HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

キャビアとキャピタリズム

ブルース・スプリングスティーンの話題になったので、次は佐野元春

今では元春とブルースを関連付ける人はあまりいないかもしれないけれど・・・・

私はもともと高校時代に元春や浜省を聴いていた。

そして、元春・浜省からボスに入っていった。

雑誌のアルバム紹介で、「元春や浜省のような・・・・」というフレーズをたまたま見つけたら、それがブルースのアルバムだった。

確かに初期の元春は、曲といい、ライブといいブルースの影響をもろに受けていた。(今はもうそうではないけれど)

だから、私の中では元春とブルースはつながったままだ。

以前触れたが、来年の2月に元春のコンサートに行く。

個人的に非常に楽しみなイベントだ。

もちろんこのアルバムが中心となる。

moto bm1

このアルバムの中で、最も好きな曲はこれ



「キャビアとキャピタリズム」

初めて聴いた時から好きで、車の中で何度も何度も繰り返し聴いている。



キレがある。

世の中の不条理を言葉とビートで叩いている。

動画も言葉の嵐だけで構成されていて、この曲のもつ力を見事に表現している。

でも叩かれているのは、権力者ばかりではなく、この世の中に住んでいる我々もなんだろうな、とも感じる。

最近、ここまで聴き込む曲はなかった。

自分にとっては今年一番の曲だ。

スポンサーサイト

 音楽

0 Comments

Leave a comment