HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

靴工房CITTAにて

今日はあいにくの雨だったが、鹿児島に行った。

山の中の靴工房CITTAへ久々の訪問。

今回はオーダーではない。

以前つくったCITTA2号の調整のため。

01f3442cc8bab016dbdddd6f623d76ea69bb90179b (640x571) 016e0c09a66de4fc1e6fc7b96e7c6e33b80ef9d4c7 (640x496)


中敷き(全敷き)がいい感じに窪んで、私の足形がプリントされている。
だが、窪みがあれば山がある。
この山の部分が親指の裏に当たりすぎて違和感が出てきた。

それから、中敷きのV字型の盛り上がりの足裏への当たり方が強くなってきた。


01788cbb20a0dd1b79ab50661cba638d8282b1fc3e (497x640)


そこで、中敷きの調整をお願いした。


012fb6f6fbf2f018f024312328bcdf8fda695b45e4 (480x640)  01d0d2113392d16282b943d9bcb9cbafbe2d74fca5 (480x640)


中敷きを外して・・・・・・・


0186308f7735f11570ae51dea130e5d77882144f62 (640x370)

表面のレザーを剥し、コルクやクッション材をフィニッシャーを使って削り、両面テープで貼り合わせ・・・・・とほとんど工作に近い。
手間のかかる作業を目の前でしてもらえると、手のぬくもりが伝わってくる。
作り手の顔が見える、というのは気分が良い。


削っては履き、履いては削り・・・・・を繰り返してベストの状態にセッティングすることができた。

履き心地がさらに一段増した感じ。

作業をしながら、工房に置いてあるいくつかの保革剤について話が盛り上がる。

モンタナのオイルコンディショナーは革への浸透がいまいち(笑)とか・・・・

マスタングペーストもあったので、「これ、古いクリームがかなり落とせますよ」と私。

ステインリムーバーは強く擦ると革によくないから怖いので、クリーナーとしては、
サフィールのユニバーサルレザーローションが使い勝手が非常にいい、ということを教えてくれた。


こういう会話、対話ができる店は本当に気分が良い。
100km以上も車で走ってくる価値がある。



20130202202045f22 (640x496)







スポンサーサイト

 お気に入りの店

2 Comments

なおけんた  

Re: No title

europeanblend さん

> あらためてここのHPを見たのですが、木型まで作ってくれて、10万以下なんですね。もちろん革次第なのでしょうが、それにしても今どき凄くリーズナブルだと思います。
> 春に鹿児島行ったときに、どこか行き忘れてる気がしてて、帰ってきて気付きました(^^ゞ

「グッドイヤーやハンドソーンウェルテッドでなければだめだ」という人は別ですが、そういう製法にこだわりがなければ非常に魅力的だと思います。
ステッチダウンで構造は簡単ですが、ソールの張替もできますし、出し縫いの機械がないので(笑)こちらもハンドソーンステッチダウンです。
ガチガチのドレスシューズにはなりにくいと思いますが、フローシャイムなどの押し出しの強いアメリカ古靴に慣れている人にはそれほど違和感がないかと・・・・。
まあ、一番いいのはブーツだと思います。かっこよく仕上がると思いますね。
革で価格は変わってきますが、そんなにべらぼうに変わってくるわけではありません。

もし興味がありましたらぜひ・・・・・(笑)
鹿児島にお越しの際は寄ってみるだけでも面白いと思いますよ。

2015/08/30 (Sun) 15:25 | REPLY |   

europeanblend  

No title

あらためてここのHPを見たのですが、木型まで作ってくれて、10万以下なんですね。もちろん革次第なのでしょうが、それにしても今どき凄くリーズナブルだと思います。
春に鹿児島行ったときに、どこか行き忘れてる気がしてて、帰ってきて気付きました(^^ゞ

2015/08/30 (Sun) 13:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment