HUNGRY HEART~いつも何かを求めて~

地方在住の50過ぎの中年です。 靴や革製品などの他に、趣味や家族、社会などあらゆることについての自分の思いをだらだらと書き綴っていきたいと思っています。 何かコメントがありましたら遠慮なさらずにどうそ。

手入れ〜2つのVarsity

日曜日は時間にゆとりがあったので、靴の手入れをした。

まずはこれ

201701231201578bd.jpg

20170123120158db5.jpg

Florsheim Varsity



もう一つはこれ

20170123120200358.jpg

20170123120201e4d.jpg

Florsheim Varsity


どちらも、埃を落とし、サフィール・ユニバーサルローションで汚れを落とし、モゥブレイ・クリームナチュラーレで保革、という基本に忠実な流れで手入れ。

特に茶は最近ほとんど履かず、手入れもしておらず、埃まみれだったので、保革に重点を置いて、ユニバーサルローションを使った。


Varsity はレギュラーラインだが、革がいい。

Imperial Kenmoor と違ってスムースレザーなので、磨くとすぐに輝く。

シルエットも現代的でカッコいい。


201701231202039b5.jpg


並べてみると大きさが違う。


黒は 11D

201701231202300b3.jpg


茶は 10E

20170123120229dad.jpg


やはり、茶の方がボテッとしている。


20170123120227eb0.jpg

踵を見ると、黒の方がかなり大きい。



20170123120231e23.jpg


個人的には茶が好きなんだけど、踵の縫い目に若干裂けが見られるものだから、ご無沙汰している。


20170123120234961.jpg


こうやって見ても、60sながら、状態が良ければ今の靴と言ってもわからないくらいだ。

黒を履く機会はとても多くなっている。
スポンサーサイト

 靴の手入れ

8 Comments

なおけんた  

Re: No title

tomojin329さん

> 履きやすさやシルエットを考えると、
> KENMOORよりもVARSITYの方が一般の方々には受けが良さそうですよね。
> カラーバリエーションもKENMOORと同じ位豊富ですし。注意しなければいけないのは甲のクラックあたりですが、最近は少し位ならアジかなと捉えています。そうしないと履けないので^^;

ホント、Varsity の唯一と言っていいウイークポイントが甲のクラックですよね。
まさに玉に瑕。
そういう革質なんでしょうね。

2017/01/24 (Tue) 22:04 | REPLY |   

tomojin329  

No title

履きやすさやシルエットを考えると、
KENMOORよりもVARSITYの方が一般の方々には受けが良さそうですよね。

カラーバリエーションもKENMOORと同じ位豊富ですし。注意しなければいけないのは甲のクラックあたりですが、最近は少し位ならアジかなと捉えています。そうしないと履けないので^^;

2017/01/24 (Tue) 21:55 | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

スニゲーターさん

> 先日の特殊Varsityもありますし、The Beacon辺りを入手すればVarsityマスターですね!(笑)
> 何故でしょう。以前もぼやきましたが、私はどうしてもVarsityと縁が無い・・・。たまーに見かけるのですが、そういうときに限ってお金が無い。不思議。

縁って不思議ですね。
私は赤茶のヴィンテージに縁がありません。
なんなんでしょうかね(笑)。

2017/01/23 (Mon) 21:47 | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

浪漫さん

> 丁寧に作られた靴は時代を超えるというわけですね。
> 現行の靴も、50年後はこのようであって欲しいものです。

昔の靴は作りも素材もいいから今に残っているのかもしれません。
今の靴は、注文靴は別ですが、既成靴に関しては、ケミカルな素材を多く使っているそうなので、何十年も持つかどうか疑わしいという話を聞いたことがありますねえ。

2017/01/23 (Mon) 21:43 | REPLY |   

なおけんた  

Re: No title

europeanblend さん

> バーシティーはいろんな意味で完成度が高いですよね。
> 色や素材のバリエーションも豊富。
> ケンムールの次はこれ、みたいな。

Kenmoor より格下でありながら、シュッとしたトゥ、スムースレザーと、現代ではKenmoor の対抗馬になり得る靴ですね。


> 昨夜「ベンジャミン・バトン」を観たのですが、シボ革のバーシティ(ビーコンかケンムーア?)が何度か登場しました。時代的には50sの描写だったので、「これは60sだろう、、、」とツッコミを入れてたんですが、さすがはハリウッド、40sの場面ではちゃんとブラピが当時モノのビンテージリーバイスをはいてましたね。

す、凄いですね。
そんな細かいところまで見ておられるんですね。
そういう目で見ると映画も一層面白いかもしれませんね。

2017/01/23 (Mon) 21:39 | REPLY |   

スニゲーター  

No title

先日の特殊Varsityもありますし、The Beacon辺りを入手すればVarsityマスターですね!(笑)
何故でしょう。以前もぼやきましたが、私はどうしてもVarsityと縁が無い・・・。たまーに見かけるのですが、そういうときに限ってお金が無い。不思議。

2017/01/23 (Mon) 20:21 | REPLY |   

浪漫  

No title

丁寧に作られた靴は時代を超えるというわけですね。
現行の靴も、50年後はこのようであって欲しいものです。

2017/01/23 (Mon) 15:30 | REPLY |   

europeanblend  

No title

バーシティーはいろんな意味で完成度が高いですよね。
色や素材のバリエーションも豊富。
ケンムールの次はこれ、みたいな。

昨夜「ベンジャミン・バトン」を観たのですが、シボ革のバーシティ(ビーコンかケンムーア?)が何度か登場しました。時代的には50sの描写だったので、「これは60sだろう、、、」とツッコミを入れてたんですが、さすがはハリウッド、40sの場面ではちゃんとブラピが当時モノのビンテージリーバイスをはいてましたね。

2017/01/23 (Mon) 14:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment