HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

宴の後

「佐野元春&THE COYOTE GRAND ROCKESTRA 」

当日は朝からあいにくの雨。

天候不順の中(ホールコンサートだから別にいいんだけど)、朝の8:00には鹿児島へ向けて出発。

途中の高速は雨に加えて霧まで出てきた(笑)。

実は私は雨男。

雨が降ってほしくない時には雨が降り、降ってほしい時には降らない。

見事に本領発揮(笑)。

012f6217db0bdb2bc09c501c38b6394e5170e82b0f.jpg

11時には会場に到着

開演は17:00(笑)

駐車場に車を停めて(1日200円とは安い)鹿児島市内をぶらぶらして、開場時間の16:00には会場に戻ってきた。


いざ、と思ったらステージ調整が遅れているのでしばし待つ。

01d78461c69f65aecf146141c9053799c210e6607f.jpg


今日はコンサートに備えてMR2002を履いてきた。

それほど遅れることもなく、17:15には開演。

当たり前の話だが、観客の平均年齢は高い(笑)。

35周年だからね。私が高校生の時に聴いてから35年・・・・51なんだから。

元春なんて3月で60・・・・。



だが、ロックショウはものすごい盛り上がりを見せた。

ほとんど休憩なしの3時間半、アンコールの間の休憩も短い。

しかも、動かなかったのはバラードのときだけ。

話が長くて3時間超えるコンサートはいろいろあるが、こちらはそうではない。

最初から最後まで歌いっぱなし、踊りっぱなし、叫びっぱなし。

若いころから元春のコンサートに何度も参加しているが、彼のエネルギーは全然変わらない。

体も動く。

今年還暦を迎えるとは思えない。



しかもただ長いだけではない。内容も最高。本物のロックショウ。

35年もの間、変わらず高いレベルのロックコンサートを続けていることに勇気づけられる。

ただただ楽しい。嬉しい。

同じ空間、同じ時間を共有している幸せ。

自分の体力の方が心配だったが、大丈夫だった。

人間、結局は気持ち次第で何とかなるのかもしれない。

もう歳だから・・・老いを感じてきた・・・そんな言葉がついつい出ている自分が少し恥ずかしくなった。

できないこと、やろうとしないことの言い訳をしていただけなんだな。


朝から雨で嫌な感じだったけど、素晴らしい夜だった。

夜なのに雨なのに、気持ちは日本晴れ。


2h95.jpg




心地よい疲れとともに鹿児島を出発したのが10:00。

後は帰って寝るだけ・・・・・と思っていたら大変だった。


帰りの高速は断続的な大雨!

ときどきバケツをひっくり返すような雨。

私はだいたい夜目が利かない方なのだ。

それに加えてこの大雨。路面が光って見えにくい。

しかも朝より霧がひどい。

さらに雷!

神経をすり減らすドライブ・・・・。


何かが私をいじめているとしか思えない。





神様のいたずらか?あまりに幸せだったからか?

最高の夜の後には最低のドライブが待っていた。




もう笑うしかない。


やっぱり俺は雨男だったんだな・・・・



スポンサーサイト

 音楽

0 Comments

Leave a comment