HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

60s Florsheim Royal Imperial その3



60s Florsheim Royal Imperial その3

201610241442087dd.png


Stratford


20161024144211d01.png


ショートウィングとロングウィングを組み合わせたような、チャーチのグラフトンに似たデザイン。


2016102414424909c.png


「HJ」なので、'69年8月製造


20161024145057909.png


ロイヤルインペリアルなのに、小窓はインペリアル。

これが60sロイヤルの特徴。


20161024144248c8b.png


中敷をめくったら「UNION MADE」の文字があった。

この個体は中敷がツルツルだが、66年の個体だけアッパーと同じシボ革が使われている。


20161024144251267.png


60sロイヤルお約束の折り込まれたエッジ。


20161024144252043.png


Concord に比べるとスッとした細身のデザイン。


深く入ったシボが存在感を大きくしている。


茶の個体が欲しいが、なかなか出てこない。

細すぎて履けない奴や亜種は出て来るんだけど。


地道に待つしかない。


2016102414421250e.png


20161024144213e6b.png


スポンサーサイト

 靴について

2 Comments

なおけんた  

Re: No title

スニゲーターさん

> 旧ロイヤルで一番見かけ、軽く見られがちですが、私は一番好きですね。
> 本家チャーチも持っていますが、こちらの方がいいと思います。
> ロングウイングの中で、この上品さ。しっかりアメリカっぽく見えるのは、流石フローシャイムかと。

これを初めて見た時、衝撃でした。
フローシャイムでもこんな靴を作るんだという驚き。
Kenmoorのイメージが強かったですからね。
革の素晴らしさがすごいですね。

2016/10/26 (Wed) 05:56 | REPLY |   

スニゲーター  

No title

旧ロイヤルで一番見かけ、軽く見られがちですが、私は一番好きですね。
本家チャーチも持っていますが、こちらの方がいいと思います。
ロングウイングの中で、この上品さ。しっかりアメリカっぽく見えるのは、流石フローシャイムかと。

2016/10/26 (Wed) 00:14 | REPLY |   

Leave a comment