fc2ブログ

HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

ロイドフットウェアのカジュアル



 以前、「黒のカジュアル」という題で書いたことがあるけれど、これもカジュアルの範疇でしょう。1年ほど前に銀座の「ロイドフットウェア」で購入しました。雨の日にも安心して履ける黒のラバーソールの靴がほしくて、靴屋をいろいろと回っていました。

 そして、ロイドへ。Jシリーズ(マスターロイドに次ぐランクです)で初めてラバーソールの靴をつくったそうで、いくつか種類がありました。個人的にはスムースレザーのパンチドキャップトゥが良かったのですが、小指のところにキャップの切り返しの部分が当たるのが気になりました。同じ木型のスコッチグレイン(型押し)のUチップを履くと、小指が痛くない。Uチップは切り返しがU部分だけだからでしょうね。Uチップ&スコッチグレインということでかなりカジュアルなんですが、買ってしまいました。

 アウトソールはダイナイトソール。インソールとアウトソールの間にレザーソールを挟んでいるので、かなり分厚い印象になっています。これでさらにカジュアル感が増しています。でも何となく上品なのはさすがろいど。スコッチグレインだから傷も目立ちません。ちなみに、ロイドの場合、このJシリーズとマスターロイドは英国の「クロケット&ジョーンズ」製です。履き心地は「頑丈」かつ「足を包み込む」という感じです。決して不快感はありません。雨の日にガシガシ履いています。

スポンサーサイト



 靴について

0 Comments

Leave a comment