FC2ブログ

HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

サフィール 色補修クリーム


 みなさん、靴や革製品がキズや擦れ、経年変化などで色が落ちてきたとき、どうしていますか?時には、靴の手入れをするために保革クリームを塗った結果色落ちしてしまうこともあります。色のついた靴クリームを塗り込んでもあまり変わりません。傷もまた革の魅力ではあるけれど、周囲の色とあまりにも不自然な違いがあるとがっかりします。

 で、先日購入したこの「サフィール レノベイティングカラー補修クリーム」。色むらのあった焦げ茶の靴に使ってみたところ、色の乗りがとてもいい。10分ほど待てばしっかりと色の補修ができます。しかも非常に自然な感じで、「ここだけ色を補修しました」的な違和感がありません。もちろん、色の選び方、相性があるとは思いますが、色の数がものすごく豊富なので、ほとんどの色をカバーできると思います。自分的には近年まれにみるヒット商品(自分が購入したものの中では、という意味です)ですね。

スポンサーサイト



 靴について

10 Comments

なおけんた  

Re: No title

マサキさん


> 相変わらず飛ばしてますね~
> 靴棚を新調された辺りから期待してましたが、益々のご活躍。
> 靴好きとしては頼もしい限りです(^^)

今更ながら、ブレーキがかかりません。でも年に一度ですからね。


>
> かく言う私はと言いますと、あまりオークションを物色することも無く、
> Hanover L.B.Sの加工に没頭しておりました。
> 試行錯誤暗中模索七転八倒の結果がこちらです。
>
> http://i.imgur.com/jumJML7.jpg
> http://i.imgur.com/I8RdKXS.jpg
>
> あまり人様にお見せするような物でも無いのですが、なおけんたさんにはアドバイスもいただいたので、ご紹介しておこうと思います。
>
> 色目はダークグリーン。
> やってみて分かったのですが、研磨、染色、色止め、バケッタ加工、全ての工程が色に影響を及ぼすので、この色に到達するまで何度もやり直ししました。
> しかしまぁ何とか、ムラはありますが、デニムに合わせるくらいなら使えそうな感じに仕上がりました。
>
> 途中何度か投げ捨てようかと思ったこともありましたが、作業の過程で得られた知見、習得したテクニックもあり、またやることがあれば次回はもう少しうまくできそうです。
> (あっては困りますが(^^ゞ)
>
> 最近 super8shoesさんも染め加工に力をいれているようですし、はやりに乗っかってるような気分で、なかなか楽しめましたよ。

凄いですね。
私なんか失敗するからすぐ挫折しますけど、根気強く取り組まれたんでしょうね。
試行錯誤と粘り強さの賜物ですね。
見習いたいです。
染めによって靴が復活するのは古靴の新しい流れかもしれませんね。

2015/02/14 (Sat) 20:48 | REPLY |   

マサキ  

No title

なおけんたさん、お久しぶりです。

相変わらず飛ばしてますね~
靴棚を新調された辺りから期待してましたが、益々のご活躍。
靴好きとしては頼もしい限りです(^^)

かく言う私はと言いますと、あまりオークションを物色することも無く、
Hanover L.B.Sの加工に没頭しておりました。
試行錯誤暗中模索七転八倒の結果がこちらです。

http://i.imgur.com/jumJML7.jpg
http://i.imgur.com/I8RdKXS.jpg

あまり人様にお見せするような物でも無いのですが、なおけんたさんにはアドバイスもいただいたので、ご紹介しておこうと思います。

色目はダークグリーン。
やってみて分かったのですが、研磨、染色、色止め、バケッタ加工、全ての工程が色に影響を及ぼすので、この色に到達するまで何度もやり直ししました。
しかしまぁ何とか、ムラはありますが、デニムに合わせるくらいなら使えそうな感じに仕上がりました。

途中何度か投げ捨てようかと思ったこともありましたが、作業の過程で得られた知見、習得したテクニックもあり、またやることがあれば次回はもう少しうまくできそうです。
(あっては困りますが(^^ゞ)

最近 super8shoesさんも染め加工に力をいれているようですし、はやりに乗っかってるような気分で、なかなか楽しめましたよ。

2015/02/14 (Sat) 17:14 | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

マサキさん

> さてさてその後のHanover L.B.Sですが、染色してみました。
>
> こちらです。
> http://i.imgur.com/4JhEmAY.jpg
>
> いろいろ問題が発生し、むらむらです(笑)
> やっぱり染色は奥が深く、ド素人の私にはハードルが高かったようです(..;)
> でもまぁ「味」ということで(笑)
>
> このままではズボンの裾が緑になること必至ですので、色止め処理をする予定です。
> それで何となく様になるようだったら、上部もやってなんちゃってスペクテイターに。
>
> そんでもってもう片方も・・・先は遠いです。
> と言うか、果たして履ける靴になるのか
> いや、そこまでやって履くのか、はなはだ疑問です(笑)

画像を見る限りは、いい感じに染まっているように思えますが・・・。
考えようによっては、スムースレザーよりもヌバック状のほうが色ムラを許容できそうですよね。
一緒に写っている玄関前の置物と同じ色目ですが、意図的ですか?

完成まで、時間と労力がかかりそうですが、是非継続してください。
最終的な出来栄えが楽しみです。


>
> Lancasterきれに直るといいですね!

今、いくつか候補となっているリペア店にメールで修理内容と料金の見積もりをお願いしているところです。
今のところ、1店だけ回答してくれました。
あと4日のうちには(直前ですな)、依頼する店を決めたいと思います。

2015/01/18 (Sun) 15:40 | REPLY |   

マサキ  

No title

なおけんたさん、こんにちは。

さてさてその後のHanover L.B.Sですが、染色してみました。

こちらです。
http://i.imgur.com/4JhEmAY.jpg

いろいろ問題が発生し、むらむらです(笑)
やっぱり染色は奥が深く、ド素人の私にはハードルが高かったようです(..;)
でもまぁ「味」ということで(笑)

このままではズボンの裾が緑になること必至ですので、色止め処理をする予定です。
それで何となく様になるようだったら、上部もやってなんちゃってスペクテイターに。

そんでもってもう片方も・・・先は遠いです。
と言うか、果たして履ける靴になるのか
いや、そこまでやって履くのか、はなはだ疑問です(笑)

Lancasterきれに直るといいですね!

2015/01/18 (Sun) 15:07 | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

マサキさん


> なるほどー。
> となると、やはり染め→場合によってバケッタ
> が無難かな?
>
> 参考になりました。
> ありがとうございます!
>
> ちなみにまだ作業途中ですが、かわいそうなHanover君の図です。
> http://i.imgur.com/Uff8bE7.jpg
>
> 縫製を避けて研磨するのが結構大変(^^ゞ
> これも経験と思って、地道に楽しみながらやっていくつもりです。

画像を見ましたが、いい感じにヌバックになってますね。
仕事が丁寧で見事ですね。
これだと、仕上げを大事にしてあげたいですね。
出来上がったら画像をお願いします。

2015/01/12 (Mon) 14:17 | REPLY |   

マサキ  

No title

なおけんたさん。

なるほどー。
となると、やはり染め→場合によってバケッタ
が無難かな?

参考になりました。
ありがとうございます!

ちなみにまだ作業途中ですが、かわいそうなHanover君の図です。
http://i.imgur.com/Uff8bE7.jpg

縫製を避けて研磨するのが結構大変(^^ゞ
これも経験と思って、地道に楽しみながらやっていくつもりです。


2015/01/12 (Mon) 12:14 | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

マサキさん


> ヌバックにこだわりはありません。
> レノベイティングカラーを使うなら、更に細かいペーパーかけて平滑化するつもりですし。
>
> 気になっているのは、レノベイティングカラーが表面に樹脂皮膜を形成するような物だと、屈曲部でまた割れてしまうのではないか?
> という点です。
> 染料に近い物なのか、コーティング剤に近い物なのか。
> コーチング系でも屈曲に耐えられそうか、その辺の感触を教えていただけると幸いです。

レノベイティングカラーはコーティングですね。
染めるのではなく、被膜形成です。
屈曲に耐えられるかどうかは、経験がないのでわかりません。
ただ、レノベイティングではありませんが、以前、地元の靴リペア店に靴の染め直しをお願いしたことがあります。これもコーティングで、塗料(顔料)の吹付でした。はじめは綺麗でしたが、履いているうちに屈曲部の色が落ちてきました。割れてはいません。たぶん、屈曲部が擦れて色落ちしてしまうのでしょう。ペンキを塗るようなものですからね。レノベイティングも同様のことが起こるかもしれません。あくまで推測です。



> ムラに関しては同社のローションと混合して薄めて塗ること、
> あとどこかのブログで、ムラになった後、再度ペーパーがけすることできれいになるというようなことが書かれていました。

なるほど、勉強になりました。
失敗した財布、まだ持っているので、試してみようかな?

2015/01/12 (Mon) 11:20 | REPLY |   

マサキ  

No title

なおけんたさん。

ご回答ありがとうございます。
ヌバックにこだわりはありません。
レノベイティングカラーを使うなら、更に細かいペーパーかけて平滑化するつもりですし。

気になっているのは、レノベイティングカラーが表面に樹脂皮膜を形成するような物だと、屈曲部でまた割れてしまうのではないか?
という点です。

染料に近い物なのか、コーティング剤に近い物なのか。
コーチング系でも屈曲に耐えられそうか、その辺の感触を教えていただけると幸いです。

ムラに関しては同社のローションと混合して薄めて塗ること、
あとどこかのブログで、ムラになった後、再度ペーパーがけすることできれいになるというようなことが書かれていました。

2015/01/12 (Mon) 10:37 | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

マサキさん、あけましておめでとうございます。


> 古い記事へのコメントで恐縮ですが
> こちらの商品、靴の屈曲部にも使えると思いますか?
> 実は私のHanover L.B.Sのクラックがひどく、廃棄しようと思ったのですが、最後のあがきでちょっと遊んでみることにしました。
>
> 靴磨きで有名な Brift Hさんのこちらのブログ
>
> http://brift-h.com/blog/2014/09/post-125.html
>
> を参考に、フルブローグの一番ソールに近いエリアをぐるり一周、クラックのあった銀面をサンドペーパーで削り落としてヌバックにしてしまいました。
>
> このあと、何らかの方法で色付けが必要なのですが、当初はこちらのブログのように、染料で染めようと思っていたのですが、染めはやったことないし、ハードル高いかと思いまして・・・
>
> 他の方法はないかとググったところ、レノベイティングを知り、更にググったところ、なおけんたさんの行き着いたという次第です。(さすがです)
>
> うまくいったらなんちゃってスペクテイターになる予定です。
> 一度は捨てようと決心した靴なので、なんでもアリです(笑)

このレノベイティングカラーは、色付きが非常によく、自然な感じが出ます。
ただ、個人的な感想で言うと、狭い範囲で色を付けるためのモノかなと思います。
実は、タイトブラウンの財布の色をダークブラウンに変えようと思って、これを使いましたが、見事に失敗しました。ムラだらけになりました。
塗り方がへたくそだからかもしれませんが、広い範囲に施すにはかなりのコツが必要だと思います。
それから、使用上の注意に「スエードやヌバックなどの起毛革には不可」とあります。
ヌバックの風合いを大事にされるのであれば、使わない方がよろしいかと思います。ヌバックに使うと毛が寝てしまうかなと・・・。ヌバックの風合いを大事にされるなら、起毛革用の補色スプレーの方がいいのではないでしょうか(使ったことがありませんが)。
ただ、ユニオンワークスで、汚れた起毛革をバケッタ革風にするサービスがあります。
http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-date-200903.html
これは起毛革に無理やりクリームかオイルを塗りこんでいると思うので、レノベイティングを塗ればこれと同じ効果が得られるかもしれません。

私も経験がないのでこの程度の推測でしか語れません。ごめんなさい。
施術後の報告をいただければ、こちらが参考にさせてもらいたいです。よろしくおねがいします。

2015/01/12 (Mon) 09:30 | REPLY |   

マサキ  

No title

なおけんたさん。
あけましておめでとうございます。
準備もなさったようですので、今年も期待してます。(なんの?笑)

古い記事へのコメントで恐縮ですが
こちらの商品、靴の屈曲部にも使えると思いますか?

実は私のHanover L.B.Sのクラックがひどく、廃棄しようと思ったのですが、最後のあがきでちょっと遊んでみることにしました。

靴磨きで有名な Brift Hさんのこちらのブログ

http://brift-h.com/blog/2014/09/post-125.html

を参考に、フルブローグの一番ソールに近いエリアをぐるり一周、クラックのあった銀面をサンドペーパーで削り落としてヌバックにしてしまいました。

このあと、何らかの方法で色付けが必要なのですが、当初はこちらのブログのように、染料で染めようと思っていたのですが、染めはやったことないし、ハードル高いかと思いまして・・・

他の方法はないかとググったところ、レノベイティングを知り、更にググったところ、なおけんたさんの行き着いたという次第です。(さすがです)

うまくいったらなんちゃってスペクテイターになる予定です。
一度は捨てようと決心した靴なので、なんでもアリです(笑)


2015/01/12 (Mon) 00:10 | REPLY |   

Leave a comment