HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

残念だが期待

今日は少し残念な出来事があった。



東京行きまであと1ケ月となったので,「靴のハシモト」に電話を入れた。

「11月27日の午前中にそちらに伺います。」という連絡である。

橋本さんは相変わらず元気な声。

私の注文した靴はちょうど制作中だそうだ。



ところが・・・・

第一候補のコードバンから私の足1足分が取れなかったそうだ。

実は,注文にあたってコードバンを2つ選んでいた。

工房にあるコードバンは小さいので,私の足の大きさでは革が足りないかもしれないと言われていたのだ。

だから,第1候補,第2候補を決めていた。


コードバン


ただ,プレーントゥなら何とか大丈夫だろうとも言われていたのだが・・・・。



そして,さらに不幸なことに,第2候補でも取れないことが分かった。


キャップトゥやフルブローグなどのデザインなら,2種類のコードバンを使って作ることはできるが,2トーンカラーは望んでいない。

要するに,私の注文靴はコードバンでは作れないということ。



では,なぜ私の靴は「製作中」なのか。



実は,コードバンで作れなかった時のために「第3候補」の革を選んでいたのだ。

ただ,自分としては「コードバン」という言葉が重く,コードバンで大丈夫だと思っていたので,第3候補のことはすっかり忘れていた。


が,思い出した。



私の靴は,第3候補の革で制作中。

その革とは,「ワインハイマー」のボックスカーフ。ダークブラウン。



注文するときに,ワインハイマーのいい革が入荷すると聞き,最初はそれで作ろうとしたのだ。
だが,少量だけどコードバンがあると聞いてコードバンに替えた経緯がある。

それが元に戻ったということだ。


卸業者に3000デシ入荷したうちの1000デシを橋本さんが買い取ったのだそうだ。
 ※ 残りの2000デシは,金沢の「KOKON」が買い取ったそうだ。

靴を1足作るには20デシ必要だと書いてあった。

すると50足分のワインハイマー。

私の靴に使うのは,ハシモトに残った最後のワインハイマーだと橋本さんは言っていた。



国産コードバンのはずが,ワインハイマーのカーフになった。

コードバン3  コードバン2

こういう靴をイメージしてたんだけど(笑)。

「コードバン」と思い続けてきただけに,残念な気持ちがないと言えば嘘になる。

だが,ハシモトの靴は今後は注文できないし,ワインハイマーにも興味はある。


「いい感じに出来上がってきているよ。」


橋本さんのこの言葉に,期待は膨らんできている。



スポンサーサイト

 靴について

2 Comments

なおけんた  

Re: No title

europeanblend さん

> コードバンは残念ですが、ワインハイマーの良い革ということですから、むしろこちらの方が良いのではないでしょうか^_^ 来月が楽しみですね。

KOKONが2000デシ買い取ったというところに「いい革なのかな」と期待しています(笑)。
デザイン変更はしていないので、外ハトメのプレーントゥです。
カーフでどんな表情になるのか・・・・面白そうです。

2015/10/29 (Thu) 20:33 | REPLY |   

europeanblend  

No title

コードバンは残念ですが、ワインハイマーの良い革ということですから、むしろこちらの方が良いのではないでしょうか^_^ 来月が楽しみですね。

2015/10/29 (Thu) 15:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment