HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

Johnston & Murphy ARISTOCRAFT

最近、安すぎるUSEDの革靴に跳びついている。

General Research しかり、
ALDEN しかり、

そして今回は・・・・

JMロゴ (10) (784x800)

Johnston & Murphy ARISTOCRAFT

安すぎるのはそれなりにリスクを伴う。

何か「難」があるのだ。

JM手入れ前 (2) (800x729)

だが、甲に皴が多い以外は大きなダメージはなさそう。

何より、このロゴのJ&Mは今まで手にしたことがないし、あまりにも安かったのでつい手を出した。



そして届いた靴を見たら・・・・


01fbc15a92bb9dba1188d25be318ac6eb025971b1f (800x600)

左足外側に刃物で切ったかのような筋状の傷。

部分的には結構深い個所もある。

トゥにも同じような筋状の傷があるが、トゥは屈曲しないのでこれ以上ひどくなることはない。

だが、ここは柔らかいので本当にぱっくり裂けてしまうのではないか?

しかも見栄えが悪い。



そこで、大胆な手入れを考えて実行した。


失敗してもそんなに悔しくない値段で買ったからできる実験。


かみやすり (800x483)


かみやすり (2) (800x600)

深い傷の部分をサンドペーパーで削った。

最初は粗目のペーパーで大まかに削り、

非常に目の細かいペーパーできれいに均す。

深い傷は見えなくなった。

そのかわり、吟面もかなり削れた(なくなった?)。


この白い部分に施術して仕上げた結果・・・・・

JMななめ (4)

JMななめ (5) - コピー

傷直し後 (2)

傷跡は残っているが、かなり目立たなくなった。

よーく見ると、削った部分が少しだけくぼんでいるように見えるのだが・・・。

まあ、素人にしてはまずますといったところか。

アッパーの革はなかなかモチモチして弾力性がある。

が、若干ガラズレザーっぽい。

アリストクラフトの割には質感はいま一つといったところ。

年代はよくわからないが、おそらく70年代~80年代だろうか。

コストカットで質は落ちてきた時代のモノなのだろう。

サイズはちょうどよいので、普段履きに十分使える靴である。

0165ced58bd0114f223facec602a0f1341fc80707d.jpg

~~追加~~

トップリフトの画像

トップリフト



スポンサーサイト

 靴について

11 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/01 (Mon) 22:16 | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

tomojin329 さん

> J&Mのアリストクラフトは質の幅が広く、単にアリストクラフトだけで検索しても残念なペアも多くて探すのが厄介な気がします。
> やはりコンビの物か、釘打ち仕様のペアを探すのがJ&Mの古靴では無難でしょうか・・・。
> 私も1つウォッチしているJ&Mがあるのですが、もう少し安くならないかな?と^^;


釘打ち仕様や手書き文字の奴は間違いないでしょうが,なんせ数が・・・・。
私が狙っているデッドストックは,即決だけでmake offer の設定がないんですよね。
なかなか手が出ません。
J&Mはなかなか手ごわいですね。

2016/01/25 (Mon) 18:16 | REPLY |   

tomojin329  

No title

J&Mのアリストクラフトは質の幅が広く、単にアリストクラフトだけで検索しても残念なペアも多くて探すのが厄介な気がします。

やはりコンビの物か、釘打ち仕様のペアを探すのがJ&Mの古靴では無難でしょうか・・・。
私も1つウォッチしているJ&Mがあるのですが、もう少し安くならないかな?と^^;

2016/01/25 (Mon) 17:04 | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

europeanblend さん

> 私が見た範囲では、「made in USA」表記なしのアリストクラフトはトップリフトが釘打ちか、または楔形ゴムでした。私の72年の手書きACも楔形でUSA表記なしです。

なるほど。
ずっと前から目をつけているマイサイズのデッドストックがまさにそれですね。
もう少し安くなるか、円高にならないかなと思って待っていますが・・・。



> >それから、王冠のついた「CROWN ARISTOCRAFT」は80s、90sなのでしょうか?
>
> だと思います。
> 少なくとも私は現在までのところ、70sっぽいのを見たことがありません。フローシャイムに追随したとすれば、70s終わりにあってもおかしくないとは思いますが。
> 実は特定のリテーラー向けに作ってた「隠れJ&M」が存在していまして、箱にはその店名とJ&Mロゴが入っているのですが、靴には店名だけ、というパターンがあるようです。

例えば、Frank Brothes あたりもそれですね。
隠れJ&MやJ&Mの古い奴にとても興味が湧いてきています。
いわゆる高級大衆靴ではなく、高級靴のカテゴリーに入る靴でしたので、60s以前の(70sはじめも含めて)個体を少し狙ってみたいと考えています。

情報ありがとうございます。

2016/01/24 (Sun) 10:19 | REPLY |   

europeanblend  

No title

>「組み文字」だけで「made in USA」表記がない個体は古いと思っているんですが・・・・。どうでしょう。


私が見た範囲では、「made in USA」表記なしのアリストクラフトはトップリフトが釘打ちか、または楔形ゴムでした。私の72年の手書きACも楔形でUSA表記なしです。


>それから、王冠のついた「CROWN ARISTOCRAFT」は80s、90sなのでしょうか?


だと思います。
少なくとも私は現在までのところ、70sっぽいのを見たことがありません。フローシャイムに追随したとすれば、70s終わりにあってもおかしくないとは思いますが。

実は特定のリテーラー向けに作ってた「隠れJ&M」が存在していまして、箱にはその店名とJ&Mロゴが入っているのですが、靴には店名だけ、というパターンがあるようです。


2016/01/24 (Sun) 00:40 | EDIT | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

europeanblend さん


> ちょっと今J&M調べてて、アウトソールの刻印知りたかったのですが、この時代、「J&M」か「組み文字+made in USA」の2種類あるようです。

「組み文字」だけで「made in USA」表記がない個体は古いと思っているんですが・・・・。どうでしょう。それから、王冠のついた「CROWN ARISTOCRAFT」は80s、90sなのでしょうか?



> このガラスっぽい革ですが、他メーカーを見ても、この時代こういう感じの多いので、一種の流行という側面もあったのかもしれないですね。機能重視というか。もちろん、おっしゃるように安い海外靴に対抗するためにコストダウンを図った、というのが大きいのでしょうけど。

なるほど。リーガルのガラスレザーよりはずっと柔らかくて弾力性がありますので、それなりにいいのかなとも思っています。
ただ、インソールはいけません(笑)。これも当時の流行なんでしょうかねえ。

2016/01/23 (Sat) 22:09 | REPLY |   

europeanblend  

No title

ゴムヒール画像、ありがとうございました。
これは私のコードバンJ&Mと同じですね。
ちょっと今J&M調べてて、アウトソールの刻印知りたかったのですが、この時代、「J&M」か「組み文字+made in USA」の2種類あるようです。

このガラスっぽい革ですが、他メーカーを見ても、この時代こういう感じの多いので、一種の流行という側面もあったのかもしれないですね。機能重視というか。もちろん、おっしゃるように安い海外靴に対抗するためにコストダウンを図った、というのが大きいのでしょうけど。

簡素化ロゴのアリストクラフトは、だいたい90s以降と推測しています。某店に93年と95年のバーコード+箱付きデッドがそれでした。持ち直したのかもしれないですね。

2016/01/22 (Fri) 23:10 | EDIT | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

europeanblend さん

> ご推察の通り、おそらく81年製と思われます。
> 「105」=81年5月。
> 71年ならmade in USA表記は基本的にはないはずですし、
> 91年にはロゴが簡略化されてるはずですから。

なるほど,J&Mの年代判別はこれですね。
81年にもなるとアリストクラフトでもこうなるということですね。
ただ,このロゴよりもう少し簡略化された型押しのロゴのタイプはこれより後年か同時期だと思うのですが,こちらのロゴの個体で,明らかに素晴らしい革を使っていたアリストクラフトを手にしたことがあります。
品質が再び改善されたのでしょうかね。
いずれにしても,このころは日本製のものの方が品質が明らかに上だったんでしょうね。



> たぶん、トップリフトはゴムで斜め線が入ってて、アウトソールに“J&M”とあると思うんですが。。。

あとで画像を追加で載せます。
ゴムのトップリフトで,斜め線が入っています。
筆記体で「Life Long」,ブロック体で「SULVAPRENE」と刻印されています。
レザーソールには「J&M」の刻印はありませんね。
オールソールされた形跡はありません。

2016/01/22 (Fri) 09:38 | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

スニゲーターさん

> ただ集めるだけではなく趣味が高じてきたということでしょうか。
> 素晴らしい事です。
> 革が好きだと縫ってみたい願望が産まれます。どこまで我流で行ける世界かは知りませんが(笑)

最近,「いじる」意欲が高まってきた感じです。
人体実験ならぬ靴体実験に走る悪の組織の科学者のようになってきています(笑)。
結果,失敗しても諦めがつくような靴に手を出している感じですね。
この傾向は気をつけなければいけません。
もちろん,靴を大切にする気持ちの方が強いんですけど。



> J&Mはガラスっぽいものが結構混じっていますね。私もかつて遭遇しました。
> 80sのフローシャイムみたいに何かしら表面が加工を受けてますよね。

アッパーの質の変化は,アメリカの不況の影響をもろに受けているのかなと。
インソールもレザーではありません。
フローシャイムのレギュラークラスと同じようなものです。
「MAN MADE INSOLE」ですからね。紙か革屑の集合材ですかね。
アリストクラフトでこれはいかんと思います。
ただ,悲しいことにサイズはばっちりなんですよ(笑)。

2016/01/22 (Fri) 09:28 | REPLY |   

europeanblend  

No title

ご推察の通り、おそらく81年製と思われます。
「105」=81年5月。
71年ならmade in USA表記は基本的にはないはずですし、
91年にはロゴが簡略化されてるはずですから。

たぶん、トップリフトはゴムで斜め線が入ってて、アウトソールに“J&M”とあると思うんですが。。。

2016/01/22 (Fri) 05:41 | EDIT | REPLY |   

スニゲーター  

No title

ただ集めるだけではなく趣味が高じてきたということでしょうか。
素晴らしい事です。
革が好きだと縫ってみたい願望が産まれます。どこまで我流で行ける世界かは知りませんが(笑)

J&Mはガラスっぽいものが結構混じっていますね。私もかつて遭遇しました。
80sのフローシャイムみたいに何かしら表面が加工を受けてますよね。

2016/01/22 (Fri) 01:02 | REPLY |   

Leave a comment