HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

Lee Kee 香港靴


入院中の落札靴 第1弾

20160814005049178.jpeg

20160814005047b6a.jpeg

“Lee Kee” 香港の注文靴


201608140050452a4.jpeg

非常に上質なスエード

201608140059221b5.jpeg

右足のトゥの色落ちが少し目立つ。


20160814005046505.jpeg



20160814005046621.jpeg

レザーソールのつま先には金属がセット。

20160814005924b3e.jpeg

小さく丸い型押し模様は、この靴屋の靴に共通する意匠。

出し抜いのピッチが一定ではないのは手縫いだからか?

2016081400592420e.jpeg

インソールのエッジが波打っているのはハンドソーンの証。

20160814012222de4.jpeg

インソールには規則正しく打たれた小さな穴。
インソールをラストに打ち付けた釘の跡か?


2016081401222199b.jpeg

2016081401221777c.jpeg


そして、この靴の構造上の最大の特徴は

2016081401221916e.jpeg

出し抜い糸を“上から”隠しているところ。

一部分めくれているところがあって、糸が見える。

201608140122206a2.jpeg

頭隠して尻隠さず(笑)

ネットで見られる別の個体ではヒドゥンチャネルのものもあるので、注文主の意向や価格による違いなのだろうが、珍しい意匠だ。


201608140059212df.jpeg

けっこう細い。

セラーは10D(マイサイズ)と言ってるが絶対違う。


20160814014443483.jpeg

20160814014443cd1.jpeg


靴長は10より長く、ウィズはDより狭い。

でも履ける(笑)


20160814014445b18.jpeg

色落ちや毛が寝ているところもあるので、手入れのし甲斐がある。

ただ、スエードの手入れは経験不足。

どうなることやら。

スポンサーサイト

 靴について

0 Comments

Leave a comment