HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

Super8Shoes(S8S)は、ただの古靴屋ではない

先日の東京、S8Sで貴重な情報を得たので紹介。

20161203233637770.png


1,古靴のバケツドボンについて

「古靴のバケツドボンは危険度が高い。特に、50s、60sの靴は危険。」

乾いた後にライニングが縮んで硬くなり、裂けてしまう場合が多いのだそうだ。

実際、そのような状態になって修理に持ち込まれた個体を見せてもらった。

ライニングが・・・・スルメになってる❗️
ホラーより恐ろしい。

私は2度ほどバケツドボンをして何ともないが、70s半ばのものと比較的最近の個体だった。

思い起こせば、先日手に入れたコイツ(60sフローシャイムインペリアル)は、最初バケツドボンをするつもりだったのだ。

2016112611462261f.png

クリーナーで思いのほか汚れがとれたからドボンをしなかっただけだ。

運が良かった。

バケツドボンは、本当にどうしようもない場合に、どんな結果になっても惜しくない靴に対して行う最終兵器と思わなければならない。



2,靴べらについて

今回S8Sに行った大きな目的は2足の靴のリペア。
どちらも踵にクラックがある。

201611301940462ea.png

20161130194044d09.png


依頼しながら、

「靴べらを使ったのになぜクラックができるのか(しかもたった1度で)」という話題に。

堀口さんの意見は

「靴べらの幅が広いから」

多くの靴べらの幅は広くて、靴の踵に合っていない。

したがって、靴を履くときに踵を無理矢理広げてしまうことになる。

さらに、古靴は革が弱っているために、靴べらによる「拡張」に耐えられない。

その結果、クラックが生じる。


なるほど、目からウロコ。

靴べらの幅なんて考えたこともなかった。
靴べらを使って履けば大丈夫と思っていた。

現代の靴なら大丈夫かもしれないが、古靴には厳しいのだ。

であれば、細身の靴べらを使えばいいのだ。


そこで、こんなのに注目している。

20161215203254aca.png
(R&D ホームページより)

スリムなシューホーン。
その名も「フィッティングシューホーン」

ところが、地元で売ってない(悲)。

だが、地元の懇意にしている洋服屋が、たまたま靴用品をR&Dに発注するときだったので、ついでにお願いすることにした。(在庫があればの話だけど)

これで踵クラックが解消されればいいんだけど。


S8Sは、単に古靴を売る、リペアするだけの店ではないのだ。

20161203233637878.png

スポンサーサイト

 お気に入りの店

8 Comments

なおけんた  

Re: No title

スニゲーターさん

> 靴べらは木製が良いと聞きましたね。良い物は細く小さく丈夫が実現できる素材です。
> 金属製はインソールやライニングを傷つける可能性があるのでご注意を・・・。(実体験)

木製で細いやつがあるといいですね。でも国産だと高価になるんでしょうね。
価格を考えるとプラスチックが一番安価な気がします。

2016/12/17 (Sat) 05:34 | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

ロマンさん

> 靴べらの幅は確かに盲点でした…。
> そういえば、必要以上に靴べらを押し込むのもよくないと効いたことがあります。足を入れると同時にさっと抜けるような深さで入れねばだめだと。

なるほど、その方がダメージは少なそうですね。
靴べらは使い方も気をつけねばなりませんね。

2016/12/17 (Sat) 00:55 | REPLY |   

なおけんた  

Re: タイトルなし

HAL さん

> やはり洗う行為はリスキーなんですね。
> でもすごくばっちいの引いちゃう事もあるので…うーん。

古靴は判断が難しいですよね。
洗わざるを得ない状態の靴をリスク覚悟で洗うか我慢するか。
単に汚れだけでなく、臭いもありますからね。

> 靴ベラ、私の長年の悩みです。
> ただでさえ普通より踵が細いのに、売られている靴ベラは男性の靴を想定しているからか、どれも大き過ぎるものばかり。
> 最近は女性を意識したシューケア用品が出始めていますが、是非靴ベラを作っていただきたいものです。

なるほど、女性の靴の方が細い靴べらを必要としますね。


> 幅も大事ですが、カーブとしなりも重要のように思います。
> 私は古い靴を初めて履く時は、使わなくなったポイントカードを使います。
> 例のオーダー靴のご主人から、靴ベラの代用品として教えていただきました。本当はテレホンカードが良いようですが。
> 少々持ち辛いのが難点ですが、薄く滑りが良く、踵に合わせたカーブを作ってくれます。

私も靴べらが手元にないとき、テレフォンカードを靴べら代わりに使ったことがあります。
急場しのぎでしたが、あながち間違いではなかったんですね。

2016/12/17 (Sat) 00:49 | REPLY |   

スニゲーター  

No title

靴べらは木製が良いと聞きましたね。良い物は細く小さく丈夫が実現できる素材です。
金属製はインソールやライニングを傷つける可能性があるのでご注意を・・・。(実体験)

2016/12/16 (Fri) 22:57 | REPLY |   

ロマン  

No title

靴べらの幅は確かに盲点でした…。
そういえば、必要以上に靴べらを押し込むのもよくないと効いたことがあります。足を入れると同時にさっと抜けるような深さで入れねばだめだと。

2016/12/16 (Fri) 19:44 | REPLY |   

HAL  

やはり洗う行為はリスキーなんですね。
でもすごくばっちいの引いちゃう事もあるので…うーん。

靴ベラ、私の長年の悩みです。
ただでさえ普通より踵が細いのに、売られている靴ベラは男性の靴を想定しているからか、どれも大き過ぎるものばかり。
最近は女性を意識したシューケア用品が出始めていますが、是非靴ベラを作っていただきたいものです。

幅も大事ですが、カーブとしなりも重要のように思います。
私は古い靴を初めて履く時は、使わなくなったポイントカードを使います。
例のオーダー靴のご主人から、靴ベラの代用品として教えていただきました。本当はテレホンカードが良いようですが。
少々持ち辛いのが難点ですが、薄く滑りが良く、踵に合わせたカーブを作ってくれます。

2016/12/16 (Fri) 17:36 | EDIT | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

europeanblendさん

> グリセリン保湿でも、裏地に到達するくらい染み込ませ過ぎると、同様のことが起こりますね。。。インナーの革にはご法度なのかもしれません。

スニゲーターさんが、ライニングは豚革がよく使われるので弱いと言ってましたね。


> バケツドボンは確かに「最終手段」ですね(^^ゞ
> 安易にやるべきではないと思います。
> 私は内部の足型ベッタリの中古靴にどうしても抵抗があるので、あまり酷いのは危険を覚悟でやっちゃいますが(笑)それでも筆記体フローシャイムにはやんないかな。

判断が難しいところですよね。しかし、あれだけすごい現物を見せられると、躊躇する気持ちがはるかに勝ってしまいますね。


> 靴べらの話、なるほどなあと思いました。
> 目ウロコですね。
> 確かに最初の方を乗り切れば、足から出る汗で水分を補えるので割れを防げるかもしれませんね。
> とにかくビンテージ靴は革とか糸が弱ってて、特にユーズドの場合はそれが顕著の場合が多いんで、履く前になんらかの補強措置は必要でしょうね。。。

確かに、糸も脆いですね。
あらかじめ補強すればいいのでしょうが、私なんかオリジナルの状態を維持しておきたいという気持ちがどうしても強いですからね。

2016/12/16 (Fri) 07:32 | REPLY |   

europeanblend  

No title

グリセリン保湿でも、裏地に到達するくらい染み込ませ過ぎると、同様のことが起こりますね。。。インナーの革にはご法度なのかもしれません。

バケツドボンは確かに「最終手段」ですね(^^ゞ
安易にやるべきではないと思います。

私は内部の足型ベッタリの中古靴にどうしても抵抗があるので、あまり酷いのは危険を覚悟でやっちゃいますが(笑)それでも筆記体フローシャイムにはやんないかな。

靴べらの話、なるほどなあと思いました。
目ウロコですね。
確かに最初の方を乗り切れば、足から出る汗で水分を補えるので割れを防げるかもしれませんね。

とにかくビンテージ靴は革とか糸が弱ってて、特にユーズドの場合はそれが顕著の場合が多いんで、履く前になんらかの補強措置は必要でしょうね。。。

2016/12/16 (Fri) 07:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment