HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

A Hope Hemp と Guranisuta

昨日は運動会がプログラム8番で終わったので、午後は街に出かけた(雨なのに)。

で、早速 「A Hope Hemp 」 のソックスを履き下ろした。

gとh 00 (4)

gとh 00 (3)

ヘンプ混でも柔らかい。
そして、伸縮性があるのでとても履きやすい。
一般的なクルーソックスよりも優しく足を包み込む。
目からウロコ的な履き心地。


で、この靴を合わせた。

gとh 0

gとh 01

Guranisuta Highline

この靴、見かけのハードさに似合わず柔らかい。
クロムエクセルのおかげもあるが、
油がしっかりしみ込んだとみられるレザーソールのおかげでもある。
インソールも非常にクッション性がある。
そして、数回履いたにもかかわらず、沈み込みとなじみが良く、いつも履いているソックスでは少し緩く感じるようになってきた。

そこで、この純正インソールが活躍する。

gとh 10 (640x409)

このインソールのおかげで、サイズ調整は大丈夫なのだが、左足はわずかに足長が長い感じがする。
これはもう、私の足の特徴で、左足の方が若干甲が低く短いから仕方がないのだ。

が!

この分厚いヘンプソックスを装着してこの靴を履くと、インソールなしで非常にいい感じにフィットするのだ。
通常私が履くものよりもかなり分厚く、しかも糸自体が圧縮によって細く(薄く)なるので、靴全体のフィット感をよくしてくれる。
靴と足の微妙な(しかも部分によって違う)隙間を埋めてくれる感じ。

gとh 1 (10)

gとh 4

ビジネスシーンではもちろん使おうとは思わないが、緩めの靴をカジュアルに着こなすときは、この靴下は非常に役に立つと思う。

しかも、1日中履いていても違和感を感じず、快適さも失われなかった。
同じように分厚いソックスでも、登山用のソックスは長く履いていると快適に感じないのだ。

Guranisutaの履き方は、

「インソール+普通の靴下」
「インソールなし+ヘンプソックス」

という2通りの履き方ができるようになった。
どちらも快適であるのは言うまでもない。

「A Hope Hemp 」気に入った。
リピートするつもり。








スポンサーサイト

 モノ

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/30 (Wed) 19:57 | REPLY |   

Leave a comment