HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

保護した General Research その後

セカンドストリートのセールで保護したGeneral Research 、金1,436円(税込み)也。

GR naname GRマッドガード汚れ比較

余りにも汚いので洗う。

01e3eea6f4e0b01e8958116d1e85401e6dd6c63eb6.jpg 01597d411af7945fff29e525373c2fe447461012df.jpg

しっかりと濯いで、乾燥させた結果・・・・

01bd639368c60abe343dbe14e638ce5e586195e0bf.jpg 011a9bd177aec103999b2634c13a6383d4703d992d.jpg

生ゴムのマッドガードは少しは奇麗になったけれど・・・・これが限界。

アッパー全体は非常にすっきりした。



だが、この靴の問題点は他にもある。

まず、マッドガードはところどころ破れていて、内側の縫いが見えるところがある。

踵もマッドガードごと斜めにかなりすり減っていて、履くと体が傾く。

こうなると、素人レベルでは改善できない。

そこでプロに相談。

地元のミスターミニットへ。

ここの店主はベテランらしく腕はいいのだが、慎重な方。

「マッドガードを新しく交換できませんか?」

「この生ゴムを剥がすのはやったことがないんですよねえ・・・」と弱気な発言。

「ヒールの傾きを直すことはできますか?」

「この茶色のスポンジを擦れた部分に貼る方法ですかね・・・」

だがこれでは、一部分だけ素材感が違って、明らかに直しました的な感じで見た目がカッコ悪い。
しかも、スポンジだとすぐにすり減ってしまう。

そこで次のような提案をした。

ヒールのすり減っているところまで思い切って水平に削って平らにする。
そして、耐久性のあるトップリフトをヒールを全面に貼る。

店主はミニットオリジナルのトップリフトとビブラム製のトップリフトを見せ、ビブラムの方が1.5倍耐久性があると教えてくれた。
何百円か高いだけ。はいビブラム決定。

そしてこのようになった。


GR リペア5 (645x800) GR リペア6 (800x600)

リペア料金 3,240円也。靴の倍以上(笑)。

GR リペア4 (2) (800x513) GR リペア8 (800x326)

GR リペア7 (3) (600x800) GR リペア3 (2) (800x359)

踵のマッドガードが黒く汚れているので、黒いトップリフトでも違和感がない(笑)。

履き心地は格段に上がった。

そして次はこの作業。

マスキング前 (800x600)

マッドガードの上をぐるりと1周している革のパイピング。

色落ちしてみっともない。これに色を付ける。

これは素人でも可能な作業。

マスキング1 (800x388)

マスキングして

マスキング 2 (800x600)

補色力に優れた焦げ茶の靴クリームを塗り込み、磨く。

マスキング後 (2) (800x671) マスキング後 (800x600)


マッドガードに不満は残るものの、何とか履けるレベルにはなったかな。

本体1,436円+リペア料3,240円=4,676円  

靴自体はしっかりとした作りで、これからまだまだ履ける。

捨てられていた猫を拾って育てている感じで、気分がいい(笑)。



ただ、この靴を今後まだ”いじる”計画は頭の中で進行中なのだ。


tamesihaki (2) (719x800)



スポンサーサイト

 靴の手入れ

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/23 (Sat) 16:46 | REPLY |   

Leave a comment