HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

今年も東京へ


10月2日になった。

ちょうど2カ月後の12月2日に東京へ行くことが決まった。

毎年恒例の東京1人旅。


今回の宿もここ。


akasaka.jpg

akasaka2.jpg


富山県赤坂会館


なぜいつもここに泊まるのかというと・・・・


安いから(笑)


地下鉄青山1丁目駅・赤坂駅からそれぞれ歩いて10分程度という好立地条件なのに

素泊まり2泊で9,000円(笑)。

私の場合、加入している保険から6,000円分の補助券が貰えるので、

2泊で3,000円 (^^)

トイレ・風呂無しの部屋だからだが、ちゃんと大風呂はあるから大丈夫。


安さだけではない。


ものすごく静かなのだ。

この辺りは閑静な住宅街で高級そうな家が多い。

赤坂御用地も近いし。

こういうところは賑やかな店は禁止されてるのか?


また、食事を予約すれば、富山の美味しい料理が食べられる。


懐に優しいこの宿を起点に、東京1人旅を楽しむこととしよう。

20160906222737d6e.jpeg

20160906222734e69.jpeg


もちろん、真っ先にここに行きます。
スポンサーサイト

 旅行

11 Comments

なおけんた  

Re: タイトルなし

みきおさん

> ご無沙汰しております
> 東京シリーズは一番好きです。中でもマニアック感漂う店に果敢に攻めて行くところが好きです。
> 今回もお願いします!
> 僕も後に続きます!

最近はいつもそうですが、東京の第一歩は羽田のハシモトですね。
今回は中心部から少し離れたところを攻めてみます。
それから小さくてもいいものを置いていそうな店を。
予定外に入った店が良かった!なんて事もあるといいなと。
毎回、自分でワクワクしています。

2016/10/10 (Mon) 07:07 | REPLY |   

みきお  

ご無沙汰しております
東京シリーズは一番好きです。中でもマニアック感漂う店に果敢に攻めて行くところが好きです。
今回もお願いします!
僕も後に続きます!

2016/10/10 (Mon) 06:37 | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

みねおさん

> europeanblendさん、コメントありがとうございます!もちろんeuropeanblendさんのブログも拝見させて頂いてます!のでコメント嬉しいです(^_^)
> 推測でもeuropeanblendさんに良い物ではないかと言ってもらえたらそんな気がしてきます(笑)
> 自分にはまだ古靴の革質を見極める目はないのですが(^_^;)品質以前に職人ロゴが可愛くて個人的には好きでした。さらにクロスステッチは必ず欲しかった。古靴にハマりだしたのも、今の靴には無い拘り、クロスステッチやインソールの小窓、J&Mなどの様なイカしたインソールロゴとかに惹かれたところも大きく、ミーハーな理由ですがこのネトルトンは結構僕の理想のネトルトンだったんです(^_^)
> なので、europeanblendさんのコメントはとても嬉しかったです。
> ありがとうございます!
> またブログも拝見させて頂きます!
>
> なおけんたさん。
> ブログのコメント欄をお借りしてしまい恐縮です。
> 古靴の先輩がたのブログはずっと前から読ませて頂いてますが、コメントは初めてでした。
> 返信を頂き嬉しかったです!
> このネトルトンについてもう1つだけ(^_^;)
> 実は何足か持っている古靴の中でも特に革が硬く、半張りする時も顔見知りのリペア屋さんに結構革が硬化してますねぇ。
> と言われ、ずっと気になっていたけどなかなかチャレンジできなかったグリセリン保湿をなおけんたさんのブログを参考にやってみました。
> 思いの外浸透せずコットンで全体をパックしました(^_^;)
> 恐る恐るでしたが結果めちゃくちゃ良かったです!
> リペア屋さんもその後持って行ったら凄い柔らかくなって潤ってますねと言われました(^_^)
> さらに古靴にハマりそうです(^_^;)
> 色々ありがとうございました!
> またコメントさせて頂けたらなぁと思います。
> ブログ楽しみにしてます!

私も初めてグリセリン保湿した時の感動は忘れられません。
保湿って大切なんだなあと実感しました。
稚拙な内容ですが、これからもよろしくお願いします。

2016/10/06 (Thu) 18:56 | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

> あくまで勘ですが・・・
> 大体において、made in USAが入るモノは80s以降(70s後半以降)のモノが多いと思っています。で、“I3”が仮に製造年を表すのであれば、83年あたりかな、と。
> 私が見たCustom Gradeのモノはどれも良かったです。
> 最終期の最後の気合いが入ったモノではないかったかと。

europeanblend さん

そういえば、私が持ってたcustom gradeも新しい個体でしたが、作りは素晴らしいものでした。
倒産前の最後の力を振り絞ったものだったんでしょうね。

2016/10/06 (Thu) 18:40 | REPLY |   

みねお  

europeanblendさん、コメントありがとうございます!もちろんeuropeanblendさんのブログも拝見させて頂いてます!のでコメント嬉しいです(^_^)
推測でもeuropeanblendさんに良い物ではないかと言ってもらえたらそんな気がしてきます(笑)
自分にはまだ古靴の革質を見極める目はないのですが(^_^;)品質以前に職人ロゴが可愛くて個人的には好きでした。さらにクロスステッチは必ず欲しかった。古靴にハマりだしたのも、今の靴には無い拘り、クロスステッチやインソールの小窓、J&Mなどの様なイカしたインソールロゴとかに惹かれたところも大きく、ミーハーな理由ですがこのネトルトンは結構僕の理想のネトルトンだったんです(^_^)
なので、europeanblendさんのコメントはとても嬉しかったです。
ありがとうございます!
またブログも拝見させて頂きます!

なおけんたさん。
ブログのコメント欄をお借りしてしまい恐縮です。
古靴の先輩がたのブログはずっと前から読ませて頂いてますが、コメントは初めてでした。
返信を頂き嬉しかったです!
このネトルトンについてもう1つだけ(^_^;)
実は何足か持っている古靴の中でも特に革が硬く、半張りする時も顔見知りのリペア屋さんに結構革が硬化してますねぇ。
と言われ、ずっと気になっていたけどなかなかチャレンジできなかったグリセリン保湿をなおけんたさんのブログを参考にやってみました。
思いの外浸透せずコットンで全体をパックしました(^_^;)
恐る恐るでしたが結果めちゃくちゃ良かったです!
リペア屋さんもその後持って行ったら凄い柔らかくなって潤ってますねと言われました(^_^)
さらに古靴にハマりそうです(^_^;)
色々ありがとうございました!
またコメントさせて頂けたらなぁと思います。
ブログ楽しみにしてます!

2016/10/06 (Thu) 18:34 | REPLY |   

europeanblend  

No title

あくまで勘ですが・・・
大体において、made in USAが入るモノは80s以降(70s後半以降)のモノが多いと思っています。で、“I3”が仮に製造年を表すのであれば、83年あたりかな、と。
私が見たCustom Gradeのモノはどれも良かったです。
最終期の最後の気合いが入ったモノではないかったかと。

2016/10/06 (Thu) 13:00 | EDIT | REPLY |   

みねお  

いえいえ、とんでもないです。 ありがとうございます!
自分的にも条件的にtraditionalラインと被るくらいの物かな?職人ロゴの中でも良い造りの時代かな?とか思っていたのですが、品番が全く新しくなってるという事は結構新しい個体なんですかね(^_^;)
何にせよ初ネトルトンなんで大事に履いていきたいと思います(^_^)

2016/10/04 (Tue) 21:27 | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

みねおさん

> お返事ありがとうございます!
> 今、仕事が終わり早く確認したくてバイクをぶっ飛ばして帰宅しました(^_^)
> 早速確認したのですが、それに近い表記が見当たりません(>_<)
> ライニングの表記なんですが。
> 81/2 D 65326 8
> I3 HEEL B 42108L
> となっていました。
> 僕のネトルトンはいったい、、、(^_^;)
> もし何か分かる事があれば教えて欲しいです!

「42108L」がモデルナンバーだと思いますが、全く系統が違いますね。
ナンバー系統が完全に変わったのでしょうね。
custom grade ですから上級グレードだと思います。
それ以上はわかりませんねえ。
申し訳ありません。

2016/10/04 (Tue) 21:15 | REPLY |   

みねお  

お返事ありがとうございます!
今、仕事が終わり早く確認したくてバイクをぶっ飛ばして帰宅しました(^_^)
早速確認したのですが、それに近い表記が見当たりません(>_<)
ライニングの表記なんですが。
81/2 D 65326 8
I3 HEEL B 42108L
となっていました。
僕のネトルトンはいったい、、、(^_^;)
もし何か分かる事があれば教えて欲しいです!

2016/10/04 (Tue) 19:55 | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

みねおさん、初めまして。

> 古靴はまだまだ初心者ですが、念願のネトルトンを手に入れる事ができました。
> 本当は評判のいいtraditionalラインの物が欲しかったのですが、職人ロゴでミントコンディション、サイズも合うネトルトンと出会い購入に至りました。
> そのネトルトン何ですが、職人ロゴ、十字ステッチ、Owl Eye 、ソールのヒールとの境目にNettleton maid in USA(二行)、ソールのつま先寄りにcustom gradeの刻印がある個体でした。(何も考えず半張りしてしまいましたが(^_^;)
> 職人ロゴでここまでいろいな条件が揃っているのを見た事が無かったのですが、なおけんたさんの意見を聞ければと思い初コメントしました。
> よろしくお願いします!

私なんぞよりもMiさんの方が説得力のある意見を聞けると思いますが・・・。
トラディショナルロゴよりも職人ロゴの方が新しい個体のようですが、2つのロゴが同時期に使われていたこともあったようです。
トラディショナルロゴでは、ライニングのモデルナンバーは0205(茶longwing )、0206(黒longwing )です。
職人ロゴで、クロスステッチなし、ラバーヒール、茶longwing で0242でして、完全にナンバーの系統が変わっています。
ところが、0242が登場してからも0205は作られていたようです。
みねおさんのNettleton はこれではないでしょうか?ライニングのナンバーは0205ですか?
もしそうであれば、比較的新しい個体ではあるものの、手間のかかり方や作りの良さは、トラディショナルロゴと同じものと見て良いのではないでしょうか。
この程度ですいません。

2016/10/04 (Tue) 18:04 | REPLY |   

みねお  

初めまして。いつもブログを拝見させて頂き勉強させてもらってます。
記事とは全然関係無いのですがお聞きしたい事がありコメントさせていただきました。

古靴はまだまだ初心者ですが、念願のネトルトンを手に入れる事ができました。
本当は評判のいいtraditionalラインの物が欲しかったのですが、職人ロゴでミントコンディション、サイズも合うネトルトンと出会い購入に至りました。
そのネトルトン何ですが、職人ロゴ、十字ステッチ、Owl Eye 、ソールのヒールとの境目にNettleton maid in USA(二行)、ソールのつま先寄りにcustom gradeの刻印がある個体でした。(何も考えず半張りしてしまいましたが(^_^;)
職人ロゴでここまでいろいな条件が揃っているのを見た事が無かったのですが、なおけんたさんの意見を聞ければと思い初コメントしました。
よろしくお願いします!

2016/10/03 (Mon) 23:42 | REPLY |   

Leave a comment