HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

スニーカーのような革靴


しばらくは東京シリーズ(笑)

私はどちらかというと、買い物は慎重なタイプで、「コレいいなあ」と思っても一度「待った」をかけて、他の店を色々と回って色々な商品を見てから購入を決めることが多い。

ただ、結局は最初にいいと思った店に戻ることが多いのだが。

しかし今回の東京では、割とその場で飛びつくパターンが多いことに驚く。

歳取って動き回るのが辛くなったからか?


そして今回、初めて

「World Footwear Gallery 」で靴を買った。

今までこの店には何度も行ったことがあるが、イタリア〜ンな雰囲気の靴が多く(主観・私見)、手を出してこなかった。

ラテンよりゲルマンの方が好きなのだ。

だが今回は買ってしまった。


201612061026130f4.png

ブ、ブーツ・・・禁断のブーツ❗️

20161206102614015.png


ブランドは「NPS」・・・知らない。


201612061026194a7.png

英国製だからゲルマン(アングロサクソン)だな。

1881年からノーサンプトンで靴を作っているメーカーのオリジナルだそうだ。

メーカー名は明かされていないが、

「J SPENCER SHOEMAKERS」ではないかと。よく知らないけど。


201612061026151d4.png

サイドに独特のステッチ。

20161206102641b97.png

シボ革❗️アンティーク仕上げ


20161206102617643.png

クレープソール


20161206102643982.png

アンラインド仕様


見た目に反して驚くほど柔らかく、吸い付くような履き心地。

これはもう、

「革靴の皮を被ったスニーカー」である。


201612061026382db.png

履いた瞬間気に入った。

でも慎重な性格だから、買うかどうか迷う。

そこで、爽やかな九州出身(!)の女性スタッフが、

「ビギンで紹介されて問い合わせが多く、どんどん売れてしまって、これが最後の一足です。」

「他のWFGにはまだあるんでしょ?」

「いいえ、本当に最後の一足です。」


最後の一足がマイサイズ。こういうのに弱い。

「俺に会うために残っていた」となる。

九州出身というのにも親近感が湧く。

ハイ、お買い上げ。


ブーツだけど暑苦しくないので、暖かくても履けるかな。

手放さないようにしよう。


201612061026406ea.png
スポンサーサイト

 靴について

2 Comments

なおけんた  

Re: No title

kuromameさん

> 東京行脚おつかれさまでした(^_^)/
> SUPER8のブログにも楽しそうな一コマが掲載されてましたね。私もその場の隅っこでも良いので、加わりたかったです。
> リペア担当の女性(ロミヒーさんだったかな?)は、アメリカ靴もよくご存じですよね。私がはじめて訪問した時は、ホリさんは買い付けで不在で、ロミヒーさんが店番をされていました。私の履いていたウォーズマンチップのS1425を見て、「これ、珍しいやつですよね」と言われたので、驚きとともに、「さすが!」と思いました笑

ロミヒーさん、リペアの説明が的確でとてもわかりやすくて安心できます。
リペアの数(しかも古靴)も相当こなされていて、経験値が高いようですね。


> このブーツ、スコッチグレインレザーですかね。この革が用いられているだけで、ついついボタンをクリックしそうになります。
> 私自身、だいぶ古靴が増えてきたこともあり、少しずつ整理しているのですが、最終的に残るのは履き心地の良いペアになります。レアなものでも、サイズが合わないと、出番が少なくなり、結果、オクに放流するパターンになってきてます。このブーツが、なおけんたさんの足もとで末永く活躍することを祈っております笑

「末永く」というのが一番の気がかりですが、大丈夫かなと。それくらい履き心地とフィット感が驚きでした。
しかもスコッチグレインの雰囲気がいいんですよ。
季節が変わらないうちにガンガン履いていこうかなと思います。

2016/12/06 (Tue) 18:14 | REPLY |   

kuromame  

No title

東京行脚おつかれさまでした(^_^)/

SUPER8のブログにも楽しそうな一コマが掲載されてましたね。私もその場の隅っこでも良いので、加わりたかったです。

リペア担当の女性(ロミヒーさんだったかな?)は、アメリカ靴もよくご存じですよね。私がはじめて訪問した時は、ホリさんは買い付けで不在で、ロミヒーさんが店番をされていました。私の履いていたウォーズマンチップのS1425を見て、「これ、珍しいやつですよね」と言われたので、驚きとともに、「さすが!」と思いました笑

このブーツ、スコッチグレインレザーですかね。この革が用いられているだけで、ついついボタンをクリックしそうになります。

私自身、だいぶ古靴が増えてきたこともあり、少しずつ整理しているのですが、最終的に残るのは履き心地の良いペアになります。レアなものでも、サイズが合わないと、出番が少なくなり、結果、オクに放流するパターンになってきてます。このブーツが、なおけんたさんの足もとで末永く活躍することを祈っております笑

2016/12/06 (Tue) 17:10 | REPLY |   

Leave a comment