HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

YAMABIKO

新しい音楽を聴かなくなって久しい。

毎年、何百、何千、何万という歌やミュージシャンが世に出ているのに、

私はいまだに自分が若いころに聴いていたミュージシャンの曲ばかり聞いている。

ひどいときは、そのミュージシャンたちの昔の曲ばかり聞いていることもある。

音楽までヴィンテージだ。



だが、年が明けて、偶然聞いた歌に心を打たれた。

いや、「撃たれた」と言ってもいい。



それは

「YAMABIKO」  という曲。

歌い手(作り手でもある)は

「Nakamura Emi」  という女性。


デビューしたばかりの新人だが、歳は30を越えている。

インディーズでの長いキャリアがバックグラウンドにある。



初めてこの曲を聴いて不覚にも涙を流した(笑)。

ミュージックビデオを見てまた涙した。



歌詞だけ見ると、50過ぎのおっちゃんの立場から言えば青臭い言葉もある。

だが、そういう小さいことはどうでもいいと思うくらい心に響いた。

評論家ではないのでうまく説明できないが、

言葉の洪水と曲と彼女の歌声が一つとなって私の心を叩いてきたのだと思う。







勢いあまって、家族に「この歌を聴け!」と強要して子供たちのヒンシュクを買った(笑)。

だが嫁さんだけは理解を示してくれた。

ガキにはまだわからんのだ!


NAKAMURA.jpg



久しぶりに、歌にはまだ力があるのだということを教えてくれた曲。

毎日、通勤の車の中で聴いて自分を奮い立たせている。


スポンサーサイト

 音楽

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/10 (Wed) 23:54 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/10 (Wed) 23:07 | REPLY |   

Leave a comment