HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

初めてのGORO

今回の東京、行こうと思っていたが行けなかった店が多々ある。

このブログで紹介した店でも、安藤製靴の「ORIGIN」、深野羅紗店、山本製靴(ここはさすがに勇気がいる)、大喜靴店、セプティズ、グーワタナベ、REGAL Shoe & Co.、STUMPTOWN・・・・・計画通りにはなかなかいかない東京旅行。

だがそれだから面白い。



計画通りに訪問が実現できた,私にとって初めての店もある。


巣鴨のGORO だ。


「ハシモト」とは対極にある店だと思うが,手作りという点では共通している。

土曜の夕方に立ち寄った。

IMG_0242.jpg


1Fでは店主のオヤジさんが作業をしていた。

最初は気難しい人かなと思っていたが,話すと気さくに対応してくれる(多少ぶっきらぼう)。


まずは足を採寸して,棚に並んだ靴から好きなモデルを選び,適応サイズを履く。

適応サイズは27cm。


びっくりしたのは,履く前に靴の踵をくぼみのある分厚い木の板にのせ,ガンガン金づちでたたく!

ワイルドすぎ。たたいて踵を柔らかくするのだろうか。


茶系の靴を選び,最初に履いたのは「モカシン」。

モカシン



次に履いたのは「チロリアン」。


チロリアン


どちらも革が分厚く非常に硬い(だから叩いたのか)。



ところが,甲が合わなかったり,

親指の上部がつま先の天井にあたったり,

親指の腹がつま先の壁の部分にあたったり・・・・。

GOROの靴は合わないのかなあ・・・・と思っているところに,この靴が目に入った。


DSC008111.jpg


プレーントゥ・ハーフ

これは柔らかい。

27cmを履いてみる。

履けるけどキツイ。

そこで27.5cmをお願いしたところ,同じモデルの黒を2Fから出してきた。

履き口は少しきついが,足が入ってしまうとこれがピッタリ。

柔らかい革が足を包み込むような履き心地。

ソールは分厚くごついが,とても柔らかく,軽やか。

自分にとっては禁断のブーツだが,これだけ柔らかければ飽きないし,辛くないのではないか。

スニーカー感覚で履ける。


ハイ,お買い上げ。



ただし,茶の在庫がないのでこれから作ることになる。

1か月後には届くとのこと。

GOROの代名詞である登山靴ではないが、

最初からそういうハードなモノは求めていない。

街履き用のGOROは意外にも軽く、優しく、履きやすい靴であった。
スポンサーサイト

 靴について

2 Comments

なおけんた  

Re: No title

europeanblend さん

> ゴローといえば植村直巳さん。。。
> ちょうどワークオクスフォード探しているので、
> 「モカシン」良いなあ、と。>
> 届くのが楽しみですね。興味津々です。

ゴローは,硬いのから柔らかいのまで,同じモデルでも木型を変えていたりと,なかなかバラエティに富んだラインナップです。私が注文した奴は,見かけは朴訥としてますが,試し履きしたときに,革が足に貼りつくような感じで驚きました。


> 今年は東京行く予定なかったのですが、なおけんたさんの記事を見て、急遽来週あたり計画を立て始めました(^^ゞ
> 行きはLCC、帰りは「キングオブ深夜バス」はかた号。
> チケット安く取れれば、ですが。。。

深夜バス,14時間くらいですよね。すごい・・・・。
私は往復LCCで,25000円くらいでしたが,何か月も前に取りましたからね。確実に予定が立っていれば安心して格安チケットが取れるんですけどねえ。

ぜひ,東京を楽しんでください。
あっ,それから,私,東京はまだ隠しネタがあります(笑)。

2015/12/02 (Wed) 13:13 | REPLY |   

europeanblend  

No title

ゴローといえば植村直巳さん。。。
ちょうどワークオクスフォード探しているので、
「モカシン」良いなあ、と。

届くのが楽しみですね。興味津々です。

今年は東京行く予定なかったのですが、なおけんたさんの記事を見て、急遽来週あたり計画を立て始めました(^^ゞ

行きはLCC、帰りは「キングオブ深夜バス」はかた号。
チケット安く取れれば、ですが。。。

2015/12/02 (Wed) 12:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment