HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

東京で寄ってみたい店 5

このシリーズも5回目。

よく続くものだ。



業界では非常に著名な靴リペア工房

浅草コブラー132185316122513215378_PB210013


「The Asakusa Cobbler」


この工房は、靴の修理のほかに、オリジナルシューズのオーダーも受け付けている。

価格もハンドソーンの靴としては良心的。

そして、オプションがものすごく多くて、注文主の細かな要求にもこたえられるようになっている。

とは言っても、あまりに要求過多になるとそれだけ注文代金が高くなってしまう。

今回の東京行きでは、羽田の「ハシモト」でオーダーした靴の受け取りと支払いがあるわけで、これに加えてなおオーダーをするのは経済的にはちときつい。

したがって、オーダーするかしないかまだ迷っている。



だが、もしオーダーするとしたら、デザインはこれでいこうと考えている。


florsheims1311-2.jpg



Florsheim 「The Viking」 S-1311

Europeanblendさんのブログから画像を拝借。

IMGP6190 (640x417)

IMGP6186_2014071914171389b (640x387)


欲しくて欲しくてたまらない靴。
初めて見た時から気に入っていた。
だが、ebayでもヤフオクでも出てこない。

そこで、この靴の画像をもとにオーダーしてみようかなと。

IMGP6206 (441x640)



もちろん、このアッパーの革質を現代に求めることはできない。

私のカッコ悪い足に合わせるのだから、こんなにカッコいい靴にはならないだろう。

でも、このキャップのピンギングや2×2連ステッチ、レースステイからソールに向けて直角に落ちるラインを今の靴で再現してみたい・・・・という欲求はある。


メールで質問してみたところ、幸い、こういう変わったデザインでも追加料金はかからないそうだ。

問題は革質だが、基本の革以外はオプション料金がかかる。

いろいろありすぎて困るが、ワインハイマーは+30,000(税抜)もする。

アッパーの革をどのあたりで妥協するかということになる。

まったく同じものを作ろうとは思わない。

スムースレザーもありうる。別な色にするかもしれぬ。

IMGP6189 (640x429)


たぶん、オーダーするかしないかは、東京に行ってから考えることになるだろう。

どっちに転んでもいいように、今からいろいろと計画だけは練っておこうと思う。


スポンサーサイト

 靴について

4 Comments

なおけんた  

Re: No title

europeanblend さん

> 私はなおけんたさんの50sフローシャイムプレーントゥが羨ましくてしょうがないです(^^ゞ
> スニゲーターさんおっしゃるように、やはりこのデザインのキモは例のピンキングの立体感なのかな、と。

革が分厚くないとなかなかあの立体感は出せないでしょうね。
そこが一番の懸案事項です。
ペラペラだとかえってカッコ悪い(笑)


> 革はスエードなんかも面白そうですね。
> 濃いグリーンスエードで作ってみたい気もします。。。
> い、いかん物欲が刺激される(^^ゞ

私はスムースレザーで「普通」にしてみようかなと。
アクのある靴のアクを少し抜いてみようかなと。

まあ,失敗の予感がプンプンしますね(笑)。

2015/11/24 (Tue) 18:40 | REPLY |   

europeanblend  

No title

私はなおけんたさんの50sフローシャイムプレーントゥが羨ましくてしょうがないです(^^ゞ

スニゲーターさんおっしゃるように、やはりこのデザインのキモは例のピンキングの立体感なのかな、と。

革はスエードなんかも面白そうですね。
濃いグリーンスエードで作ってみたい気もします。。。

い、いかん物欲が刺激される(^^ゞ

2015/11/24 (Tue) 15:32 | EDIT | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

> すさまじい計画を立ててらっしゃいますね。
> 老婆心的な一言ですが、キャップの部分のギザギザ。これが立つような角度はちゃんと伝えた方がいいと思われます。
> 私も同じタイプを先日ブログに載せましたが、そちらは寝てしまっていて僅かにですがはっきり印象が違いました。いやぁ、非常に細かい世界です。

ひととおりのデザインの靴は持っているので,オーダーでどんな靴をつくるかと考えたときに浮かんでこないんです。
ならば,好きだけどなかなか手に入らない靴と同じデザインで・・・と。
レプリカジーンズをつくる人もこういう感覚なのかなと。
ただ,こういう作業には優れたプロデュース力がないと難しいでしょうから,たぶん失敗するでしょう(笑)。
まあ,VIKINGに「似た」靴をつくった,ということで(笑)。

オーダーするかどうかも分かんないですけど。



> 私も密かに企んでいます。
> http://otope.blog.fc2.com/blog-entry-380.html
> これでスペードソールをいこうか?と思うのですが、事前にリサーチしなければ恐ろしい目に遭いそうです。30s現物一度手に取ったときに写真撮っておけばよかったです・・・。
> また値段が載っていないので、今度勇気を出して聞かねばならないのですが、とんでもない値段がしそうです・・・。

凄い靴ですね。
しかも高そう・・・。
古靴に造詣の深い職人さんなんでしょうね。
ビンテージシューズ風の靴はこういう人に頼むといいんでしょうけど・・・。

2015/11/24 (Tue) 07:52 | REPLY |   

スニゲーター  

No title

すさまじい計画を立ててらっしゃいますね。
老婆心的な一言ですが、キャップの部分のギザギザ。これが立つような角度はちゃんと伝えた方がいいと思われます。
私も同じタイプを先日ブログに載せましたが、そちらは寝てしまっていて僅かにですがはっきり印象が違いました。いやぁ、非常に細かい世界です。

私も密かに企んでいます。
http://otope.blog.fc2.com/blog-entry-380.html
これでスペードソールをいこうか?と思うのですが、事前にリサーチしなければ恐ろしい目に遭いそうです。30s現物一度手に取ったときに写真撮っておけばよかったです・・・。
また値段が載っていないので、今度勇気を出して聞かねばならないのですが、とんでもない値段がしそうです・・・。

2015/11/23 (Mon) 23:54 | REPLY |   

Leave a comment