耐え切れずに避けてしまうのだと思います。
現行靴より古靴こそ、優しい手入れが必要なんでしょうね。
※手入れしてもダメな時もありますけどね(笑)。

2017/04/22 (Sat) 21:11 | REPLY |   

まるすけ  

To なおけんたさん

>過ぎたるは及ばざる如しだと思うんですけどね。
まさにおっしゃる通りだと思います。

今日、厚塗りされていたDack'sを履いたら履き口が裂けてしまいました。。。
厚化粧の副作用だと思っています笑

2017/04/22 (Sat) 20:55 | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

まるすけさん

> 初めまして、Dack'sの布タグの靴を入手し、調べていたらこちらにたどりつきました。
> 私も入手した際にはクリームがベトベトについており、リムーバークロスが全面真っ黒になるほどでした笑。
> カナダの方のケアはそういう傾向があるのかもしれませんね。

はじめまして。
海外の古靴を手に入れて、古いクリーム落としに難儀した経験が結構多いです。
結構くどい人が多いのかもしれませんね。
過ぎたるは及ばざる如しだと思うんですけどね。

2017/04/20 (Thu) 16:00 | REPLY |   

まるすけ  

No title

初めまして、Dack'sの布タグの靴を入手し、調べていたらこちらにたどりつきました。
私も入手した際にはクリームがベトベトについており、リムーバークロスが全面真っ黒になるほどでした笑。
カナダの方のケアはそういう傾向があるのかもしれませんね。

2017/04/20 (Thu) 08:55 | EDIT | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

tomoさん

> 私もDACK'Sのキャメルスキン、OXHIDEと入手しましたが、とにかく安い(笑)
> そして丈夫なのか履き込まれていないのか、革の状態も良くトップヒールも減りがなく手入れすると物凄く艶が出ます。こういうエキゾチックレザー?と言っていいんでしょうか、革らしい表情があり分厚く、クラックなどは全く無縁のような感じがします。肌理細かい高級な革とは正反対ですが、こういう原皮に近い革が最近好きになってきました。
>
> お手入れ後の記事楽しみにしております。

ホント、この手の革は“剛”ですよね。
カーフとは対極にあります。
アッパーだけ見たら、一般的なkenmoorがおとなしく見えます。
型押しではなく、天然のシボ革は面白いですね。

2015/08/22 (Sat) 23:26 | REPLY |   

tomo  

私もDACK'Sのキャメルスキン、OXHIDEと入手しましたが、とにかく安い(笑)
そして丈夫なのか履き込まれていないのか、革の状態も良くトップヒールも減りがなく手入れすると物凄く艶が出ます。こういうエキゾチックレザー?と言っていいんでしょうか、革らしい表情があり分厚く、クラックなどは全く無縁のような感じがします。肌理細かい高級な革とは正反対ですが、こういう原皮に近い革が最近好きになってきました。

お手入れ後の記事楽しみにしております。

2015/08/22 (Sat) 21:15 | REPLY |   

Leave a comment