HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

初めての大学受験

ここのところ、忙しい。

仕事で忙しいわけではなく、気持ちが忙しい。

長男の大学受験である。

akahon.jpg




本人にとって初めての経験だが、私も親としては初めての大学受験。

自分が受験するのとは勝手が違う。

家計のことも考え、国公立大学への進学を第一希望としているが、これがなかなか・・・・。


「過去問、難しい・・・」
「なんでこんな答えになるんだ?」
「意味わからん・・・・」
「前はわかっていたところなのに今はわからんようになった」
「あ~もう、時間が足りん」


本人もあせるが、親の方が気が気でない。

時間がないと言ってる割りには休憩時間が長い(笑)。
眠いと言いながらゲームをする。
マイナス思考とハイテンションの差が激しい。

不安を通り越してイライラする(笑)。

が、それを表情に出してはいけない(と思いつつも、出てしまうのだが)。


親として言えることは、

「余計なことは考えんでいいから、集中しろ」

果ては

「お金のことは心配せんでいいから、別に私立でもいいんだぞ。それくらいの気持ちで落ち着いてやれ。」

などと、自分が一番落ち着かなくなることを言ってしまう(笑)。



実際、私立と国公立では費用がずいぶん違う。

県外の大学となるとなおさらだ。

下にまだ2人もいるし、娘は高校受験、末っ子は中学進学だ。

なんと、3人同時進学なのだ。

経済的な負担を考えると、ますます気が気でない。

だが、そういう顔は「今は」見せてはいけない、と思っている。



そして、センター試験が終わった・・・・・


center.jpg


息子としては、ベストではなかったが、ワーストではない。

理系のくせに国語が一番点数がよかったというおかしな結果で、何とか許容範囲に土俵際残ったという感じ。

第一希望の地元の国公立は厳しいが、県外なら何とかいけるのではないかという判定。

「県外か・・・・苦しいなあ」

と思いつつ(顔には出さない)も、受験する大学を決定した。

もちろん、不安なので私立を2校受験する。

だが、こっちの方が合格は難しいかも(笑)。

wsd.jpg

※ すいません、これイメージです。この大学は受けません(笑)。



私立大学の困ったところは、合格した場合、入学金を納める期限が国公立の合格発表より前なのだ。

もし、国公立に合格した場合、私立大学の入学金は捨て金になる・・・・。

また金の不安(笑)。


ただ、私立は、地元に受験場が用意されている点は良心的。

出願もweb出願ができるので、出願に伴うイライラはそれほどでもない。



一方、国公立はその大学で受験しなければならない。

すぐに飛行機のチケットを手配し、ホテルを予約したが、結構な費用になる。


願書は息子と一緒に書いたが、これがもう大変。

失敗できないから鉛筆で下書きして、内容を確認してからボールペンで清書。

募集要項には難しいことがたくさん書いてあるし、同じ名前を何度も書かなければならないし・・・・・心が疲れてくる。



そして昨日、願書を書留で郵送し、受験についてのすべての「準備」を”やっと”終わらせることができた。


バックアップは全力でするが、我々夫婦のできることはここまで。

あとは本人の頑張りしかない。

我々が本人の代わりに受験することはできないのだ(そんなことができたら不合格確実だ!)。



3月の合格を祈りつつ、私の行動は次の段階に突入した。

今、私がコソコソやっているのは、

教育ローンの契約に向けての情報収集である。

ローン4



学校では「受験は団体戦」という言葉をよく聞くが、これって、親も含めてなんじゃなかろうか?

我が家の団体戦は今、スタートラインに立ったばかりである。
スポンサーサイト

 家族

0 Comments

Leave a comment