HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

レアなFlorsheim 手入れ(半分以下)


クリスマスが来ても私には何も来ない(笑)。

さて、このレアなFlorsheim

20161222142459c0c.jpg


左足だけ手入れした。

まずはウエルト。

縫い目が埋まって見えないほど古いクリームがカッツリ塗り込まれている。

201612221513171ad.jpg

荒療治開始!もちろん、革(ウエルト)に良くないことは承知の上で。


レノマットリムーバーで湿らせた綿棒でウエルトの表面を擦る。

おびただしい数の綿棒が黒くなって死んでいく(笑)が、ウエルトの見た目に変化はあまりなし。

これじゃあ埒があかないし、(高価な)レノマットリムーバーがもったいない。

別の荒療治開始。


20161225090825ea4.png

「竹ようじ」のブラシ部分にステインリムーバーを大量につけ、ウエルトを高速ブラッシング(笑)。

ステインリムーバーは、数年前にオークションで大ボトルを手に入れているので、無駄に使っても惜しくない。

ウエルトがリムーバーでかなり濡れるがお構い無し。

かなりの荒療治だが、ステッチが姿を現した。


ウエルトの掃除をしてわかったこと・・・


ステッチが均一でなく、雑。
その中でも特に雑な縫い目がささくれだっていて、それにクリームがベッタリ付着して大きな塊となっていた。
以上のことから、間違いなくリソールされれいる。
しかも下手くそ。日本では仕事として認められないのでは?


まあ、古靴だし、シボ革だし、雑なステッチもそれほど違和感ない。


アッパーは、タピール・レーダーオイルで保革&汚れ落とし。

布が真っ黒(笑)。

クレンジングの後に、最終仕上げにはこれを使用。

20161225093342022.png

コロニル・ディアマント・・・まだ持ってる(笑)。

水分がずいぶんなくなってるんだけど。


とりあえずこんな感じ。


201612250908209eb.jpg

左足だけ手入れ済み。右足は未手入れ。

20161225090821a20.jpg

画像だけ見ると少し変わった程度かな?

実際にはかなり違うんだけど。


Before

201612221425025ac.jpg


After

201612250908225c2.jpg


Before

20161222142505d74.jpg


After

20161225090824639.jpg



ちなみに、コメントをくださる「たか」さんからこんな資料をいただいた。

20161225094740626.jpg

1965年の新聞広告だそうだ。

一番上のモデルが全く同じデザイン❗️
こちらはスムースレザーのようだが。

そしてモデル名は

「Varsity⁉️」

なんじゃこら?

※ 我が地元には「なんじゃこら大福」という強烈なお菓子があります。


Florsheim 恐るべし・・・

スポンサーサイト

 靴の手入れ

6 Comments

なおけんた  

Re: タイトルなし

たかはしさん

> 返信ありがとうございます。
> レディメイドの下見のつもりで、勤務先に近いpanciaに行ったのですが、足の形にクセがあって…なんて話しているうちにパターンオーダーしてしまいました…笑
> 「時間をかけて満足感を味わえる」という言葉が決め手になりました。
> これからもブログ楽しみにしてます。
> ありがとうございました。

panciaが勤務先の近くにあるなんて、羨ましいです。
私もいつかパターンオーダーしたいんですけどね。
こちらこそよろしくお願いします。

2016/12/27 (Tue) 16:10 | REPLY |   

たかはし  

返信ありがとうございます。

レディメイドの下見のつもりで、勤務先に近いpanciaに行ったのですが、足の形にクセがあって…なんて話しているうちにパターンオーダーしてしまいました…笑

「時間をかけて満足感を味わえる」という言葉が決め手になりました。
これからもブログ楽しみにしてます。
ありがとうございました。

2016/12/27 (Tue) 14:01 | REPLY |   

なおけんた  

Re: 福岡の靴

たかはしさん、はじめまして

> 最近ブログを発見して、過去の記事含め、楽しく拝見しております。
> 記事の内容とは関係ないのですが、
> panciaの靴のと某A店の靴と、どちらの履き心地が良いと感じられましたか?
> もちろん、どちらの質が良いというのではなく、なおけんたさんの主観でも良いので、お聞かせいただけたら嬉しいです。


「福岡の靴」ということですから、某A店とはあの昭和の匂いを残す靴屋ですよね。
私はどちらもレディメイドを1足ずつしか持っていませんので、非常に偏った主観になりますのでご容赦ください。
まず、履き心地は全く別物です。
panciaは、正当な手作り靴という感じです。アッパーや内部に使われる副素材との関係もあるんでしょうが、とにかく剛性が高く丈夫なつくりで、ソールを交換して長く履き続けることを意識した靴です。アッパーの革は国産トップグレードキップということですが、肌理は細かくありません。本当にトップグレード?と思ってしまいます。最初はものすごく固くて(リーガルより固い)正直疲れたんですが、馴染んでくると足全体にフィットしてきました。丈夫さは相変わらずで、全く型崩れしていません。時間をかけて満足感を味わえる靴ですね。

某A店の靴は、panciaよりは繊細な感じですが、剛性は十分にあります。ライオンとヒョウくらいの差ですかね(笑)。こちらは特殊な中敷のおかげで、土踏まず全体を下からグッと押し上げて支えてくれます。土踏まずから甲にかけて足をしっかりとホールドしていて、少しきついくらいだったのですが、馴染んできたらちょうど良くなりました。革はこちらの方が肌理が細かいです。先芯やカウンターなども革を使っているそうです。ただ、ソールは安っぽいです。panciaはの下のグレードと同じ素材です。丈夫ですけど。こちらの方がヒールの高さを感じます。

以上ですが、履き心地がタイトなのはAの方です。グレードアップの自由度はpanciaの方です。

2016/12/27 (Tue) 05:27 | REPLY |   

たかはし  

福岡の靴

なおけんたさん、はじめまして。
たかはしと申します。

最近ブログを発見して、過去の記事含め、楽しく拝見しております。

記事の内容とは関係ないのですが、
panciaの靴のと某A店の靴と、どちらの履き心地が良いと感じられましたか?
もちろん、どちらの質が良いというのではなく、なおけんたさんの主観でも良いので、お聞かせいただけたら嬉しいです。

2016/12/26 (Mon) 20:46 | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

ロマンさん

> すみません、記事の内容と関係ないのですが…。
> お気に入りのシューポリッシュはありますか?

シューポリッシュはいくつか持ってますが、今はほとんど使いません。
鏡面磨きは興味があったんですが、面倒臭くなってしなくなりました。
シューポリッシュで評判が良かったのは、KIWIのパレードグロスでした。
私は乳化製クリームで済ませてしまいます。
乳化製ではコロニルのディアマントが一番ツヤが出ると思います。
下手なシューポリッシュよりツヤが出ると思います。

2016/12/26 (Mon) 02:24 | REPLY |   

ロマン  

No title

すみません、記事の内容と関係ないのですが…。
お気に入りのシューポリッシュはありますか?

2016/12/25 (Sun) 19:59 | REPLY |   

Leave a comment